CFI Japan 生徒用掲示板 Piper Cub

簡単な質問を: Student Pilot 専用質問掲示板

掲示板の入り口へ戻る

お名前 必須
メールアドレス 任意
サイトやブログ 任意
投稿キー(必須) 1852と半角で入力してください。
タイトル 必須 ▼本文必須 下記に必ず本文を入力してください。
COLOR
FILE 任意
  • 【ファイルサイズ】 2MByte(1,953KByte)
  • 【ファイルタイプ】 (bmp)(gif)(jpg)(mp3)(png)(tif)(wav)(wma)
  • 【使用できるタグ】 <font><b><big><dl><dt><dd><ul><ol><li><u><hr><h><br>
  • 制限はしていませんが、Student Pilotさん専用と思っています。簡単な質問をお待ちしています。
  • 「いまさら聞けない〜〜〜」な気分で質問して下さい。
  • 免許を持ってる人でも、取り立てで簡単な事なら聞いてもOKです。 条件は簡単な事です。
  • 免許に関わらず、質問に対しての回答を知ってる方はぜひご協力を。
  • 難しい事を質問されたら、勝手に普通の掲示板に移動しますが、深く考えないし、深く考えないでね。
  • 【削除方法】 必ず投稿に使用したコンピュターでアクセスし、削除したい記事にチェックを入れて削除ボタンを押します。親記事を削除すると返信記事も全て削除されます。パスワードは不要です。
  • 商用利用は厳禁ですよ!
  • 皆様の失敗談もお待ちしてます! 皆で情報を共有して、皆で良いパイロットになりましょう。
AND OR
全1259件(スレ259+レス1000) 592〜650件目表示(スレ131〜140件目表示)
前頁[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13] [14] [15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26]次頁

  

135 Localizerについて NEW!
NAME : 佐藤 信之 2014/06/17 14:32:38 
116-94-234-54.ppp.bbiq.jp

"VOR: Localizerについて"の下記記載ですが
"Departure Endでは信号の幅が700feetです。滑走路の初めでは350feet中心線から離れると、針が振り切れます。Full Scale"
とありますが、
確かにDeparture Endでは信号の幅が700feetとは思われます。
が、(針が振り切れるとは左右10度を超すとのことだと思われます)
ランウェイの長さにより幅はまちまちで3,000 mでは約3.8度;1,500mだと約6度になるのが正解ではないでしょうか?



135-1 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/18 02:30:26 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
佐藤さん、投稿ありがとうございます。
ここ数年、新規をサボってるせいか、掲示板まで静かになってきました。

(針が振り切れるとは左右10度を超すとのことだと思われます)

この部分は、説明不足でしたね。 すいません。 
VORとして使う時に10度の誤差があればFull Deflection (Scale, 5 dots)になります。
Localizerは別の仕組みでまったく別の物に変わります。

---

VORとLocalizerは同じIndicator(計器)を使いますが、信号が全く違います。

・VORは全方向と言われる物で、全ての方向に信号を発信していますが、
・Localizerは、一本の線だけです。(FrontとBackで2本とも考えられますが)
そして、OBSは関係が無くなり、何度を選んでも表示は変化しません。

周波数は違いのですが、仕組みも全く違います。

---

表示は:
VORとして使う時は、10度の誤差でFull Deflectionになります。
Localizerの場合はApproach Endで中心線から350フィート(700 feet width)の延長線上でFull Deflectionです。(Appraoch Endと書くべき所が逆のDeparture Endになってましたすいません。

誤解を生んでいるのは、間違いでは無いので近日中に修正はしますね。 ありがとうございます。



雑談:

古い文献を見るとLocalizerはVORの4倍の感度が有ると書かれている物があります。実は、私も4倍と教えて頂いた人間なんです。ですから、長い間は2.5度でFull Deflectionになると思ってました。それに、当時では滑走路の入り口(Runway Edge)ではLocalizerが振り切れている滑走路もあった記憶があります。

古い事でもあり、私の古い記憶ですので、記憶違いかも知れません。

4倍の感度も4倍表示なのか、信頼性が4倍なのか、4倍の強さなのか、今から考えると自信が持てません。 古くて調べる方法も思いつきません。


---

(ランウェイの長さにより幅はまちまちで3,000 mでは約3.8度;1,500mだと約6度になるのが正解ではないでしょうか?)

この考えで基本的には正しいと思います。 

が、Localizerのアンテナは、Departure Endじゃなくて、少し距離が開いてますよ。 その距離も一定と言うより、土地や予算の都合が有ると思います。 まあ、ちょっと想定より狭くなる程度ですけど。 そんな事もあり、アプローチ・チャートやA/FDの何処にもFull Scaleでは何度と書いてませんよね。 

数日中には誤解が生まれない様に書き直してみます。ご指摘ありがとうございました。

これからも、宜しくおねがいします。



135-2 NAME : 佐藤&nbsp;信之 2014/06/18 09:25:11 NEW! 

116-94-234-54.ppp.bbiq.jp
佐藤です。
早速のご回答ありがとうございました。
ご教示の内容理解出来ました。
ドットと角度の関係、こんなbasicなことも理解出来ていなくて
恥ずかしい思いです。
これからもよろしく御願いします。



135-3 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/18 10:53:08 NEW! 

58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp
おはようございます。

これは計器飛行(IFR)の事ですからPrivateでは一切関係の無い事で、
恥ずかしいと思う事ではありません。
それに、私の表現方法に問題があったと考えるべきです。

もうひとつ、
Appraoch Endで700 feetって知らない人も多いのですよ。

また質問して下さいね。
疑問に思われるって事は、こちらの表現が不十分って事でもあります。
質問自体が間違ってても気にしないで聞いて下さい。
皆さんからのインプットがあれば、サイトがパワーアップできますからね。
それに、やる気が減少気味の私にも良い刺激になります。



135-4 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/07/04 05:54:45 NEW! 

58-70-98-67f1.kyt1.eonet.ne.jp
みなさん、すいません。

Approach Endと書くべき所をDeparture Endと書き間違えていました。 申し訳ない。

今、修正をしていて気が付きました。

間違い:「Departure Endでは信号の幅が700feetです。」
正解:「Approach Endでは信号の幅が700feetです。」 着陸して来る方のRunway Thresholdです。





144 上田教官。 NEW!
NAME : motoki&nbsp;nozato 2014/06/29 14:21:24 
d173-238-134-146.home4.cgocable.net

 管理人様、今日も飛行機の構造や空気の流れを貴ホームページで勉強させて頂きました。
ありがとうございます。 それで、飛行機の構造ですが、アメリカのステルス爆撃機のB2には、垂直尾翼が無いけど、
どうやって安定して飛ぶの? と担当して頂いている教官に質問したのですが。。 答えは、鳥を見てみろ。鳥には、
垂直尾翼が無いだろ。それでも空中運動性能は抜群だろ。それで、妙に納得して、会話が終わってしまったのですが。。
上田教官に、同じ質問をしたら、どうお答えになりますか? 



144-1 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/29 16:22:14 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
Motokiさん、
B2の事は、航空力学の授業で教授が話してたな。

詳しい事は忘れましたが、形が全く違うじゃないですか。 それが理由なのですが、思い出せない。

CGの位置、エルロンの位置やスイープバック Sweep Backに理由が有った様な気がします。それで、Directional Stabilityを生む形になってると言われた記憶があります。やたらに後方に長いエルロン。。。。でも、本当に思い出せない。

元は民間人が考え出したアイデアをアメリカ軍が強制的(?)に使用したとか?言ってた様な記憶もある。

これが、教官さんの言いたい事でもあり、納得が出来ない説明なんですよね? でも思い出せない。 (こんな時に長いブランクを感じさせます)

B2の事は民間機で無いので、調べる方法が難しいなぁ。

「喉がカラカラの件」
間接的にですが、利用者の感想を聞けたので、チャンスがあれば読んでおいて下さい。 あの質問に返信の形で付けておきました。



144-2 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/29 23:28:21 NEW! 

58-70-98-67f1.kyt1.eonet.ne.jp
別に理解した訳では無いのですが、B-2とDirectional Stabilityで検索してると、こんなサイトを、
http://paralay.net/b2.html

Flying Wing と Directional Stabilityで検索すると、Directional Stablityの説明が出てました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Flying_wing

疑問に思う人が多いのでしょうかね。

最初のサイトには、強いSweep Backを持たせる事と、揚力は一律に発生しない様にして、Directional Stabilityを得ていると書かれています。

Wikiでは、(一つの方法として書かれています)
設計の段階からWashoutを変化させてる事だそうでです。そして、Pitchが左右した時に後方にくる翼側の翼端からの揚力が一般とは違い前方に発生するそうです。 揚力が前方に発生する為に、遅れている翼が前に引っ張られ、十分な安定性が生まれるそうです。

(Wikiの参考文献、Guiler, R.W.; Control of a swept wing tailless aircraft through wing morphing, ICAS 2008: 26th Congress of International Council of the Aeronautical Sciences, Paper ICAS 2008-2.7.1, Pages 1-2.)



144-3 NAME : motoki&nbsp;nozato 2014/07/02 02:44:02 NEW! 

d173-238-134-146.home4.cgocable.net
管理人様、今回もお忙しい中、ご丁寧に調べてご返答して頂きましてありがとうございます。
上田様のご説明と、B2の写真を見ながらじっくり考えました。B2ならグランドエフェクトってすごいだろうな?
とか考えながら、飛行機のことを学んでます。 だんだん楽しくなってきました。これからも、ご多忙の中、
申し訳ありませんが、上田様のお時間が許しましたらご教授をお願い申し上げます。



144-4 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/07/02 06:25:01 NEW! 

58-70-98-67f1.kyt1.eonet.ne.jp
そんな丁寧な説明でも無いのに・・・・

このレベルしか無理ですけど、また何かあれば一緒に考えませんか? 今後とも宜しく。





143 上昇勾配 NEW!
NAME : 山猿 2014/06/29 07:19:54 
softbank219214170033.bbtec.net

お世話になります たまたまIFRの出発方式を調べていたら次のような記述を目にして疑問に思ったのですが「5.0% climb gradient required up 1000FT 」と書かれていた場合に、C172ではどのように上昇すれば良いのでしょうか? これは「何ft/minで上昇すれば良い」とかの意味ではないのでしょうか 頭が悪くてすみません


143-1 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/29 16:33:27 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
山猿さん、 

今は時間が無いので、手抜き説明。

必要なら、また後で回答しますが、これは計器の示す速度ではなく、 風の影響も含めた対地速度、Ground Speedで計算します。 IndicatedやTureじゃなくて、Ground Speedね。 ATISやTowerのWind Reportが大事です。そして、指定高度(この場合は1000フィート)まで同じと祈りましょう。

実際の計算は無理なので(大変なので) 通常はアプローチプレート(U.S. Terminal Procedures Publication)の裏に書かれている、"CLIMB/DESCENT TABLE"ってのを使って計算します。 一度、裏表紙を見てください。 めくると表があるでしょ? それを使います。

縦の軸が角度 Gradent、で横軸が対地速度です。

面倒なので、90ノットを基準にすれば良いと思います。 今回なら795 Feet/Minの上昇率。 これはちょっと数値が高めなのでVxの速度で上昇するとして、そして風が向い風と祈り、対地速度60ノット、530 FPM。

ギリギリ過ぎるのなら、細かく計算して下さいね。 それか障害物が危険なので、Low CeilingやLow Visibilityなら違う離陸方法をリクエストするか、飛行自体を止めて下さい。

Jeppesenのチャートでも、似た様な表が有りますが、何処に出ているのかまでは不明です。

手抜き解説ですが、こんなんで良いですか?



143-2 NAME : 山猿 2014/07/01 06:49:05 NEW! 

softbank219214170033.bbtec.net
じゅうぶんです グランドスピードなのですね アプローチプレートの裏面を見て、さらに自分でもいろいろ調べてみます ありがとうございました 


143-3 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/07/01 11:02:06 NEW! 

58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp
手抜きな説明で、すいませんね。

本来は三角関数を使って求めるべきなのでしょうが、あの表を使うのが主流と思います。 通常のILSは3度と考えると、上昇ですが5度って急ですね。

忘れそうで面倒なのがGround Speedへの換算だと思いますので、そこを注意してくださいね。

Sea Levelでは大きな問題は無いと思いますが、High Density Altitudeでは注意して下さいね。それと乗客がギリギリまで乗っている場合。





140 ありがとうございます。 NEW!
NAME : motoki&nbsp;nozato 2014/06/24 13:11:41 
d173-238-134-146.home4.cgocable.net

 管理人様、ふくねこ様、質問のご返答ありがとうございます。
これからも、管理人様のホームページで勉強させて頂きます。今後ともよろしくお願いいたします。
 それで現在、HUMAN FACTORSを勉強しているのですが、酸欠の時に使う航空機用の酸素ボンベは、医療用とは違い、
湿気が含まれていないと貴ホームページで学びましたが、そしたら、からからの気体を吸ってると、やたらと喉が乾いたり、
喉が乾燥して痛くなることもあるのですか? 



140-1 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/24 22:30:57 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
すいません、テキストからの情報で私には実体験がありません。

マスクにも色々なタイプがありますし、呼吸方法も個人差があるので、人それぞれと思いますよ。鼻を付けるタイプとか、鼻呼吸の人なら乾き難いとは思いますし、酸素100%って訳でも無いでしょう。まあ、冷たい外気を暖めるだけでも、空気は乾燥しますので、単純な回答は無いと思います。

自分が使った事が無いだけでなく、喉がカラカラになったとは聞いた事もありません。 個人差かも知れませんけど、私は普通でも飛行すると喉が渇く方でしたので考えた事も無かったですね。

回答にならず、すいません。



140-2 NAME : ふくねこ 2014/06/25 19:20:49 NEW! 

CEPci-04p55-89.ppp18.odn.ad.jp
短く書けそうだったので横やりです。 ^^;
元ネタはスクーバダイビング用のボンベですが、航空機用のボンベも同じだと思います。
ちなみに酸素ボンベでなくて、空気ボンベね。
一部の特殊用途以外は、通常の空気を圧縮して詰め込みます。
で、なんで詰める空気を乾燥させるかですが、吸入中に詰まるからだと聞いています。
圧縮空気が発熱するのはご存じだと思いますが、保管中は大気温になります。
そこから大気圧(またはそれ以下)で放出すると急激に温度が下がります。
そうすると圧力調整してるレギュレーターって部品で水分が凝固して詰まっちゃいます。
いったん凝固すると、結構長い間空気が出てきません。
もちろんボンベ内でも結露しますから、本体の腐食などで再利用が難しくなったりします。
って事で、圧縮空気用のボンベは空気を乾燥させて充填します。
そのため空気ボンベを充填するには、結構大掛かりな装置が必要です。



140-3 NAME : おやじ 2014/06/25 22:16:17 NEW! 

s819213.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp
私は使った事無いんですが、酸素だと聞いています チュウブで鼻から吸うタイプが一般的で酸素濃度を上げて防ぐみたいです
周りの空気と一緒に吸うから喉乾かないじゃないですかかね?
ダイビングは、喉乾くから飴舐めながらモ潜ってました



140-4 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/26 03:50:37 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
レギュレーターが有る、無しに関わらず、空気ボンベじゃなくて、やはり酸素ボンベだと思うんだけど、どうなんだろう。 高高度でのフライト経験が極端に少ないので、聞かれると自信がなくなります。

私の理解では、不足する酸素を補うのが目的ですし、100%に近い方が運行時間も長くなるので、わざわざ普通の空気を圧縮しますかね。

100%酸素を地上で吸えば判断力が落ちるだろうけど、上空だと気圧が下がるから比率よりも酸素の圧力が大事になるのでは? 気圧の変化と高度に応じて、外気と混合させるのが主流と思ってた。

スキューバだと、周りは水なので空気を圧縮する事に理解は出来るのですが、航空の場合は薄くても大気がまだ存在する訳ですし。 それに高圧と戦うスキューバと、低圧と戦う航空では同じ様なボンベで目的でも、環境が違いすぎると思うのです。

後は「価格」でレギュレーターが決ったり、マスクの種類が決るんじゃないかな。 鼻からのは一番安いので、それが使われてるのかなと思ったのですが。

「MIL-027210, Type1」がガスの種類みたいだけど、成分が検索しても出てこなかった。

さてさて、ボンベの中身はなんだろう、知ってる人が居れば一発なんですが。



140-5 NAME : ふくねこ 2014/06/26 06:22:02 NEW! 

CEPci-04p55-89.ppp18.odn.ad.jp
お〜!航空機用って酸素なんだ!
知りませんでした。
やっぱり素人が関連で推測するとダメですね。

でも酸素って劇薬とか危険物扱いでしょ?
医療用ですら個人で買えないくらいですよね。(うちの父が使ってましたけど契約業者経由)
あ、酸素の濃度基準とかあって、一定濃度以下とかならいいのかなぁ。

いずれにせよ、混乱を与えましたことをお詫びします。
(でも云いたかったのはそっちじゃ無いんですけどネ。 言い訳言い訳・・・^o^;)



140-6 NAME : ふくねこ 2014/06/26 06:30:16 NEW! 

CEPci-04p55-89.ppp18.odn.ad.jp
webで登山用品のボンベ見たら「酸素缶」って書いてあった。
ってことは酸素って、普通に売ってる?



140-7 NAME : おやじ 2014/06/26 07:51:49 NEW! 

s819213.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp
おはようございます、グライダーで使っているのはhttp://userimg.teacup.com/userimg/527.teacup.com/sata/img/bbs/0003400.jpg
こんなシステムです



140-8 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/26 11:30:30 NEW! 

58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp
おやじさん、ふくねこさん、 おはようございます。

おやじさん、
思いっきり医療用と書かれてますね。日本じゃ航空法が違うんですかね。 手元のFAA関連の本に航空用と書かれたのが無いかなと探したのですが、文章が見つかりませんでした。  でも自信をもって書きますが、昔から筆記試験の問題に使える酸素の種類に付いてがあります。 選択肢が「溶接用、医療用、航空用」があり、どれが使えるか?ってのが問題でした。

筆記試験の解説本に説明が書かれているのですが、FAAのテキストには何処に書いてあるのか探しています。回答は「MIL-027210, Type1」」と言う種類のガスだと思うのですが、ネット検索で出てこず、FAAのサイトにも出てなくて。



ふくねこさん、
云いたい事は間違って無いので、違うんじゃ無いかと言う所を指摘しました。結露と凍結が問題で適確な説明文だったので何も書きませんでした。 すいません。

酸素の購入はどうなんでしょうね。 アメリカは特に注意書きも無く売られているので大丈夫だと思うのですが、日本に規制があっても驚きはしません。 まあ、旅客機に普通に持ち運ぶにはアメリカでも制限は掛かるし、搬送にも航空便では禁止はされてると思いますが。

ボンベに空気でも酸素でも高圧なガスを詰め込むには大きな危険が伴うので、業者側に規制が有るかも知れませんね。

酸素缶は、普通のスプレー商品と同じと違いますかね。 あの薄い缶なら圧力は低いと思います。 爆発したら危険なのは美容用も殺虫剤と同じなんだろうけど。



140-9 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/26 12:21:56 NEW! 

58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp
英語ですが、こんなページを発見。

TYPES OF OXYGEN

Aviator’s breathing oxygen (MIL-O-27210C) is supplied in two types (I and II). Type I is gaseous oxygen, and type 11 is LOX. Oxygen procured under the above specification is required to be 99.5 percent pure. The water vapor content must not be more than 0.02 milligram per liter when tested at 70°F and at sea level pressure. This is practically bone dry.

Technical oxygen, both gaseous and liquid, is procured under specification BB-0-925. The moisture content of technical oxygen is not as rigidly controlled as that of breathing oxygen; therefore, the technical grade should never be used in aircraft oxygen systems.

The extremely low moisture content required of breathing oxygen is not to avoid physical injury to the body, but to ensure proper operation of the oxygen system. Air containing a high percentage of moisture can be breathed indefinitely without any serious ill effects. However, the moisture affects the aircraft oxygen system in the small orifices and passages in the regulator. Freezing temperatures can clog the system with ice and prevent oxygen from reaching the user. Therefore, extreme precautions must be taken to safeguard against the hazards of water vapor in oxygen systems.

http://navyaviation.tpub.com/14218/css/14218_253.htm

ドメイン名を見ると海軍から?



140-10 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/26 17:20:45 NEW! 

58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp
もう少しサイトを調べてみると、海軍じゃなくて海軍のマニュアルを集めたサイトみたいですね。

簡単に説明してみると、操縦士向けの供給酸素、MIL-O-27210Cには2種類のタイプがある。
Type I が ガス状
Type II が LOXとも表現される、液体酸素。

基準としては:
99.5%以上の酸素・純度。 
(あまり高い数値とは思え無いけど、十分だと思う。たぶん、湿気と窒素を取り抜いた大気なのかな)
湿気の量は、1リットル当り 0.02ミリグラム以下 
(0.00002グラム/リットル、
気温:華氏70度F(摂氏21度C)、海面気圧 (Sea Level Pressure))

This is practically bone dry. って事でカラカラ状態。
boneってのは一種のスラングで「殆ど」とかの意味があります。(結構、アメリカ人は会話に使います)
Boneは骨ですし、「骨だけ残った」て意味から来てるのでしょう。

次の段落は、他の酸素より、湿気に関する管理度が高いと書いています。

最後の段落は、湿気が無いのは人間の体を守るのでは無くて、
氷点下の気温が、小さな穴や管を「氷」で詰まってしまうのを防止すると。
(ふくねこさんの最初の説明にありましたよね。)

湿度が高いのは健康上の被害は無い・・・とは書かれていますが、
最初の質問にあった「喉がカラカラ」に関しては何も触れられていません。
チャンスがあれば与圧された民間機でなく、
マスクで飛行する戦闘機のパイロットさん達に聞いてみたいですね。
そんな人に出会える機会なんで、まず無いよね。



140-11 NAME : おやじ 2014/06/26 17:55:24 NEW! 

s819213.xgsspn.imtp.tachikawa.spmode.ne.jp
皆さん、管理人さ間違った情報すいませんでした
航空機用酸素あるんですね 勉強になりました
これからも宜しくお願いします



140-12 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/26 21:03:28 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
おやじさん、 気にせずに。
医療用でも実際のグライダーに使用されてるんでしょ?

厳しいと言われる日本でも、全てがアメリカより厳しいとは限らないのでしょう。
もしくは保温を条件としたシステムなのかも知れません。

航空用はアメリカでは頻繁に見るのも事実ですが、使用経験は数えるほどです。
私も勉強になりました。

本当に気にせず、また書き込んでくださいね。



140-13 NAME : motoki&nbsp;nozato 2014/06/27 01:11:48 NEW! 

d173-238-134-146.home4.cgocable.net
 管理人様をはじめ、多くの方々から教えて頂き有難うございます。


140-14 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/27 13:32:15 NEW! 

58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp
Motokiさん、

色々な人が答えて、思わぬ方向に話が飛びましたね。
しかも、不必要な程に細かい回答にもなった上に、
本来の疑問であった「喉がカラカラ」ってのが答えられない。

---

重箱の隅を突いて御免なさい。
でも、勘違いがあると危険なので・・・・

先ほど、読み直してみました。

一番最初の所に書かれたのですが・・・・
酸欠時に使うんじゃなくて、酸欠を防止するのが目的です。
酸欠時にも使うべきですが、本来の目的は「防止」ね。酸欠の対処法にもなりますけど。



140-15 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/29 16:10:54 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
ふと考えると、近所に元航空自衛官が居ました。 元管制官で、交信はしてなかったけどJAL123の航跡をレーダーで見てと言う人で、その人に知り合いが居ないかと質問してみました。

帰ってきたのが・・・

「酸素マスク」と言っても何種類かあり全てが同じかとは言えないが、個人的にはノドが乾くといった感覚は無いとの事です。

理由とすれば戦闘機のパイロットならばフライト前に出来るだけ水分を摂ってからフライトに臨むからだそうです。

戦闘機の乗務員はGスーツなど全身にいろんな暑苦しい装備を付けるので「かなり汗」をかきます。その為に脱水対策として水分補給をしっかりします。Gスーツを着込む乗務員にとってはこの脱水、Dehydrationは大きな敵になるそうです。

(飛行前の水分補給は重要事項なので、カラカラには成り難いと考えられるのでしょうか。これは私らレベルでの夏場の訓練生にも言える事ですね。)

ただ、一部の戦闘機では4G以上かかると、無理やりにでも体に酸素を流し込むため加圧酸素が供給されるようになっており、その際は慣れるまではかなり喋りづらく、息もし辛かったそうです。

緊張や厳しい戦闘訓練をしない限りカラカラにはなった経験は無いとの事。カラカラになるとしたら、酸素のせいではなく単純に汗をかいてノドが渇いた時位だそうです。


米軍のパイロットは20,000ft位までだったらマスクを外して水分補給をする人も居るそうだとの余談も。

以上の様な回答を貰いました。

カラカラの理由は乾燥よりも緊張みたいで、3000フィート程度の私らと同じ見たいですね。乾燥よりも心理的要因?

途中で加圧ってのがありましたけど、確か100%酸素だけで、十分な酸素補給が出来るのが40,000 feet (か41,000 feet)だと教えてもらった記憶が蘇りました。 地上での酸素が持つPartial Pressue(酸素の分圧)が、40,000フィートと同じだとか。(もしくは、加圧されてない100%酸素で適切な判断が可能な高度上限だったかも。)





142 意味を教えてください NEW!
NAME : なお 2014/06/27 12:21:01 
softbank126015095059.bbtec.net

CFIってなんですか?

教官のことですか?

このサイトで勉強します!



142-1 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/27 13:47:11 NEW! 

58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp
説明不足ですいません、教官で正解です。
厳密にはアメリカ航空局の認定教官、
Certified Flight Instructorの頭文字です。

また、質問をしてくださいね。 待ってます!





141 ruru様 NEW!
NAME : motoki&nbsp;nozato 2014/06/25 15:38:00 
d173-238-134-146.home4.cgocable.net

 管理人様、ルル様。最近、訓練を始めたものですが、上田様、本日も貴ホームページでしっかり勉強をさせて頂きました。ありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。そして、航空業界の事を全く分かっていない私が意見するのも違和感がありますが、少しでもRURU様の不安を取り除けたらたらと思い、私の体験を書かせて頂きます。若輩者の意見を管理人様お許し下さい。RURU様が心配されている一つである素晴らしい教官に出会えるか?の不安についてですが、私の学校を例に申し上げると、私の場合は、カナダ在住で永住権もありますので、ビザの問題は全くなくて、ただ家から20分で通えるというだけで今の学校の門をくぐりました。
ですから、学校選びはしておりません。いやなら数時間でやめて500ドルぐらいは遊覧飛行体験と思えば、あきらめもつく金額ですからね。それで、私の学校の場合は、初めて行った時に、カナダ政府公認の試験管兼教官長と話しを出来る機会があったのですが、私の学校の方針は、生徒にまず1時間か2時間かづつ全ての教官に教えてもらって、その中から1番気の合う教官に責任を持って教えてもらいなさい。私のように12000時間の飛行体験があるベテラン教官でも、400時間しかない新米教官でも教習料金は同じだから、とにかく気の合う教官を選んで学びなさい、それが最短時間で最少料金で免許が取れる方法だよ、私達、教育者も気の合わない生は教えにくいし。。とにかく、たとえ新米教官でも、私の目が光ってるので安心して、そして、訓練中でも教官と気が合わなければ、私に言えば、いつでも教官を変えるから心配するな。と言われました。 それで、私の教官ですが、経験は浅いのですが、とにかく夢があって、大空の楽しさを教えてくれて、そして教官の不注意で絶対に事故は起こさせない、たとえ私が免許を取れたあとも。。その教官の心意気に惚れて今の教官から指導を受けてます。 





139 ふくねこさんの書き込み、GNSSとGPS NEW!
NAME : ふくねこ 代筆:管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/23 16:22:32 
58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp

最初の質問から、大きく道が外れて着たので、無断で新しくしますね。
(管理人の権限で、前のは消して、こちらに強制移動。)

---------------

やっぱり出ましたね。(予想はしていましたが。^^;)
もうこーなると生理的な問題なので、キライって人を説得しようとも思いませんが、技術面の参考意見として。
(長いです。 ^_^;)

> ふくねこさん、アンテナを忘れてるよ。

GNSSはシステムです。
そもそも別々に考えるべきものではありません。
身近な例では、TV買ってAntenna立てない人は居ないでしょ?
くどい表現すれば、GNSS=Antenna+Antenna mount+Antenna cable (with connector)+Power cable (or Battery)+I/O Interface+Software ってな感じです。
余談ですが現在は従来の'GPS'は'GNSS'と呼ばれています。
これは各国でGPS衛星の運用を開始していてややこしくなったからみたいです。
アメリカ版がGPS、ロシア版がグローナス、欧州版がガリレオで、他にもインドや中国も開始しています。
日本も準天頂衛星を上げて、GPSを補完し測位精度を向上させてGNSS運航に対応させるそうです。
(アメリカ版のWAASみたいなもんで、現在試験運用中の本格運用間近・・・らしいです。)

> それに金属内(機内)で「GPS信号が確実に受信」出来てるってどうやって分かるの?

あたりまえですが、GPS信号が途絶えたら動作しませんから判りますよ。 ^_^;
「確実な受信」と云っても、デジタル信号ですから「不確実な受信」と云う状況がありません。
「不確実な精度」ならあり得ますが、GPS信号からPDOPと云う精度誤差を得られるので、ここから判定することもできます。
例えばPDOP3以上のデータは利用しない等々。

> iPhone, スマホ、タブレットの小さい本体の中にある脆弱なアンテナに命を預けるなんて。

確かにiPadやスマホ内臓のGPS Antennaは、重量や内容量の制限もありますから貧弱だと思います。
貧弱ですが受信感度が悪くても、それで精度が大きく落ちる訳ではありませんので、脆弱ではないと思います。
それより、Navigation目的で使用する場合は、カーナビもそうですけど、外部アンテナ使うケースが多いですよ。
iPadにもBluetooth接続で利用できる、GPS unit売ってます♪

> しかも、飛行機は超低温度から超高温度まであり、しかも振動が多い世界。

少なくとも人間が生存できる環境よりは耐性温度域は広いです。
もっと云っちゃえば、宇宙空間でも動きます。
(もっとも衛星軌道面を超えちゃったら動いても役に立ちませんケド。)
振動については、少なくとも機械部品で構成された他の航法計器に比べれば、はるかに強靭です。
振動による損傷は、その加速度に比例しますが、数100グラムもある航法計器に比べれば、それこそGPS moduleやAntennaは数グラム〜10数グラムですから、慣性質量なんか比較するまでもありません。

> 電子回路に影響が出ないって保障は有るんでしょうか?
> それプラス、空港名やFixを入力する時に一文字でも間違えると、何キロと誤差が出るかも。

これって「電子回路への何かの影響」って事ですか?
今の飛行機は多かれ少なかれ、電子回路を持っていますが、ちゃんと飛んでますよ?
B787に至っては、操作系もFiber by wireの電子制御ですもん。
影響が出るようだと、操縦すらままならなくなります。 ^_^;
それに工業製品である以上、壊れない製品はあり得ませんし、安全性は確率論の世界ですから、保証はできますが保障はできませんよ。
FAR/AIMにしたって、使用を認めているだけで、保障しているわけではありませんもん。
Human errorは、およそ人が操作することのできる装置では避けられない課題ですね。
飛行機の世界では、それでもhuman errorを無くす(減らす)ためにCheck listとかを重要視してますよね。
操作性の洗練度はあるにしても、これはGNSSに限った話ではないと思いますよ。
よくやらかしそうなのが、長距離飛行で先のChart忘れたりしたら、行き先に誤差が出るなんてレベルじゃ無くなりますもん。 ^^;

> 99%が数十センチの誤差でも、100%に近く無いとね。 
> それに受信出来ない時の警告と、予備のシステムが無いと危険だよ。

どの程度を「100%近く」と見做すかにもよりますが一例として、あるGNSSで18時〜23時の5時間で定点観測した結果では誤差50mm以下が99.66%で、100mm以下では100%の確率になりました。
地上付近での座標ですが、概ね空は開けた環境で受信衛星数は平均10個程度、PDOP指数は1.8ってところでしょうか。
(注:これは普通に市販されてはいますが、少し特殊なGNSSです。)
受信不良状態で警告を出すのは、別段問題ではなく、市販のiPadやタブレット用のNavigation softwareでもGPSの受信状態を表示する機能が付いたものは多くありますし、予備のシステムも何も、メインが目の前の計器パネルなんですからGNSSが壊れたからって、危険になりようがないですよね?
計器パネルは意地でも絶対使わん!どうしてもGNSSだけで飛ぶ!ってポリシーをお持ちの方は、予備にiPadでも持参してください。なんですが、離陸や着陸はどーするんでしょうね?
まー、基本VFRであればいいのか。

> 本当に怖いのは「GPS」に頼りすぎてしまう事なんですけどね。 
> GPSが壊れたら終わりってなると、パイロットとして失格です。
> 私はGPS世代のパイロットじゃありませんが、今のGPSに頼りすぎるパイロットを見ていると怖くて仕方がありません。
> まあ、便利すぎる事の欠点でしょうか。

この辺りは、アタシには経験が無いので何とも云えませんが、現在でも各種計器に頼るしかないのが現状ですよね。
そうであれば、同じことなのでは?
昔(でもたかだか数10年前)の飛行機乗りからしたら、各種計器が無きゃ飛べない今のパイロットは怖いだろうし、贅沢な装備品に思えるのではないでしょうか。
機内に居ながら速度や高度が判って、しかも遠く離れた地上とお話ができるなんて、便利な世の中になったもんだと思いませんか?
仕事でも趣味でもスポーツでも、何でもそうですが、使えないならいざ知らず、使えるツールを使わないことは、決して美徳でもカッコいい事でもなんでもないと思いますが。
GNSSが壊れることを前提にする場合、例えばB787なんかフルにGrass cockpitですが、バックアップとして六分儀とかLoran-Cの受信機って搭載してるんですかね?(ホントにアタシは知りませんが、バックアップで用意されてるんですか?)
まぁ天測でも、大まかな位置特定はできると思いますけど・・・。

 結局GPSがどうの、信頼性がどうのと云うより、単に電気仕掛けが生理的に好きではない。
あるいは今まで使用した実績がないので、信用できないって話ではないでしょうか。
昨年(一昨年だっけ?)FAAはiPadを航法計器として使用することを認めたってな記事を読んだ記憶があります。
(それにしたって、認めはしても安全性を保障しているわけではないと思いますが。)
装置自体の性能も、日進月歩はおろか時進日歩のペースで進化していますし、反比例して故障率は急激に低下しています。
(最近では中華製でも、あまり壊れなくなりました!)
まぁ時代の流れと云うより、逆にGPSを使えなければ飛べないなんて時代も、そう遠くはないのかもしれません。
GNSSが一般化すれば、金食い虫のLoranやVOR/DMEの設備維持費も不要になるし、さらに進化すれば空港側の支援装置不要で、全ての空港でCategory-3Cが可能になったりするかもしれませんよ。 ^_^v



139-1 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/23 17:50:59 NEW! 

58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp
本職の電気屋さんに抵抗中。

移動したのはS-VFRからGPS(GNSS)に話が変わったからです。
皆さんにも知って欲しいし、私の無知度も理解して頂かないとね。
ご理解下さい。

でも、みなさん、
成り行き上、難しい話になってますが、ここは簡単な質問用です。
Student Pilotらしい質問も待ってますよ。

---

まず理解して頂きたいのは、認定されていないGPSに頼る姿勢を批判しています。
許可されているGPSなら、VORやDMEと似た様な物ですし、批判する気もありません。
GPSと聞くとMoving Mapをイメージしますが、GPSで分かるのは位置情報だけですしね。
Moving MapはVORとDMEでも昔から有る物ですから、妬みはあっても、否定する気はありません。

伝えたいのはGPSが便利すぎて、Naviagtionをしない傾向が危険だと言いたいのです。
確かにボタン一つで方向と距離が分かるのでしょうけど、そんな姿勢は安全面で危険です。

GPSを使っていてもWind Correctionをして、常にチャート上での位置を確認する。
ADFのHomingの様な使い方は間違っていると思いますが、参考にする程度で、常に回りの環境を意識してるなら、これほど良い物は無いと思いますし、私が何と書こうとも、GPS(GNSS)が中心となるのは時間の問題だけです。

それと、闇雲にiPhoneやiPadの様な無許可のGPSに頼る姿勢は理解できません。
外部アンテナが、保障されてるとは思えません。

航空機に認められてえるってニュースは知りませんが、紙ベースのチャートが予備に必要となってないでしょうか?
iPadの様な物が、認定も受けずに許可されてるとは思え無いのです。
バッテリーの寿命とかも有るでしょ? しかも、ホームボタンなんて故障が多いしね。
記事を見た事がないので、憶測だけですが、予備的な意味では無いでしょうか。

少なくともアップル社は、そんな事を希望してるとは思えません。
万が一、iPadの故障で事故なんて発生すると、Apple社が支払う損害賠は何十億円から何百億円です。
既に売れている商品です。 そんなリスクを背負う会社なんて居ないでしょう。
私がCEOなら、No for Air Navigationとシールを貼って販売する様に指示しますね。

「単に電気仕掛けが生理的に好きではない。」
これは否定しません。 ってか、宇宙空間に浮いている物でしょ。
安定性が悪いNDB/ADFでも地上にあるのは100%確実です。

まあ、LORANはアメリカと日本では廃止されたとおもいます。 もしかして世界中?
VOR/DMEはVORとNDBが無くなる方向と聞いています。

私が、どの様に感じ様と世の中はGNSSの方向です。
本当はGPSの信号より、GPSが内蔵されたNavigation Equipmentが便利すぎて、
Navigationをしない人が怖いです。

それと、認定されていない物に頼るのは、何度も書きますが、駄目な行為です。



139-2 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/23 18:25:26 NEW! 

58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp
抵抗の続き

GNSSは計器飛行の世界で頻繁に出てるのですが、そんな意味が有ったのですね。
GPSとGNSSは同じ所に出てくるので、同じ物と考えてたけど、間違いですね。
勉強になります! ありがと。でっ、 GNSSの一つがGPSと理解して良いですか?

戦争の道具にもなるので怖いですが、各国が色々な衛星を飛ばしてくれて、
精度を上げるのは嬉しい事ですね。
アナログ人間なのか、宇宙空間に浮いている物を信用するのが怖い。
制度が悪くても100%地上にあるNDBの方が安心できる人間です。
宇宙空間に浮いている物に頼るのは怖いし、嫌だ。でも、それが流れ。


「あたりまえですが、GPS信号が途絶えたら動作しませんから判りますよ。 ^_^;」
うーーーん、私が選んだアプリが悪かったのかな。
誤表示なんて当たり前で、数キロの誤差なんてあたりまえなんですよね。 (iPad)
しかも、移動中でも停止してる表示された事が何度有ったやら。
「たまに」レベルでエラー表示は出るのですが絶対に誤表示が多い!ってのが経験です。
これは、そんなアプリを選んだ私に責任があるのですが、
生徒がこんなアプリを選んだらと思うと怖いです。
まあ、飛行機用と違い出張時の地図目的で購入したので、
同じのを飛行中に使う事は無いでしょうけど。


「デジタル信号ですから「不確実な受信」と云う状況がありません。」
そらそうですね、Yes-Noの世界でした。
「現在、x個の衛星から信号を受信してます。」とか
個数だけで無く「現状の信頼度は xx%」と出てくれると嬉しいですね。
最新のなら、これぐらいのサービスは表示されるかな?
それと不確実な受信とは、機体の陰にアンテナが隠れるとか、
太陽の位置かなんかで、エラーが生まれませんでしたっけ?
日の出・日没だったかな、電離層だったか忘れましたけど。


「外部アンテナ使うケースが多いですよ。」
どの様な飛行姿勢でも100%の受信が出来るって保障は無理じゃないかな?
これが航空機用に作られて、試験済みなら理解は出来ますよ。

しかし、タブレットやスマフォ用の外部アンテナもコクピット内が限界ですよね。
まあ、アメリカみたいに簡単に外部アンテナが設置できれば良いけど、
日本は、そんな事を簡単には認めてくれないのでしょ?

「iPadにもBluetooth接続で利用できる、GPS unit売ってます♪」
これが怪しいのです。小さくて便利(?)なのですが、外部アンテナを付けるジャックが無いんですよ。確実に選択ミスですが、

「少なくとも人間が生存できる環境よりは耐性温度域は広いです。」
無駄な抵抗: 生物は傷を負っても自己再生しますが、
機械類は自己再生なんて出来ませんよね。
それに、真夏の機内に置き忘れたり、真冬の上空。
服を着たり出来なければ、熱いとも言えない機械。 ちょっと屁理屈かな。

でも、振動はどうでしょう。
確かに大きい振動はありませんが、細かい振動が常にありますよ。
振動の元がガソリンの燃焼なら、一分間に1万回と数多く有ります。
慣性重量の意味は分かりませんが、何時間も続く微量な振動はどうでしょうか?
振動吸収が確実に行われていると言う保障があれば理解は出来ますが、
一般人の一般的な判断で良い物でしょうか。
温度差と振動が回路に対する疑問です。

「使えるツールを使わないことは、決して美徳でもカッコいい事でもなんでもないと思いますが。」
間違いはありません。 FAAでもGPSはSituational Awarenessの観点からも利用は薦めています。
私も否定はしませんが、ただNavigationを辞めるパイロットが怖い。

しかし、私は非認定のGPSをPrimary Navigationに使うのは猛烈に反対します。
GPSってのが便利すぎて、それに頼り切る人が多いのが気になるんです。



139-4 NAME : 高木 雄一 http://aerobaticchannel.blogspot.com/  2014/06/24 12:35:37 NEW! 

172-5-141-104.lightspeed.mtryca.sbcglobal.net
管理人さん

SVFRについての意見は皆さん一致しているようですね。

次はGPSについてですが。
航法を行うに、「備わっている装備は全て使いこなす」という考えで行うことは共通のことと思います。
例えば、PilotageとVOR Navigationを併用して、正確性、信頼性、安全性を高めることは昔から基本でしたし、今はそれにGPSが加わりました。
そのGPSがPanel Mountedなのか、iPadなのかは判りませんが、使えることはよいことです。

でも、そのGPSに頼るあまり、基本中の基本であるPilotageができないのなら、それは大問題です。
私も「このiPadさえあればどこへでも行ける」と豪語する方に会ったことがありますが、地図の表記と地上の目標物の関連性ができておらず、事あるごとに下に置いたiPadに目を落とし、その度に傾く機体に頭を抱えたものです。

GPSの信頼性については私もよく判りません。
昔Cargoで飛行していた頃、ある空軍基地の近くでは、ジャミングのためか2回に1回はGPSの信号が使用不能になっていましたし、雨の日に飛行した同僚は突然電気系統がAll outになって、無線もGPSも全てダウンしました。
Glass Cockpitのパネルも何の前触れもなく壊れたという話もよく聞きますし、世の中には想像もできないことが起こるようです。
だからこそ、常に備えを、ですね。

これはGPSの信頼性が疑問だからという理由だけではありませんが、SVFRの飛行をGPSで克服することはできません。
GPSをIFRで使用するには、長期間の試験を繰り返して、信頼性を確認して初めて認可が降りるわけで、GPSをSVFRで行うということは、前もっての試験飛行の一切を無しに、危険をおかして実際の飛行を行っていることと同じです。
他に例えるなら、夜の暗い山道を、ライトを消して、GPSだけを頼りにオートバイで走るようなものでしょうか。
例のScud Runningの事故も、そんな飛行だったのではと考えてしまいます。



139-5 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/24 22:56:40 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
何か表現方法が悪かったかな。

GPSの凄さは認めるけど、それだけに頼ってしまう傾向が気になる、とでも書くべきだったかな。

お願いしたいのは、GPSだけに頼るフライトは止めて下さいね。

「GPSの故障 = Lost」だと操縦士としては不完全です。





138 FAA公認校とは? NEW!
NAME : ルル 2014/06/20 12:56:21 
sndr1.swg-proxy.do-bunkyodai.ac.jp

管理人様
皆様 

こんにちは。以前、グライダーの事で質問させて頂いた者です。その節は大変ありがとうございました。

個人的な進展は未だに無いのですが、飛行機学校の件で疑問があります。
HPを検索していると、たまに「FAA公認校、実地試験免除」と表記してある学校があります。
・私は飛行機学校は全てFAA公認だと認識していたのですが間違いでしょうか?
・一部の公認校(公認の意味が?)なら実地試験は本当に免除なのでしょうか?
・それとも、その学校の試験管が試験をするということなのでしょうか?

日本の自動車学校の感覚しか無く、馬鹿な質問かも知れませんが
ご存知の型がいらっしゃいましたら
よろしくお願いいたします。




138-1 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/21 17:18:50 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
ルルさん、こんにちは
私は操縦に関しては認定校に所属した事が無いので、私が回答すべき事では無いかも知れません。

「・私は飛行機学校は全てFAA公認だと認識していたのですが間違いでしょうか?」
これは間違いですね。
免許は認定教官の指導で取れるので、認定校とは限りません。

学校自体の認定は別の話と思って頂ければと思います。
それに認定校でも教官は、同じ様に資格が必要なので、結局は同じ様な事です。

「・一部の公認校(公認の意味が?)なら実地試験は本当に免除なのでしょうか?」
免除と言うより、外部の試験官で無くても良い場合があると書くべきでしょうか。

「・それとも、その学校の試験管が試験をするということなのでしょうか?」
これに近いと認識していますが、主任教官と言うのかな。
私の理解では、一部の公認校は外部の試験が不要とは理解してますが、
ここらは私の範囲外です。

長い眼で見ると、こちらも同じ様な物かなと思っています。
どちらを進んでも、最終的に必要になるのが、経験、理解、そして知識です。

日本の自動車教習所と比べるのは、違いが多すぎるかも。
アメリカは基本は大半の地域で18歳以上になると、自動車学校に行く必要がなくなります。
筆記試験をパスすれば、各自で公道で練習、そして、試験の試験。
自動車学校の義務は18歳以上では無い所が大半です。

簡単な物ですが、道路事情が全く違うのがアメリカと日本です。
それに自動車免許の取得の考え方が全く違うので、日本の自動車教習所とは違う世界かも。
しかも、私はカルフォルニアの免許を元に書き換えをした人間で、教習所は全く知りません。

FAAの認定に関しては、良いか悪いかは分かりません。
私が皆に言っているのは、「担当教官と生徒の相性があうか?で決る」です。
99人の生徒に最悪であっても、1人の生徒には完璧かも知れませんし、
逆の可能性もあります。
これは、教官の良し悪しではなく、周波数でしょう。

また、エアラインへの腰掛って考えを聞くと思いますが、
私はそれが悪いとは思っていません。
人間性の良い人は、腰掛けであっても教えるのが親切で上手い場合もあります。
専属の人は良い傾向も高いでしょうが、完全とも限りませんよ。
エアラインに行けなかったと考えると、何か問題が有ったのかも知れません。
でも、その問題があなたの教育に悪影響が有るか無いかは、誰にも分かりません。
腰掛でも責任感の高い人は問題は無いと思いますし、専属で責任感が高いかも疑問です。

学校と教官は、相性や時期など「運」による要素も高いので、
外れても納得できるぐらいにしておいて下さい。

こんなサイトを運営しているので、褒めて頂く時が多いのですが、
私が本当に良い教官なのか?って考えると怖いんですよ。



138-2 NAME : ルル 2014/06/21 19:59:05 NEW! 

KD182249246152.au-net.ne.jp
管理人様こんばんは。
お返事ありがとうございます。

悩みが解けてスッキリしました。
解けたと同時に、机上でいくら悩んでも進まないなぁ〜と思いました。

・どの学校を選ぶか
・自分と合う教官に当たるのか
・そもそも空を飛ぶための免許(グライダーを含む)が欲しいのか(取れるのか?)

費用や時間など現実的な問題も多いですが
あまり考えてばかりよりも、少しでも行動を起こすことも必要だと感じました。

今回もありがとうございました。
また、よろしくお願いします。




138-3 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/22 01:55:23 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
学校選びは机上では、確かにどうしようも無い話ですね。
学校もビジネスですから、自社の悪い所は伏せてしまいます。
法的に告知する義務があれば別ですが、言わない事は悪い事とは言えません。
しかも、主観的ですからね。

・そもそも空を飛ぶための免許(グライダーを含む)が欲しいのか(取れるのか?)
これを言い出すと、このサイトの存在まで怪しくなります。
時間と資金で何とかなります。
確かに免許を取って、それ自体が凄いとは思いません。
「免許とって、何が変わるねん」と聞かれたら回答に苦しい物はあります。

でも、その過程で体験する経験が人生に役立つと信じています。
普通では体験し無い事を経験するのですからね。
しかも、自動車とかと違い3次元の世界です。
考えもしなかった事を、学び学習しますから、頭の中で考え方が変わるかも知れません。
色々な人との出会いもあり、違う世界を見る事で、人生に幅が出ると思っています。
個人差の世界ですが、大きく変わる人も居るし、何の変化も無い人も出てきます。

直接学ぶ事は限られてるけど、そこに到達する事で、頭の中が大きく変わると信じています。
人間の脳みそは使えば使うほど進歩しますから、チャンスがあれば試して下さい。

免許を取ってしまうのがベストですが、悩むなら単独飛行までを試してみるのも良いかも。



138-4 NAME : ルル 2014/06/23 19:31:56 NEW! 

SAINS.sapmed.ac.jp
管理人様ありがとうございます。
お返事を読みながら、今一度自分の思いを整理しています。
※雑文です。

多くが憧れるパイロット!私もその一人でした。
しかし現実はまったく違い、残念ながら空は遠くなりました。
それでも
・基本的に乗り物が大好きで、船舶免許を持ち以前は湖でジェットスキーに乗っていました。
・バイクも好きで、今もハーレーに乗っています。
年を取り自由になる時間は減りましたが
その代り免許取得の予算は何とかなるかな?と思案中ですが結論は出ず・・・。

もう一点、数年前から車通勤になり、好きだった乗り物が嫌いになりかけています。
理由は
・渋滞は仕方ないにしても、危険な運転や事故を見たり聞いたり。
・私には必要性がまったく分からない交通取締り。など
大好きなバイクに乗る機会もめっきり減り
嫌な気持ちになってしまうそんな時
三次元の世界、空を飛んでみたいな〜飛行機操縦したいな〜
と考えてしまいます。
なんだか現実逃避のようですが、自分の中ではちゃんと理由があります。
まさしく管理人様のおっしゃる「違う世界」であり
人生に幅が出るという考えに同感です。


「単独飛行までを試す」というアドバイスありがとうございます。
掲示板に相応しくない文章ですいませんでした。
またよろしくお願いいたします。



138-5 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/24 15:34:10 NEW! 

58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp
ルルさん、こんにちは。 目標は見えてきましたか?
家庭や職場で色々と責任が有る立場になると、自由が制限されますよね。

回答を読んでいると、単独飛行で終わらす人には思えませんね。
第一のゴールとしても、
ジェットスキーとか乗り物派の人間なら免許まで行っても驚きません。
それにバイクを楽しまれる方は、飛行機(やグライダー)の操縦に向いていると言われています。
機械好きって事も有るでしょうけど、バイクは3次元に近い動きをし、
体が外気を浴びて、知らぬ間に操縦術を身につけてるのかなと想像してます。
(単独飛行ぐらいなら簡単に終わらせそうで・・・・・)

自動車も今でも大好きだと思うのですが、
責任が多くなってチャレンジが出来なくなったとかですかね?
そう考えると、グライダーや飛行機も検討価値が有ると思いますよ。
無意味な取締りなんて不可能な世界が航空(Aviation)です。
制限は、ほぼ航空機の限界が制限です。
その他の制限と言えば、悪天候や超低空飛行が制限かな。
でも、そんな危険行為は無意味です。

私はグライダーの経験が無いのですが、グライダーには魅力を感じます。
一度、福井空港で大学生のグループのグライダー飛行に遭遇した事があります。
多くの人が協力し合って、飛行させてる風景は私には羨ましかったですね。

「違う世界」と「人生に幅」を目標とするなら、グライダーは最適と思ったりします。
まあ、飛行機派の私には飛行機!と言いたい所ですが。
(エンジンが有る飛行機は、グライダーとは違う世界が広いですよ)


「掲示板に相応しくない文章ですいませんでした」
これは気にする事じゃありません。
多くの人が気になる事なんで何時もの事です。
現役でも無い私が回答する事に、ちょっと抵抗感はありますけど。


ルルさん、
もし宜しければなんですが、直接、私にメールを頂けませんか?
飛行機やグライダーに関係の無い事なのですが、質問したい事がありまして。
koji@uskk.com





137 はじめまして NEW!
NAME : motoki nozato 2014/06/19 16:21:00 
d173-238-134-146.home4.cgocable.net

 はじめまして。カナダで訓練をスタートしたものですが、上田様のホームページで勉強させて頂いております。
もう感謝の気持ちで一杯です。 教本を読む前に、上田様の解説を拝読すると、スポンジが水を吸うように理解できるのです。
もともと学は何も無いのですが、あんな重たいものが地上を離れていく原理を学ぶ航空学。そして、空中での操縦。私には、全く無知の世界ですが、素晴らしい空の世界と新しい学問を楽しみながら、上田様のホームページで、勉強しながら一歩一歩前に進みたいと思ってます。上田様の努力の結晶で得た知識をこのように、世界中で無料で教えてもらえることを、訓練生を代表してお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。
 それで初期的な質問なのですが、私が訓練で使ったパイパー機には灰皿が付いてましたが、上空で煙草を吸えば、空気が薄い分だけ思いっきり吸わないといけないのですか? 私は喫煙者なのですが飛行中に吸う気は毛頭ありません。でもどうなるのかな?と思って質問させていただきました。 これから教えて頂きたいことがいっぱいあると思います。お忙しい中申し訳ありませんが、上田様のご都合とお時間の許す限り、上田様の知識を御教授頂ければ幸甚に存じます。



137-1 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/21 16:52:39 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
Motokiさん、お褒めに頂いてありがとうございます。

スポンジの様にってのは、このサイトが云々じゃなくて、Motokiさんの準備が出来てるからですよ。 歯抜けばかりで、表現に誤解の多いサイトですしね。

タバコに関してはタバコを吸わない私には分かりません。でも、昔は国際線の中でもタバコを吸っていた人が多かったのですが、特別な顔をしてるようには思えませんでした。 それほど差は無いのでは?

でも上空は空気が薄く、酸欠の危険性があります。 しかも酸欠ってのは本当になると気が付きにくいのも問題点です。 タバコを吸う方はその危険性が高まりますので、この機会に辞めてしまうのも良いかも知れませんよ。 ニコチンやタールだけでなく、微量な一酸化炭素の影響が上空では強くなりますよ。



137-2 NAME : ふくねこ 2014/06/21 22:09:53 NEW! 

CEPci-04p55-89.ppp18.odn.ad.jp
面白い問題ですね♪

アタシも喫煙者(それも少々Heavy!)です。
結論から言って「思いっきり吸う」必要は無いでしょう。
強い吸引力を必要とするのは、気圧に対抗する場合ですが、上空に上がって雰囲気が0.8気圧になったとすると、体内の気圧も0.8気圧ですから、通常の状態と変わりはないと思います。
与圧された機内から、機外にチューブを伸ばして、その先にタバコくっつけたら、相当吸うのに苦労すると思いますが、たぶん0.1気圧の差があったら、逆に肺の空気が吸い出されてタバコ吸うどころじゃないと思うんですけど。 ^_^;

と云うわけで、アタシが無事に免許取れて、かつまだ飛べる体力があって、さらに宝くじで大金を手に入れたら、Auto pilotと灰皿の付いた飛行機買って、ゆっくりタバコ吸いたいな〜などと思ってたり。
最近はどこもかしこも禁煙禁煙!なので、せめてPrivate areaくらい暖かいコーヒーでも飲みながら、ゆっくりタバコくらい吸いたいぢゃない?
なので規定で、飛行中は禁煙!なんてFARができちゃったらヤバイなぁ。



137-3 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/22 02:20:32 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
FARで禁煙、良いですね!

FAR 91
No Pilot in command may smoke any kind of tobacco, cigar, cigarette, or weeds while operating an aircraft at any time.


FAR 67
A person who smokes or intentionally inhale any kinds of smoke for recreational purpose within last 2 years, disqualifies for a medical certificate.



137-4 NAME : ふくねこ 2014/06/23 15:55:18 NEW! 

p9131-ipbffx02sasajima.aichi.ocn.ne.jp
う〜むむむ・・・。
今の米国ではありそうで怖い・・・^_^;
しかも雑草までダメとわぁ!

地球温暖化の二酸化炭素問題にしても、たばこ問題にしても、どうも最近の人類は科学的な根拠よりイメージや風評に流される傾向が強くなってきているようで怖い。 ~o~;
便利だけど危険も少なくなく、一気に情報が拡散する、ネット社会の弊害かもしれませんね。



137-5 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/23 18:39:04 NEW! 

58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp
Weedsは雑草ですが、マリファナも雑草です。
それに日本で話題になるのは ハーブでしょ?
ハーブも雑草にならないかな?

kind of tobacco, cigar, cigarette, weeds or mushroom

で、どうでしょうか。



風評?
吸わない人には、あの臭いは悪夢かも。
着替えても、体に臭いが残ってる。

と書きつつ、空気が青い雀荘に行く時もある私でした。





136 SVFRについて NEW!
NAME : スー 2014/06/18 16:59:00 
host-238-208-107-208.midco.net

質問なのですが、日中にSVFRで飛行する際に必要な物や事は何ですか?
ATCのClearanceを得ることや、IFRのequipment装備されていなくてはならないのですか?
また、Class G Airspaceでなくても飛行できるのですか?



136-1 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/19 06:37:37 NEW! 

58-70-107-129f1.kyt1.eonet.ne.jp
スーさん、おはようございます。

S-VFRに関しては、 FAR 91.157です。
その(b)に必要な事が書かれています。

(1) ATC Clearance
(2) Clear of Cloud
(3) Visibility 1 SM
(4) SunriseからSunsetの間である事。 (日中)
SunsetからSunriseはIFRで飛行できるPilotとAircraftが必要になります。 (i)(ii)

---

細かい事は、自力でFARを読んで下さいね。。。
微妙なニュアンスまで聞かれると回答が出来なくなりますので。

「日中にSVFRで飛行する際に必要な物や事は何ですか?」
ATC Clearanceと、Clear of Cloud、そして 1 Statue MileのVisibility.


「IFRのequipment装備されていなくてはならないのですか?」
IFRはSunsetからSunriseに必要となります。

「Class G Airspaceでなくても飛行できるのですか?」
ちょっと意味が分かりません。
Special VFRはClass E, D, C, Bなど、地上からControlled Airspaceが始まる所です。
FAR 91.157(a)の部分です。

S-VFRはClear of Cloud and 1 SMでの飛行を特別に許可する法律です。
Class-Gは、DAYであれば、初めからS-VFRと同じVFR Minimumです。
FAR 91.155のClass-Gと見比べてください。

---

個人的なお願いです。
(Special VFRの質問を受けると、またか・・・・と思ってしまうほどです)

Special VFRは法律で認められた飛行方式で、S−VFRで飛ぶ事は禁止されていません。
しかし、Special VFR Minimumはかなりギリギリの設定です。
本来はVFRでは飛行が出来無いぐらいの悪天候でも、特例で飛行を認める方法です。

法律で認められているから安全だとの考えも聞きますが、私はそれには「強く反対」します。
確かに他の航空機とのCollision Avoidanceの意味では安全性は高いですが、
悪天候での飛行が安全とは言えません。

FAAもFARの制限はギリギリであり、一般的には避けるべきだと提唱しています。

実際でも、Visibility 数マイルでの飛行はかなり難しい物です。
熟練者で、その空港に慣れていても、Lostするぐらいです。
Ground Fogで地表だけが悪いとかなら、ちょっとは理解します。
しかし、大半の人がLow Visibilityで飛行するなんて、Studentでは滅多にありません。
経験が無いのに、Low Visibilityでのフライトは危険だけです。

またVisibilityが良くてもCeilingが1000以下でも同じ様に危険です。
何百回と飛行したコースでも、低空飛行をすると風景が全く違います。
それに雲に入っちゃうと、もっと危険です。
緊急用や、空港に慣れ、天候パターンにもなれた者が特例で飛行できる方法だと理解して下さい。
職業パイロットになればS-VFRを頻繁に行う様になるかも知れません。
でも、それは経験が補佐してくれます。

経験が少ない時や空港に慣れてない時は、極力、避けて下さいね。
夜間にIFRが必要となるもの、そんな意味から来ているのです。

また最近は、スマホやタブレットの内臓GPSで飛行する人も増えていると思います。
航空機に認定された物で、設置も点検許可済みなら良いのですが、
利用は良いのですが一般用のGPSに「頼るのは止めて」下さいね。
確かに便利ですが完璧でもありません。 
補助的に使うのは素晴らしいと思いますが、メインに使うには危険性が高すぎます。

カーナビでも、頻繁に狂うでしょ。
初期に比べて進歩したのは認めますが、
京都では、たまに重要文化財の中を走行してる様にも表示したりします。

この様な事を書くと否定する方が数名おられますが、私には理解が出来ませんし、猛烈に反論します。
その様な方は安全を重視しているとしか思えません。
飛行中での空中衝突は、大半が死亡事故です。 これが現実です。



136-2 NAME : ふくねこ 2014/06/21 23:30:59 NEW! 

CEPci-04p55-89.ppp18.odn.ad.jp
は〜い ^o^/
「否定する方が数名おられますが」の中の一人で〜す。

余談
本日の投稿を見ると、すべて!?管理人さんに反論ばかりする、たちの悪いクレーマーみたいに取られたりしてないか、ちょっと心配したりしてます。
あ!余談の余談ですが、クレーム'Claim'って日本云うような文句ばかり言う人の意味ではないって知ってました?
(アタシはつい最近知りました。 ^^;)
日本でいう文句ばかり言う困ったちゃんは'Complain'なんですって。
もちろん「動詞」なので、人そのものを示すわけではありませんが。

さて、アタシもS-VFRについては管理人さんとまったく同意見です。
当然試験には出るでしょうから、知識ベースとしては知っておかなければならないのですが、実際に飛ぶ状態を考えたら・・・。
少なくともアタシはPrivateなので、お仕事で「飛ばなきゃいけない」わけではなく、あくまでも「趣味」です。
なんで趣味で楽しむのに、わざわざ緊張を強いられ苦労して、自分にも他人にも危険なことをせにゃならんの?って考えちゃいます。
正直自分だけの問題でスリルを味わいたいなら、お好きにどーぞって感じですが、ほとんどの場合、空港周辺には民家もあって見ず知らずの多くの人が生活していますよね。
そんな場所に住んでる人からしたら、パイロットの趣味で自分たちが危険にさらされるなんて、たまったもんじゃない。
そうでなくても、ただ落ちるだけでもすごくたくさんの人が動きますから、その影響は計り知れません。
決して自分だけの問題ではないです。

で、本題です。
アタシはお仕事でGPS使ってるんで、いい部分、悪い部分をひっくるめてGPS肯定派です。
車載GPSでは、動作環境の特殊性から管理人さんの言われるような状態は否定できませんが、海と空ではそのような問題ははるかに小さくなります。
一般の方にはGPSと云えばカーナビってイメージがあるかと思いますが、かなり例外的な動作環境だと思います。
(空や海には、高いビルや山々に囲まれる事も無ければ、高架やトンネルもありませんもの。)
よくGPSは数十〜数百mの誤差があるからというお話を聞きます。
これもあながち「間違い」とは云えませんが、それは地図上の問題であって、GPS自体は単独測位で数mの誤差しかなく、飛行機で運用されている従来のNavigationに比べれば、桁が2つくらい違う程高精度です。
また結構ある誤解としては、上の「精度」は絶対精度であって相対精度ではありません。
たとえば7mの翼幅の両端にGPS Antennaを設置すると、機首方位は0.1度強の精度で計測が可能です。
GPSが弱いとされている高度についても同様で、通常のGPS moduleでも10数cmの「相対精度」を持ちます。
これはちょっと長い距離を飛んだ際とか、急な気圧勾配をまたいだ時に0.1mmHgで100ftも急激に変化する気圧高度計と比較しても、絶対的な精度を確保できます。
実際の飛行では、そんな高い精度は無意味という話も事実ではありますが(少なくともアタシの技術ではそんな精度、まったくもって無意味の二乗くらい。 ^^;)少なくとも既存の機械式計器よりははるかに信頼性があると思います。
もちろん回路的な故障やらソフトウェア上のバグとかは付き物ですが、それはまた別の話だし、同じレベルで既存の計器でも云えることですし。
だからと云って、じゃぁ現在のスマホやタブレットで飛べるかと云えば少々否定的です。
それはGPSが云々って事じゃなくて、そのようにアプリが作られていないからです。
今どこに居るのかな〜くらいで見る分には問題は無いんですが、「飛行計器」として使うのはやめたほうが無難です。
ちゃんと外見て操縦してないと、GPS画面には他の飛行機は表示されませんヨ!!

とは云え、それでもやっぱり個人的にはGlass cockpitよりStone gauge(steam gaugeだっけ?)が好き♪
だって、そのほうが「コックピット」って感じじゃない?
ただ忘れてはならないのが、GPSはもともと軍用なので有事には欺瞞信号が重畳されて使えません。
もっとも有事にのんきにフワフワと飛んでる人の気がしれないけど。^_^;



136-3 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/22 02:29:48 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
ふくねこさん、アンテナを忘れてるよ。 

それに金属内(機内)で「GPS信号が確実に受信」出来てるってどうやって分かるの?

iPhone, スマホ、タブレットの小さい本体の中にある脆弱なアンテナに命を預けるなんて。

しかも、飛行機は超低温度から超高温度まであり、しかも振動が多い世界。 

電子回路に影響が出ないって保障は有るんでしょうか?

それプラス、空港名やFixを入力する時に一文字でも間違えると、何キロと誤差が出るかも。

99%が数十センチの誤差でも、100%に近く無いとね。 

それに受信出来ない時の警告と、予備のシステムが無いと危険だよ。

本当に怖いのは「GPS」に頼りすぎてしまう事なんですけどね。 

GPSが壊れたら終わりってなると、パイロットとして失格です。

私はGPS世代のパイロットじゃありませんが、今のGPSに頼りすぎるパイロットを見ていると怖くて仕方がありません。

まあ、便利すぎる事の欠点でしょうか。



136-4 NAME : 高木 雄一 http://aerobaticchannel.blogspot.com/  2014/06/22 10:21:26 NEW! 

172-5-141-104.lightspeed.mtryca.sbcglobal.net
久しぶりにSVFRの話題になりましたね。
私も、管理人さんの意見に同意する人間の1人です。

Basic VFR WX Minimum以下でも合法的に飛行を可能とするSVFRは確かに便利です。
でも、現実世界でこれを利用して飛行するとなると、実際には非常に不便で、私ならば天候の回復を待つか、IFRの飛行を行います。
どう不便かと言うと・・・、以前あったこんなことを例にしてみましょう。

朝、霧がなかなか晴れないある日のこと。
同僚の教官Aはこの日、Pittsの曲技飛行の体験搭乗の予約があり、お客と一緒に霧が晴れるのを待っていました。
天候は、Visibilityが1SMから1 1/2SM、海側から霧が断続的に流れてきて、Broken以上の雲量が800ft AGL辺りにあり、法的にはBasic VFR WX Minimum以下です。

ただこの時、教官Aにとって不幸だったのは、800ft Brokenの上が青空だったことでしょう。
なかなか霧が晴れず、予定の飛行が行えないことに不満を募らせた校長は、教官Aに対してSVFRでの飛行を勧めました。
もし天候が完全にOvercastだったり、1SM以下のVisだったなら、問題なく取りやめになったはずですが、中途半端な天候が不幸にも飛行する手段を残してしまったのです。

教官Aはお客と共にPittsに乗り、SVFRを要求してTaxi out。
Taxi outして、離陸準備が終わればすぐに離陸できるかというと、それはありません。
当然のことながらIFRのTrafficがAPPがある限り、SVFR機は引き続き地上に待機することになります。
このPittsは他のSVFRでの離陸を要求していた数機と共に、45分を地上で過ごしていました。
最終的には、彼らも離陸し体験飛行こそできたようでしたが、その頃には天候もVMCになっており、燃料の問題もあってわずか10分という短い飛行を行っただけでした。
時間当たり教官料込みで$300以上の飛行機で、延々と45分も離陸を待たされたお客は相当不満を持ったことは確かで、支払い段階でずいぶんと揉めていたことを覚えています。

昔話はこの辺にして。
現実的にSVFRを利用して安全な飛行するには、局地的なLow VisibilityやLow Ceilingが原因でVFRでの飛行が妨げられ、しかしその先のVFR下での飛行が明らかである、または安全な着陸が可能であるときだけでしょう。
さもなくば、SVFRを厳守することで、結果的に自機をScud running(VFRでありながらIMCの飛行を行うこと)に追い込む危険性が大です。
「FARに定めてある方式だからSVFRは安全」などという意見もあるようですが、このような意見には私も全力で反論します。
実際のSVFRの経験もなく、SVFRの危険性を理解していない方であると、容易に想像できます。

最後に、私が飛行に際して用いる判断基準をいくつか。

1 これから行う飛行が合法か
2 自分にその飛行を行う適切な技量があるか
3 万が一の事故でも、保険会社が損害を補償するか
4 その飛行は本当に意味があるのか

1と2が該当すれば3もあるとは限りません。
数名の否定される方々にはよく考えて欲しい項目です。



136-5 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/22 12:33:31 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
高木さん、お久しぶりですね。

S-VFRは以前に、騒動(?)が有ったので何かアレルギー反応があります。
安全を無視した発言だけでなら生徒の勘違いで忘れたでしょうけど、
攻撃的な物を感じたので、未だに身構えてしまう私があります。

$300以上のフライトで45分の待機
タコメーターでの換算なら面倒は少なくとも、ハブメーターだと、、、、考えたくも無いが、
考えを変えると、お金の損害だけでまだ命が守られてる段階。
そんな状況で離陸してしまうと、生命への危険性が増大。 
離陸しちゃうとお金では解決できない状況に陥りやすい。
命を危険に晒すのは、裏付けのある知識と経験に基づいて欲しいものですね。

(裏付けのある知識と経験があれば「命を晒す」とは言えませんが。)

--- 皆様へ

技量の有る人が、S-VFRで雲中飛行をしてしまいEmergency IFRで助かったとしても、
違反行為と取られると免停もありえる。 Suspend or Revoke。
少なくともFAA Actionがあるので、操縦士自身に傷を付ける事になる。
FAAはFBIと同じレベルの組織なので将来を考えてる人は甘く見ない方が無難です。
FAAの捜査能力は凄いです。 電話一本だけで終わったと思っても裏側ではそれ以上に進んでいるかも。
こんな事を専属に調べる会社もあり、世界的に使われているので考えて行動して欲しいです。

業務上で着実な知識と経験があれば、そのリスクも背負う事が必要になるでしょうけど、
StudentやLow Timerには避けて欲しい状況です。

何度も書きますが「FARや航空法で認められているから安全」なんて表現には『強く反対』します。
パイロットはPTSに書かれているマニューバーが出来れば良いのではありません。
安全を重視し、命を守る事が出来るのが大事な事です。
短期留学の欠点は時間に押されて、安全対策が疎かになりがちになる事です。
FAAも単なるマニューバーから、安全対策重視の方向に確実に変わっています。

英語の壁もあれば、過去の事を知らないのが日本人学生ですが、
確実に、FAAも方針転換をしているので、安全を重視して下さいね。


> 最後に、私が飛行に際して用いる判断基準をいくつか。
私の考えを少々。

> 1 これから行う飛行が合法か
こりゃ当たり前の事で、絶対に避けられない。
今じゃAnti-Authorityなんて言葉がありますね。

> 2 自分にその飛行を行う適切な技量があるか
これが当時の議論の争点だったかも。
法律で認められてるから安全なんて何処にも無いんです。
例ですが、FAR Part 91では
強いWindshearやDownburstの中の離着陸は禁じられていません。
NightでのLanding Lightの使用も義務付けられていません。

Personal Minimumと言うFAA 推奨の考えでもあり、あちこちに書かれてるので皆さんに考えて欲しい所です。
FAAもFARは安全だとは考えていないと、明確な表現なのです。
Machoって表現される事ですね。

> 3 万が一の事故でも、保険会社が損害を補償するか
保険で決めるのは疑問ですが、アメリカの場合は桁違いの請求書が来るので無視できないのが現実です。
保険会社は保険請求を避けたいのが本心であっても、事故防止の観点は同じはず。
皆様には無理は絶対に避けて欲しい所で、保険会社の禁止事項も安全を確保する物です。


> 4 その飛行は本当に意味があるのか
好天ならともかく、命を危険にさらずフライトは本当に考えて欲しいものです。
S-VFRでも8割は無事に終わるでしょうけど、2割は分かりません。
知った人なら安全性はかなり上るでしょうけど、VFR Privateレベルでは疑問ですね。
水平飛行での事故は致命的で生存率は低いと覚えておいて欲しい。
CFITと言いまして、回避するのは簡単だけど、安易な判断ミスで命を落としてしまう。


パイロットと言う人種は、多くが妙なプライドを持っています。
そのプライドが、生命を奪う事が頻繁に有るのが事実です。
怖がりなぐらいが、本当に良いパイロットです。
マニューバーや着陸が完璧に出来ても、それは一面だけです。

皆さまには、怖がりになって、訓練を続けて欲しい物です。
FARは絶対的な存在ですが、その基準は緩い物です。それを忘れずに!
1000時間を越えても訓練や練習を繰り返す人が居るのにも理由があります。



136-6 NAME : 高木 雄一 http://aerobaticchannel.blogspot.com/  2014/06/22 13:16:19 NEW! 

172-5-141-104.lightspeed.mtryca.sbcglobal.net
SVFRで離陸したのかは定かではありませんが、Scud Runningがどのような結末をもたらすのか、このニュースからもよく判ります。

http://www.sfgate.com/bayarea/article/Livermore-plane-crash-kills-2-3189366.php

SVFRの離陸後、その先にVMCの気象が存在するのか。
あるとすれば、それはいつなのか。
本当にその情報は正しく、更新されたものなのか。
その場所で100回のScud Runningに成功しても、101回目には不幸な結末が待っているかもしれません。
絶対に行ってはならないことです。


管理人さん

>> 3 万が一の事故でも、保険会社が損害を補償するか
>保険で決めるのは疑問ですが、アメリカの場合は桁違いの請求書が来るので無視できないのが現実です。
>保険会社は保険請求を避けたいのが本心であっても、事故防止の観点は同じはず。
>皆様には無理は絶対に避けて欲しい所で、保険会社の禁止事項も安全を確保する物です。


請求書の支払いがあるから保険会社を気にするのではなく、この方法で第三者の立場で飛行を判定できるのです。
合法であり、かつ本人には遂行する技量もある。しかし本当にそれを行うことがSmartなことなのか?と。
よく使われる手法の一つですよ。

例えば・・・
Water Skiingと呼ばれるこのパフォーマンス。

http://media11.break.com/dnet/media/2007/4/30/284616_8d537eac-fb71-4049-aa81-f14af4bcbd64_prod_560x315.jpg

Air Showの飛行を目的に行うなら話は別ですが、一般の方が行っている写真もよく見かけます。
仮にこれが合法だとして(?)、技量があって、でも事故になったときに保険が支払われるか。
おそらく無理な話でしょう。
なぜなら、Smartな行為ではないからです。
これを遂行する意味があるとすれば、それは己のEgoだけでしょうね。



136-7 NAME : 管理人 http://www.cfijapan.com/  2014/06/23 02:05:19 NEW! 

60-56-109-253f1.kyt1.eonet.ne.jp
事故は痛ましい事ですが、それを反面教師にして学ばないと駄目ですよね。

リンク先の記事に書かれている様な事がSpecial VFRとかLow VFRで気になる事で、
毎年の様に、似た様な事故が繰り返されてますよね。

Livermoreの東にALTAMONT PASSって有るじゃないですか。
西海岸で訓練している日本人なら大半の人が通過したと思う谷間です。
通常は、山の数千フィート上空を通過する物ですが、
知り合いが、何を考えたのか、Low Ceilingの時にその谷間を飛行し、帰らぬ人になりました。
一緒にフライトした事は無かったのですが、
飛行機で生計を立ててる人間だったので操縦は上手かったと思うのですが、判断ミスでしょうね。
20年ぐらい前の事なのですが、あの時間はSan Joseでも雨が降っていた春だったかな。

共通の知り合いが居ない事もあり、
知り合いの死を探る気にもなれなかったので、事故報告までは耳に入っていませんが。


Water Skiing:
失礼しました。 そんなレベルの話だったのですね。
最近、厳しくなった保険の制限かと想定してました。

高木さんはWater Skiingもするんですか?

あれって、どうやってやるんですかね?
ブレーキを踏んでから着水するのでしょうか?
水の抵抗を考えると編隊飛行でのWater Skiingはかなりのスキルですね。

皆さんは、特殊な訓練も無しに真似しないでくださいね。

(高木さんは、PrivateやIFRを教えない、Acrobatic Flight Instructorさんなので勘違いしない様にね。)



136-8 NAME : ふくねこ 2014/06/23 15:46:07 NEW! 

p9131-ipbffx02sasajima.aichi.ocn.ne.jp
やっぱり出ましたね。(予想はしていましたが。^^;)
もうこーなると生理的な問題なので、キライって人を説得しようとも思いませんが、技術面の参考意見として。
(長いです。 ^_^;)

 (長くて、初めの質問から変わってるので、強制移動! by 管理人)




全1259件(スレ259+レス1000) 592〜650件目表示(スレ131〜140件目表示)
前頁[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13] [14] [15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26]次頁

AND OR

- P-Web Board 1.05 -