HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

ガイドライン的な問題集 Jeppesen Private Pilot: Chapter 4: Section A: Safety of Flight

安全に飛行する為の最低ルールとでも言いましょうか。 事故防止の方法に完璧な物はありませんが、事故を減らす様にと色々な事や方法が考えられ、研究されています。 ここでは、操縦訓練を受ける時に最低でも知って頂きたい事の一部が書かれてます。

Collision Avoidance

Flight Collisionが発生しやすい場所や時間帯は?

他の航空機を発見し回避するにはVisual Scanningが大事に成りますが、FAAの薦める方法はどの様な方法でしょうか?

この方法が薦められる理由は何でしょうか?

Blind Spotってなんでしょうか? それに対する対処方法は?

Clearing Turnを行う必要があるの時は? その目的は?

Right of Way

Right of Wayで最も優先度の高い航空機は?

貴方の前に遅い飛行機を発見しました。 その場合の追い抜く時の手順は?

真っ正面から航空機が来ている時の回避方法は?

横から航空機のコースと貴方のコースが交わっている時に優先度が高いのは?

(FARでは定められてるけど、実際は相手が見ているとは限りません。可能な限り回避方法はとって下さいね。)

Minimum Safe Altitude

街の上空を飛行する場合の最低高度は?

何も無い様な田舎を飛行する時は?

場所に関わらず、最低必要とされる高度は?

(航空法は、最低の高度を書いているだけで、安全とは別問題と言う事を頭に入れて置いて下さい)

Taxiing in Wind

比較的強い風が吹いている時にTaxiをする際、操縦桿はどうするべきでしょうか?

風が前方から吹いている時や、後方からの場合。

Taxiで最も注意が必要な場合と、危険が高い飛行機は?

(微風であっても、いつ風が急激に強くなるかは分かりませんので、微風の時から注意して下さい。)

Positive Exchange of Flight Control

多くの飛行機には左右の座席に操縦桿が装備されています。 その為に、操縦しているのが誰か分からない時があります。 この誤解や意思疎通の欠落は危険で、墜落に発展する場合も有ります。 訓練でも生徒と教官が勘違いする時も有るでしょう。 訓練中では多くの誤解が発生します。 教官も注意はしていますが、飛行機の速度が速く全てには対応できません。 かなり早く進むので「説明よりも先に操作」になってしまう場合が多くあります。 事故回避の時も有るでしょう。 でも、誰が操縦をしてるのか分からなくなって、手遅れになる場合も否定できません

これらの誤解は危険性の増大だけでなく、訓練が無駄に成りかねません。 最悪の場合では、間違って覚えてしまう場合も考えられます。

この様な誤解を防ぐのにベストな方法は?

この各順を詳しく説明してみて。

目次に戻る(PVT)

 

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。