HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

CONVECTIVE SIGMETで予報される気象現象:

Convective SIGMETは通常のSIGMETと同じ様に全ての航空機、All Aircraftに危険があると考えられる場合で、しかも対流によって発生すると予測される時です。 Convective SIGMETはアメリカ本土のみにあり、アラスカとハワイでは通常のSIGMETに含まれます。

Convectiveとは日本語で対流と訳せます。飛行機にとって危険なThunderstormはこの対流によって発生します。 その為、 分かりやすいようにThunderstorm関連はConvetive SIGMET、それ以外の危険現象を通常のSIGMETに分けられていると想像できます。

Convective SIGMETに含まれるのは、、、、

  1. Severe Thunderstormの時で、なおかつ
    1. 地上での風力が50ノット以上か
    2. 「雹、Hail」の大きさが3/4インチ以上あるか、 or
    3. Tornado、竜巻が発生している。
  2. Embedded Thunderstormの場合。 (他の雲に隠れて見えないThunderstorm)
  3. Line of Thndrstorm, スコールラインとか呼ばれる、線状に発生するThunderstorm
  4. 「Heavy(大量)」レベルの降水が広範囲に有る場合。
    1. 3,000平方マイル以上で、 and  (だいたい55 x 55マイルぐらいの大きさです。)
    2. 40%以上の地域で大量に降る。

その他に、予報士が対流現象「Convective」で発生する全ての飛行機に危険が予測される時もConvective SIGMETが出る時もあります。 Severe(強力)以上のTurbulence(乱気流)、Icing(着氷)、Low-Level Wind Shear(低高度のウインド・シェア)等が対流によって発生すると予測される時です。

CONVECTIVE SIGMET は Thunderstorm等に関連したSIGMET。
上昇気流で起こった物以外の風やDust Stormには関係がありません。

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。