HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Operating Limitations 飛行規程

航空機の制限、規定、危険や安全範囲、手順、方法、緊急時の手順、注意事項など、航空機に関する事が書いて有る物がOperating Limitationsと言われる物です。航空機によって、違いますが基本的には同じです。 Markingは計器に書かれている物が多いですが、他にも有る場合がありますが、それはこれからの飛行機人生で見つけてください。

これは、航空機の飛行に必要な書類「AROW」の「O」の部分に当たります。

GliderのMarkingやPlacard 飛行機のマーキングやプラカード

水色の矢印がPlacardで、赤色がMarkingと言うものになにます。 Placardには操縦方法やその航空機の制限(速度、重量、量など)が書かれています。Markingで最も目に付くのが、Airspeed IndicatorやEngine Instrumentsに描かれている黄色、緑、赤色の線だと思います。 左側は福井空港で出会ったグライダーです。右側はボナンザのエンジン系統の部分です。

セスナのプラカード   セスナのプラカード

セスナのコクピットに有るプラカードです。左には速度制限(Limitation)が書かれたプラカード、右にはLimitationとは言えませんがチェック・リストのプラカードです。 後ろの荷物置き場やエンジンの内部にも貼り付けて有る場合もあります。
旅客の客室でも座席のテーブルに書かれた「離着陸の時は、収納してください。」 や トイレ内で 「禁煙」と書かれた物もPlacardとなります。 まあ、それらがOperating Limitationと成るかは微妙な所ですけど。

 

この本は、訓練機の中においてある本です。これがPilot Operationg Handbookと言いまして、Operationg Limitationsの代表的な物になります。

しかし、厳密言うとこれらはコピー品で、本物とは言えません。表紙を開くと”Notice”と書いてあり、「正式な物の変わりになら無い」と書いてあります。本物はバインダー式になっているのが多く、変更になっても簡単に変えられる様になっています。 もっと古い飛行機では、左のようなマニュアルが正式なPilot Operationg Handbookになる飛行機もあります。

コピー品で有るので、FAA Approvedとは言い難いのですが、Checkrideの時はこの本でも「駄目だ!」と言う試験官が少ないのも現実かな。 でもコピー品はコピーで本物とは私には言えません。まあ、訓練機は40年以上前の飛行機が普通ですからねぇ。この複製が飛行機の中において有る場合も多かったです。まあ、ここら辺は貴方が判断してください。 間違えても私は「コピー品、Duplicateを本物」とは言いません。


HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。