HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

VFR Weather Minimum

VFR Weather Minimumの基本的な物

VFR(有視界飛行方式)での飛行の基本は「See and Avoid」です。これは操縦士の目で他の航空機を探し、そして衝突を回避しながら飛ぶと言うことです。急旋回や単独飛行など色々な訓練項目を行うは、このVFRにて行います。天気の良い日に遊びに行く時でもVFRが多いですね。 (IFR, 計器飛行は管制官が調節し、指定されたコースを守りながら飛行する事です。)

VFRは操縦士の眼が頼りです。そのため雲の中や悪天候の所での飛行は認められていません。見えないと他の航空機を回避が出来ませんからね。その為にFAR、航空法では私達のVFRで飛行できる気象条件を定めています。 場所や高度、一部の空域では時間によって変化しますが、基本的に上の図の様な場所が多いです。雲からの距離とVisibility(視程)で決められています。

上の図の所(私らが飛行する殆どの場所)でのVFRでの気象条件は、雲の距離で下に500フィート、 上に1,000フィート、 横に2,000フィートの距離が必要になります。(下の500から始まって、倍の1,000で、倍の2,000となってます。) 視程(Visibility)は3 Statute Miles以上の場所が多いです。

なお、Visibility は歴史の影響か、Weather ReportでもFARでも Statute Mileが多いのでご注意下さい。 FARではNMとSMが混載していますが、Visibilityに関してはStatute Milesで書かれていると覚えておいて下さい。

次のページでは、各空域でのVFRの気象条件を一覧にしてみましたので、見てください。 次に行く(クリック)

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。