HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Weight and Balance Terminology (重量と重心の計算に使う単語)

Reference Datum 重心(CG)の計算をする時に使う基準点。想像上の面で計算用に使います。
                "Weight and Balance Data"に表示されているものこの面からの距離です。



Piper Turbo ArrowIV Airplane Reference Datum (Point)飛行機のReference Datum (Point)は飛行機ごとに決められています。最も多いのは一番右の矢印で示されているFirewallの所です。(エンジンが取り付けられている)

もちろん、最先端の部分をReferenceにしている機もあります。(矢印、中央) それよりももっと先にReferenceが設定されている場合もあります。 Reference Datumは共通であれば、何処に有っても結果は同じです。

左の図はパイパー社のTurbo Arrow IV、PA28RT-201Tの図です。DatumはSpinnerの先端になります。下の図はCessna-172 Sからです。 Cessnaの場合はFirewallになります。これはエンジンが取り付いている面で、Nose Gearのやや後ろの上部です。


Cessna 172SのWeight and Balance関係


Reference Point "Reference Datum"と同じ意味です。名前が違うだけで、違いはありません。メーカーが位置と名前を決めます。

飛行機のReference Point 何度も書きますが、Referenceは一定であれば何処でも同じです。


Arm Referenceから搭載された物体の重心(CG)までの距離。 計算に使います。


Station Reference Datumからの距離、椅子の位置や燃料タンク等の位置を表すのに使う。
Moment 物の重さと距離を掛け算した物。 重心の計算に使う。数値が大きいほど影響が大きくなる傾向があります。

 Moment = Arm x Weight

Momnet/1000 モーメントは数字が大きくなるので、1,000や100で割った数値で表す時があります。 その時は分母を間違えない様に
Center of Gravity 重心、CG。 飛行機など物体がその地点で吊り上げられた場合、傾かずに引き上げられる場所。 
                 全ての重さがその地点に集合したとも想像できる場所。 CG Locationとも言います。

  CGの場所 = 全てのMomnetの和 ÷ 総重量


C.G. Limit 安全に飛行する為に、重心(CG)の位置この制限内に有る事が必要とされている範囲。 
    重心がこの制限を越えると、安全な飛行が出来ません。
Standard Empty Weight その機種の航空機の共通な重さ。その機種の基本となる重さ。最低必要元の装備だけの重さ。
                     機体本体、Unusable Fuel、潤滑油(Operation Fluid/Oil)のみ含まれる。 (油はは安全に飛行する為に必要な物です。)

      • standard airplane itself
      • unsuable fuel
      • full operationg fluids (brake oil and others)
      • full oil

Basic Empty Weight オプションが含まれた航空機の重さ。一機づつ重さが違う。 Standard E.W + Optional Equipment

   Standard + Option = Basic, Standardは共通  Basicは全機違う。 Standardには共通って意味があるでしょ。

Useful Load 搭載できる重さ。運べる重さ。 Maximum Takeoff Weight - Basic Empty Weight
Maximum Ramp Weight 地上での移動が可能な最大重量。
Maximum Takeoff Weight 最大離陸重量。 離陸時に許可されている最大重量。
Maximum Landing Weight 最大着陸重量。 着陸時に許可されている最大重量。小型機の場合、離陸時と同じ時が多い
Tare 車止めの重さ。 航空機を計量器の上に載せて重さを測定する際に航空機を固定するのに使う。
Fuel 燃料、1ガロン=6ポンドとして計算
Oil (Engine) エンジン用の潤滑油、エンジンオイル 1ガロン=7.5ポンド。 (Empty Weightに含まれる。)

Usable Fuel 使う事が可能な燃料の量 (燃料は状況によって量を決めますのでEmpty Weightには含まれません。)
Unusable Fuel 使用が出来ない燃料。 ゴミや水などの不純物がエンジンに行かない様にする働きが有る。(Empty Weightに含まれる。)

Loading 搭載する、荷物などを航空機に載せる事
Loading Graph 計算をしなくても、モーメントが弾き出せる様に作られたグラフ
Envelope 重心計算のグラフで、航空機が安全に飛行できる「重量と重心(かモーメント)の組み合わせの範囲」を表したもの。
Equipiment List 搭載されている装置とその重さと位置をリストにした物

to Capacity 上限まで、満タンまで。


HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。