HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Advisory Circulars (AC)

Advisory Circular (AC)の写真。1枚から数ページで終る物もあれば、電話帳の様に分厚い物もあります。 全ては無料でダウンロードできますが、無料で配布されるものや、有償のACもあります。 Handbookとされている本は、ACではなくHandbookとして公表されています。これはFAAの刊行物(Publication)の一つで、FAAが航空関係者(Airmen)に情報を伝える為の物です。これは一般の人にも公開されている刊行物で、FAAのサイトで入手が可能です。1ページだけの物や電話帳みたいな分厚いACも有ります。米国の運輸省(FAA)が配布している書籍で、航空業界に携わる者にとって有益な物です。 法的な拘束力はありませんが、役立つ情報が満載されています。 もちろん、航空法に有るACが指定されていれば、それに厳守する必要があります。 (普通にPrivate Pilotを取るのが目的だけであれば、その様なACは今の所は無いでしょう。) 多くの物は無料で配布されていますが、一部は有償です。

印刷されている物は、無料で配布されてる物もあれば、有償で配布されている本もあります。有償の物でも、無料でFAAのサイトからダウンロードが可能です。 それ以外ではGoverment Printing Officeって所に注文できます。 最近では一部のHandbookはACから独立して、テキストとして販売されています。
(例 Pilot's Handbook of Aeronatuical Knowledge FAA-H-8083-25A 昔はAC61-23シリーズ。写真の上。 有償ですが、これも無料でダウンロードできます。)

Advisory Circularはパイロットや航空関係者、一般人に航空に関する情報をより正確に伝える為に発行されたり、航空法の解説をしたりします。 また航空機の操縦方法、気象情報の解説、整備士マニュアル、空港の設計や運用などの方法なども書かれています。

注意点はAdvisory Circularは航空法(FAR)のサポート的な役割をしますが、Advisory Circluarが法律ではありません。 あくまでもアドバイス、Advisoryです
ACはNon-Regulatoryです。 Regulatoryとは法律的と言う意味で、NONと頭に付きますので、法律的な物では無いという意味です。 FAAが提唱しているアドバイスと思って下さい。

ただ航空法の中にAdvisory Circularが指定されている場合のみ、法律の一部として見られる事があります。 通常はサポート・アドバイスのみですが、これらに書かれている内容は全てのAirmen航空関係者(従事者)には凄く有意義な事が書かれています。結構、参考になるのでチャンスが有れば読んでみて下さいね。

Advisory Circularには皆さんに分りやすく番号が付けられています。 例えばAviation Weather HandbookはAC00-45F。 
最初のACはAdvisory Circularを意味しています。 そして次の番号は分野別にFARの番号に比例した番号が付いています。(下記は一例です。)

AC00 General (一般的な事柄)
AC20 Aircraft (航空機に関して)
AC40 Maitenace (整備に関して)
AC60 Airman (Pilot) (操縦士に関して)
AC70 Airspace (空域について)
AC90 ATC (Air Traffic Control) and General Operation (Flying) (航空管制や飛行について)
AC150 Airport  (空港について)

ハイフン(ダッシュ)の次に来る番号は、順番に振付けられている番号で、他のと区別する為です。
最後についているアルファベットは改定を意味しています。 Fなら6番目の改正と言う事で、代7代目と言う意味です。

入手方法:
最近になって、FAAのサイトからダウンロードが可能になりました。
ダウンロードが出来ない人は、Government Printing Officeって言う、連邦政府の書物を製本・販売・配布している所に注文が出来ます。
 (またFederal Registerってのが有りますが、あれは新しい連邦法を発表したりする物なので、ACには関係有りません。)

無料の物は、地域のFAAの事務所(FSDOなど)に一部が配布用に置かれている事も有ります。(もちろんFAAの機関ですから全ての物があるでしょうけど、全てが一般人に配布しているとは限りません。)
一部のACは 連邦政府の書店でも購入が可能です。 例えばサンフランシスコ市内にFederal Goverment Bulidingが有るのですが、その中に本屋さんが有ります。そこではACやHandbook, PTSなど色々な本が有ります。 もちろん航空以外の本も発売されているので、軍事、移民法、医学書など国が関係する本も販売されています。一部の本は一般の出版社が印刷して本屋やパイロット・ショップで販売している本もあります。

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。