HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Hazardous Inflight Weather Advisory Service (HIWAS)

HIWASと呼ばれる、気象情報を伝える方法の一つです。飛行中の航空機に危険な天気情報が出た場合に選択されたVORの周波数を使って繰り返して放送されます。(a Continuous Broadcast)  含まれる情報は、、

  • AWW (Severe Weather Alert) Severe ThunderstormやTornadoの可能性が有る 
  • WS (SIGMET)
  • WST (Convective SIGMET) Thundestorm関係のSGIMET アメリカ本土
  • WA (AIRMET)
  • CWS (Center Advisory Weather) SIGMETやAIRMETの条件以下だが、重要な気象情報。
  • Urgent PIREP 緊急性の高いパイロット・リポート

以上の物が、指定されたVORの周波数で聞く事が出来ます。 範囲は半径150マイルとなってます。

チャートで見ると、周波数や情報が書かれたBOX箱の右上に、丸で囲まれた「H」が書かれています。  下に地上から録音した物をサンプルとして載せて置きます。ただ地上からの録音の為に電波状態がよく無いので、雑音が多いです。

Salinas VOR :  San Marcus VORTAC サンタバーバラ (雑音多し) : Orlando VOR フロリダ (雑音多し)

まとめられた情報なので、詳しくは放送していません。 詳細が必要な場合や、飛行に大きな影響が有ると感じた時は、Flight WatchやFSSに交信してください。


 

Santa Barbara 空港の直ぐ北に有るVORTACです。 右上に「H」と書かれているので、このVORの周波数、114.9MHzでHIWASが聞く事が出来ます。

たまに 「H」では無くて、「T」や「A」の場合があります。
    「T」はTranscribed Weather Broadcast TWEBの放送が聴けます。 これは選ばれたルートの気象情報です。
     最近は少なくなって、アラスカの方に残って居るみたいです。 
    「A」はASOSやAWASの事です。 
     多くは独自の周波数が有るのですが、一部ではVORやNDBを使ってASOS/AWASの情報を放送している場所もあります。

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。