HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

ENROUTE FLIGHT ADVISORY SERVICE (EFAS)、Flight Watch

EFASは一般にFlight Watchと言われている、飛行中の気象情報サービスの一種です。「飛行中、En-Route

巡航飛行中(離陸後の上昇が終って、着陸前の下降まで)の航空機に対して、 その飛行に有意義な気象情報を提供してくれます。(Type, Route, Altitude)
また、Pilot Reportの中心的な存在になってます。 (a central collection and distribution point for pilot reported weather information. )
Pilot Reportを集めて、またそれを皆に教えてくれます。

Pilot participation is essential to the success of EFAS by providing a continuous exchange of information on weather, winds, turbulence, flight visibility, icing, etc., between pilots and flight watch specialists. Pilots are encouraged to report good weather as well as bad, and to confirm expected conditions as well as unexpected to EFAS facilities.

EFAS、 Flight Watchの有効性は、パイロットからの情報が重要になります。 気象情報の交換が主な目的です。 (気象現象、風、 乱気流、 飛行視程、 アイシングなどの情報交換) EFASでも気象データは持っていますが、それが正しいか間違っているか? 予想外の天候があるか?等は パイロットからの報告が無いと分りません、 予報は予報であって、100%ではありません。 それを確認できるのは実際に飛行している人間です。 パイロットの皆さんには、悪い天候だけでは無く、良い天候の情報。 それに天気予報の精度などの情報を提供を求められています。 Flight Watchはそれらの情報を得る事によって気象情報の質を上げ、情報提供・運営が行われています。 皆さんも英語の勉強も含め、有意義な経験を得る為にも協力しましょうね。

EFASは業務が限定・集中されています。 、一般のFSSが行う、Flight Planの取り扱い、 Position Report位置情報、 Preflgith Briefing、 Standard Weather Briefing、 ランダムな気象情報の提供を行っていません。 Flight PlanなどはFSSと交信してください。間違えたら、FSSに交信する様にと教えてくれます。


Flight WatchはAFSS(FSS)の専門家が、複数の無線局を通して広範囲のエリアを担当しています。(RCO, Remote Communications Outlets、遠方に設置されているFSSの無線局) サービスはConterminous U.Sアメリカ本土とプエルトリコで提供されています。 サービスの時刻は朝6時から夜19時までで24時間ではありません。Flight Watch, EFASは 5,000 feet AGL(地上5,000フィート) から Flight Level FL450以下 なら何処でもサービスを受ける事が可能です。 (交信が可能なら5,000 feet AGL以下でも可能) 

周波数はFL180以下では共通の122.0 MHzとなっています。FL180以上では、地域によって変わりますので指定の周波数で交信してください。
   (参考に EFAS High Altitudeの周波数は New Yorkで134.725 MHz, LA 135.9MHz, Oakland(SFO) 135.7MHzなど A/FDの裏に出てます。)

FSSは違う周波数が有りますので用途に応じて周波数を使い分けてください。FSSは地域で周波数が変わります。ぱっとチャートを見たところ、FSSが使っている周波数は 122.1R, 122.2, 122.5, 122.3, 122.4, 122.6, 122.35 122.65 123.6 123.65 122.05Rと有り、Flight Watchとは違います。 Rと書かれている周波数はFSSがRecieverのみ有るので、VORの周波数を送信に使います。


EFAS, Flight Watchの名前は、その地域のARTCC(センターと呼ばれる広域の管制官)と同じになります。
        (例: Seattle Centerの地域ではSeattle Flight WatchがEFASの名前になります。) 

EFASに交信する場合は、EFASの名前、機体番号、一番違いVORの名前を言います。VORの名前を言う必要が有るのは、担当者がどのOutlet(無線局)を使うのか?、また誰が対応するかを判断する場合に使われます。 またEFAS(ARTCC)の名前が分らない時は、名前を言わずに送信します。VORの名前で判断してくれます。

例: Oakland Flight Watch, Cessna 1234K, Salinas V-O-R, Sierra, November, Sierra, Over.
相手が分らない場合の例: 
     "Flight Watch, Cessna 1234K, Salinas V-O-R, Sierra, November, Sierra, Over. "
     "Cessna 1234K, Oakland Flight Watch, Go Ahead"

 

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。