HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

FAR 91.151 FAR 91.167 Fuel requirements

Fuel requirements 飛行の際に義務付けられている燃料の量

VFRの場合:
風の影響や気象予報を考慮に入れて、(特にHead Windには注意!)
予定着陸地点までに必要な分 プラス 巡航速度で 昼間なら30分、そして夜間なら45分間飛行できる量の燃料が無いと離陸する事は出来ません。

予定着陸地点とは「First Point of Intended Landing」と書かれていまして、最初の到着地という意味です。
天気予報を入手して、出来るだけ正確なHead Windを計算してくださいね。 (これは法律でも定められてます。)
   想像以上に向かい風が強いと、燃料不足になります。
   30ノットの風は上空ではよく吹いている風力です。 まともに前から来ると3時間で90マイルは押し戻されます。
   飛行時間に換算すると1時間になる飛行機もあります。飛行計画(Flight Plan)はきっちりと作って下さいね。

当たり前の事なんですが、最初の空港までしか行け無い燃料しか無い時は注意です。
その空港はガソリン屋が無いと次には行けません。ですから、最初の給油地まで必要な燃料を持って行って下さいね。 

法律で、最初の着陸地点までと書かれているからと言って、そこまでの分しか搭載せずに出発すると次が大変かも知れません。 ガソリン屋が無かったり、倒産していれば、次はそこからの離陸が出来ません。  航空法は安全飛行を考えていますが、その後の事は自己責任です。
予想外の事も含めて法律で定められている30分(夜間の454分)の予備はかなり少ないと覚えておいて下さい。

IFRの場合:
計器飛行では、最初の着陸地点までの分に、代替空港(Alternate Airport)、それプラス45分間飛行できる燃料が必要です。

 

VFR DAY = First Point(最初の着陸地) + 30分(通常巡航速度, Normal Cruse Speed)
VFR NIGHT = First Point + 45分(通常巡航速度)
IFR DAY/NIGHT = First Point + Alternate Aiport(代替空港) + 45分(通常巡航速度)

必ず、天気予報(Forecast)で報告されている風を計算に入れる事。 (法律で決まってる)
    (considering wind and forecast weather conditions)
実際は、それ以上に燃料が有る方が安全、 (法律は最低限ギリギリの量)

 

 

 

FAR 91.151 Fuel requirements for flight in VFR conditions.

(a) No person may begin a flight in an airplane under VFR conditions unless (considering wind and forecast weather conditions) there is enough fuel to fly to the first point of intended landing and, assuming normal cruising speed-

   (1) During the day, to fly after that for at least 30 minutes; or
   (2) At night, to fly after that for at least 45 minutes.

(b) No person may begin a flight in a rotorcraft under VFR conditions unless (considering wind and forecast weather conditions) there is enough fuel to fly to the first point of intended landing and,  assuming normal cruising speed, to fly after that for at least 20 minutes.

 

FAR 91.167 Fuel requirements for flight in IFR conditions.

(a) No person may operate a civil aircraft in IFR conditions unless it carries enough fuel (considering weather reports and forecasts and weather conditions) to

   (1) Complete the flight to the first airport of intended landing;
   (2) Except as provided in paragraph (b) of this section, fly from that airport to the alternate airport; and
   (3) Fly after that for 45 minutes at normal cruising speed or, for helicopters, fly after that for 30 minutes at normal cruising speed.

(b) .........

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。