HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Parachutes and parachuting パラシュートについて

パラシュートの搭載が義務付けられている時 (今も昔も変わらず、、、、)

故意的なAcrobaticなFlight(曲芸飛行)を行う場合は、パラシュート着用を義務付けています
    バック角度が60度バンク、もしくはPitch 角度が30度ピッチを越える様な飛行を言います。(これらは故意的に行う様態を指します。)
    60度以上のSteep Turnを行う時や、Spinさせる時が多いかな。

また、免許収得の為の訓練飛行で、飛行教官が同乗している場合はパラシュートが免除されています。
     例えば、飛行教官の資格を取る際には、SpinとSpinからの脱出訓練が義務付けれています。 
     この様な場合は、飛行教官と共に、免許の為の訓練でしたら、パラシュートの搭載義務は有りません。

 

使用期限や材質について、 (法律の変更中です)

この法律は2008年の11(12)月に改正が有ったみたいで、問題集の問題と現状では多少の差が有ります。(また私は個人的にパラシュートの経験も無く、訓練も有りません。航空法を私なりに読ん見て、筆記試験用に解説しただけです。詳しくは貴方の飛行教官やParachute Riggerに確認して下さい。 ここの情報ははWritten Exam用 Onlyです。 詳しくはParachute Riggerの資格を持った人など、j経験者に確認して下さい。) この法律の修正派一時的な物か、恒久的な物かは私には分りませんので、パラシュートを使用する際は最新の航空法を確認して下さい。 今回の改正は材質の向上による物でしょう。

Chair TypeのParachuteに関しての決まりが有りましたが、この時点の航空法FARでは、その規定が変わっています。種類よる規定、Chair-Typeと言う指定が無くなっています。(問題集にはChair-Tyoeと出ています。) 材質による規定が有ったのですが、その期間も以前とは違っています。 下記には2009年6月にネットでアメリカ政府のサイトに公開されていた航空法91.307と 以前の航空法の一部を添付しておきます。

なお、私にはChair-Typeの意味が分かってませんので、ご了承をお願いします。
椅子にパラシュートが付いているのを指しているかの、背中に背負うパラシュートに座布団が付いている物のか、もしくはパラシュートが開いた時に椅子が現れるのか。。。。 正しくは、経験者やParachute Riggerさん確認して下さいね。

2009年6月時点で航空法を読むと、以前(去年)のとは大きく変わってます、、、変化を簡単に書きますと、、、

緊急用に使うパラシュートの使用期限は、適切な種類の物を、適切な資格の持ち主(Parachute Rigger)がリパックしてから何日と決まっています。
    A) 材質が人工素材のナイロン、レイヨンなど、カビや湿気に強い材質のパラシュートは、180日間
    B) 絹、スポンジなど天然素材の物は、60日間
            (Packedやリパックとは、適切に状態を確認し、適切に折りたたんで、安全に使用出来るように収納する事。)
             また以前は、120日間/60日間でした。

2009−06の時点では航空法から削除されていましたが、以前に書かれていた事の一つとして。
以前の場合に書かれてたのは Chair-Type Parachuteの場合は、使用期限が有資格者にリパックされてから120日間でした。
このページを作製した時点での最新では「Chair Type」の個別な規定はありません。 使われている材質だけです。

まだ細かい規定がありますが、筆記試験向けでは無いのでこれ以上の説明は辞めます。パラシュートやアクロバットについては無知な為、ご理解下さい。

 

91.307 Parachutes and parachuting. (2008年11月の改訂)

(a) No pilot of a civil aircraft may allow a parachute that is available for emergency use to be carried in that aircraft unless it is an approved type and has been packed by a certificated and appropriately rated parachute rigger-

(1) Within the preceding 180 days, if its canopy, shrouds, and harness are composed exclusively of nylon, rayon, or other similar synthetic fiber or materials that are substantially resistant to damage from mold, mildew, or other fungi and other rotting agents propagated in a moist environment; or
(2) Within the preceding 60 days, if any part of the parachute is composed of silk, pongee, or other natural fiber or materials not specified in paragraph (a)(1) of this section.

(b) Except in an emergency, no pilot in command may allow, and no person may conduct, a parachute operation from an aircraft within the United States
except in accordance with part 105 of this chapter.

(c) Unless each occupant of the aircraft is wearing an approved parachute, no pilot of a civil aircraft carrying any person (other than a crewmember)
may execute any intentional maneuver that exceeds -

(1) A bank of 60 degrees relative to the horizon; or
(2) A nose-up or nose-down attitude of 30 degrees relative to the horizon.

(d) Paragraph (c) of this section does not apply to- (cの部分が免除されるケース)

(1) Flight tests for pilot certification or rating; or
(2) Spins and other flight maneuvers required by the regulations for any certificate or rating when given by-
    (i) A certificated flight instructor; or
   (ii) An airline transport pilot instructing in accordance with §61.67 of this chapter.

(e) For the purposes of this section, approved parachute means-

(1) A parachute manufactured under a type certificate or a technical standard order (C-23 series); or
(2) A personnel-carrying military parachute identified by an NAF, AAF, or AN drawing number, an AAF order number, or any other military designation or
specification number.

[Nov. 19, 2008]

古い法律

以前のFAR Section 91.307 Parachutes and parachuting.

(a) No pilot of a civil aircraft may allow a parachute that is available for emergency use to be carried in that aircraft unless it is an approved type and-

(1) If a chair type (canopy in back), it has been packed by a certificated and appropriately rated parachute rigger within the preceding 120 days; or
(2) If any other type, it has been packed by a certificated and appropriately rated parachute rigger-

(i) Within the preceding 120 days, if its canopy, shrouds, and harness are composed exclusively of nylon, rayon, or other similar synthetic fiber or materials that are substantially resistant to damage from mold, mildew, or other fungi and other rotting agents propagated in a moist environment; or
(ii) Within the preceding 60 days, if any part of the parachute is composed of silk, pongee, or other natural fiber, or materials not specified in paragraph (a)(2)(i) of this section.

...続く ( ここからは大きな変化はありません。Chair Typeに付いてと日数について変化がありました。)


HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。