HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Notice to Airmen (NOTAM) System ノータム

NOTAM(ノータム)は早急に知らせる必要のある航空情報で、飛行や飛行計画に影響を与える可能性が高い物です。一時的な状態、状況、規制、制限等を知らせる事や、様々なチャートやA/FD(Airport Facility Directory)の発行に間に合わなかった情報や変更などがNOTAMとして知らせされます。 

Time-critical aeronautical information which is of either a temporary nature or not sufficiently known in advance to permit publication on aeronautical charts or in other operational publications receives immediate dissemination via the National NOTAM System. NOTAM information is that aeronautical information that could affect a pilot's decision to make a flight. It includes such information as airport or primary runway closures, changes in the status of navigational aids, ILSs, radar service availability, and other information essential to planned en route, terminal, or landing operations

(説明が自己流なんで、FAAからの説明文も載せておきます。でも直訳じゃないよ。かなり編集してます。)

NOTAMの種類には主に2つが有ります。NOTAM (D, distant), NOTAM(L, local), そして FDC NOTAM(Flight Data Center NOTAM)が有ります。

NOTAM-D, Distant (広範囲に影響を与えかねない航空情報)

アメリカ空域(NAS National Airspace System)の一部で有る物の航空情報はNOTAM−Dとして出されます。その内容例は
   ・NAVAID、VOR、NDBなどの航法施設の情報、(保守などで使用不可能になる場合など)と
   ・AF/Dに出ている、空港、ヘリポート、シーポートなどで飛行に影響を与える航空情報 。(主要滑走路の閉鎖など)
   ・現在は、昔にNOTAM-Lと呼ばれる物に含まれていた情報も、含まれて居ます。

これらのNOTAM−D情報はWeather Message Switching Center (WMSC)と言う所で集約されます。そしてWeatehr Briefingで提供されたり、毎時の気象情報などに添付されます。またNOTAM−Dは一度、何らかの形で出版されるとWMSCのシステムから削除されます。(NOTAM自体が無くなる訳じゃなくて、システムを情報で氾濫させない為です。出版物には NTAP NOTAM Publication、AF/D、Chart、 Approach Plate等があります。)

NOTAM (D) information is disseminated for all navigational facilities that are part of the National Airspace System (NAS), all public use airports, seaplane bases, and heliports listed in the Airport/Facility Directory (A/FD). The complete file of all NOTAM (D) information is maintained in a computer database at the Weather Message Switching Center (WMSC), located in Atlanta, Georgia. This category of information is distributed automatically via Service A telecommunications system. Air traffic facilities, primarily FSSs, with Service A capability have access to the entire WMSC database of NOTAMs. These NOTAMs remain available via Service A for the duration of their validity or until published. Once published, the NOTAM data is deleted from the system.

NOTAM-L, Local (空港内での情報。飛行には影響が比較的小さい) 現在はもう、有りません。

このNOTAMには Taxiway誘導路の閉鎖、滑走路付近で作業する工員や装置、VASIなど計器飛行着陸に影響を与えない証明設備などの情報です。
まあ 、その空港を利用しない者には影響を与えない情報と思って良いでしょう。 空港内の小さな情報とでも考えて良いでしょう。

なお、このNOTAM-Lは無くなりました。 NOTAM-Dを参照してください。

NOTAM−Lは気象情報には添付されません。(この場合の天気情報はMETARなどです。 ATISなどには管制官の判断で追加さてます。)このNOTAM-Dはその空港に近いFSSが管理しています。 (NOTAM-Lと違って、本当にLocalな情報でLocalで管理されてます。)

NOTAM (L) information includes such data as taxiway closures, personnel and equipment near or crossing runways, and airport lighting aids that do not affect instrument approach criteria, such as VASI.

NOTAM (L) information is distributed locally only and is not attached to the hourly weather reports. A separate file of local NOTAMs is maintained at each FSS for facilities in their area only. NOTAM (L) information for other FSS areas must be specifically requested directly from the FSS that has responsibility for the airport concerned.

National Flight Data Center, FDC NOTAMs

(空域やIFR限界などに影響を与える情報で、法律的な意味合いが強い航空情報をFDC NOTAMと言います。 
チャートや計器飛行方式(IAP, Instrument Approach Procedures)などの施設等の変更 と Temporary Flight Restriction の二つがあります。

IAP, A/FD, チャートなどは更新日が決められて刊行されますが、多くの場合それらの刊行物と発効日とは全く違ったタイミングで変化する場合があります。この様な、変化・変更・お知らせ・障害などを知らせる為に、このFDC NOTAMが使われます。 主にNAVAIDや空港の情報が有ります。

Temporary Flight Restriction TFRは山火事の様な天災や大事故、そして大衆が興味を引き多くの飛行機が飛行しそうなスポーツ大会(プレイオフとか)、大統領の訪問など、安全を確保する為に飛行が制限・禁止される空域を言います。
(TFRを無視すると免停などの処分があります。「知らなかった」は通じません。)

National Flight Data Center, NFDCがこのFDC NOTAMを発行し、400マイル以内のFSSにファイルされています。 また、緊急性が有っても、システムの都合上、直ぐにFDC NOTAMが全機に知らされる訳ではありません。その為に、飛行中でもNOTAMが出ないかと確認する必要があります。 離陸してからNOTAMが発行される場合もあります。

On those occasions when it becomes necessary to disseminate information which is regulatory in nature, the National Flight Data Center (NFDC), in Washington, DC, will issue an FDC NOTAM. FDC NOTAMs contain such things as amendments to published IAPs and other current aeronautical charts. They are also used to advertise temporary flight restrictions caused by such things as natural disasters or large-scale public events that may generate a congestion of air traffic over a site. FDC NOTAMs are transmitted via Service A only once and are kept on file at the FSS until published or canceled. FSSs are responsible for maintaining a file of current, unpublished FDC NOTAMs concerning conditions within 400 miles of their facilities. FDC information concerning conditions that are more than 400 miles from the FSS, or that is already published, is given to a pilot only on request.

NOTAM data may not always be current due to the changeable nature of national airspace system components, delays inherent in processing information, and occasional temporary outages of the U.S. NOTAM system. While en route, pilots should contact FSSs and obtain updated information for their route of flight and destination.

Notices to Airmen Publication (NTAP)

NOTAM Publicationは余りにも多いNOTAM情報を本にまとめた政府の刊行本です。次のチャートやA/FDが発行されるまでに、一時的に航空情報を伝える為の出版物です。 (中にはこの本に掲載されずに、直接チャートなどに掲載される場合があります。) NOTAM Publicationの内容は、、、

  • NOTAM-D (発行後、少なくとも七日以上の有効期限が有る事。)
  • FDC NOTAM (Temporary Flight Restriction、TFRを除く)

アメリカで空港や飛行機が多いため、NOTAMは意外と大量に存在して居ます。 そして重要なNOTAM-DやFDC NOTAMは気象情報など(Hourly Weather Report や Weather Briefing)で提供されています。しかし、量が多いのでそのままでしたらNOTAMがシステムに溢れてしまいますので、本にする事によってシステムの運用をスムーズにします。 

何らかの形で発行されるまでは、自動的にBrifingなどで教えてくれますが、一度でも発行されると聞かない限りは教えてくれません。NOTAM Publicationなどの本を読んでいるかどうかはFSSには分りませんので、パイロットがリクエストし無い限りは教えてくれません。(基本的には読んでいると考えられています。)

Notices to Airmen Publication (NTAP)はアメリカ政府のPrinting Officeから定期購読が出来ます。また今ではFAAのサイトからでも入手する事が可能になりました。 電子版のNOTAMへのリンク FDC NOTAMが多いですけど、結構大事なので読む事を強く推薦します。 またチャートやA/FDに掲載されるとNOTAM Publicationから削除されます。

An integral part of the NOTAM System is the Notices to Airmen Publication (NTAP) published every four weeks. Data is included in this publication to reduce congestion on the telecommunications circuits and, therefore, is not available via Service A. Once published, the information is not provided during pilot weather briefings unless specifically requested by the pilot......... All information contained will be carried until the information expires, is canceled, or in the case of permanent conditions, is published in other publications, such as the A/FD. All new notices entered, excluding FDC NOTAMs, will be published only if the information is expected to remain in effect for at least 7 days after the effective date of the publication.


HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。