HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Taxi and Wind 地上滑走と風の関係

Taxi、地上滑走する時の風と操縦桿の使い方 無風や極微風時はTaxi(地上滑走)する時はラダー、スロットル、ブレーキだけで安全に移動できます。しかし、空に浮く為の飛行機です。 重たい飛行機ですが、重量に比べると翼は大きく比重は軽いものです。 ちょっと強い風が吹くと飛行機が引っくり返ったり、操作が困難になります。 また微風でも急に風力がます突風になる場合もあるので、常時注意しておく必要があります。 パイロットはエルロンやエレベーターを操作して、万が一に備えます。 またそれによって、風の仲のタクシー(地上滑走)が楽になります。

風の強い時は、飛行機が転覆しない様に、翼が揚力を生まない様にと考えて、エルロンとラダーを操作します。

横風の時は、風上の翼が持ち上がらない様に注意するのと、Weathervaneと言って、風見鶏の様に自然と機首が風上に向かない様にしてやります。 (Weathervaneとは、風見鶏や矢、風向計の様に、自然に頭が風上に向く現象を言います。 飛行機も尾翼が矢の様に立ってますので、注意し無いと勝手に機首が風上に向こうとする時があります。
Headwind 向かい風

向かい風の場合は、翼が揚力を作らない事と水平尾翼の動きに注意です。 これはTri-Cycle (Nose Wheel Type)とTailwheel (Conventional)で、若干の違いが有ります。

私達が普通に操縦するTir-Cycleの飛行機は、エレベーターがNeutral(中立)になる様にします。 Downにしていると、尾翼が上って、Noseが必要以上に地面に押し付けられる可能性があります。  逆にUPにすると、尾翼が下がって、Noseが宙に浮いてしまう可能性があります。

Tailwheelの場合でしたら、エレベーターはUPにします。 地面に後輪を地面に押し付けて、操作性を向上させてやる事が必要です。Tailが浮いてしまうと、水平尾翼とラダーだけしか、方向性を保つものがありません。

向かい風: Headwind = Elevator NUETRAL (Tri-cycle) もしくは Elevetor UP (Tailwheel)です。

Quartering Headwind、斜めから風が吹く時は、エルロンの位置にも気をつけなくては行けません。 前から風が来ると言う事は、飛行中の翼と同じ事です。 風速が十分に有ると、翼を浮かすのに十分な場合もあります。 その為に風上の場合はエルロンを上に上げて、揚力が生まれない様にします。 エルロンが上向きですと、揚力を生み出すに十分な突風が吹いても、エレベーターが、揚力が下に行く様にしてくれます。

斜めからの向かい風: Quatering Headwind = Aileron UP 風上のエルロンを上向きに、です。(ElevatorはNeutral、TailwheelならUPで)

 

Tailwind 追い風

追い風は、Headwindよりも危険です。 この場合は、風が翼や水平尾翼の下に潜り込んで、押し上げられない様に注意する必要があります。

ElevatorはDOWNにします。下げる事によって下に潜り込む風を抑えます。

斜めからの場合、Quatering Tailwindの場合はAileronは風上をDownにして、吹き上げられるのを防ぎます。 (ElevatorはDOWN、Pushです。)

 

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。