HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

VOR equipment check for IFR operations FAR 91.171

計器飛行を行う際は、航空機に搭載されているVORを点検する必要があります。

  • VOR Testは30日以内に行う必要があります。
  • VOR CheckpointやVOTの場所や周波数はAirport/Facility Direcotryに出ています。
  • Testの結果は、Maintenance Recordか同等物に記入する必要があります。 内容は
    • 日付
    • 場所
    • エラー (Bearing Error)、そして
    • テストを行った者のサイン。
  • VOR Testに使える信号や場所は
    • FAAが運用する信号か、FAAが認めたテスト信号 (VOTなど)
    • 認定されたRadio Repair Stationからの信号
    • 空港に有る、VOR System Checkpointして認められている所 
      • Compass Roseなど、指定のRadialを使って下さい。FromでCDIが真ん中に来るはずです。
    • 地上に試験用の場所が無い時は、上空で指定されたAirborne Checkpoint。
    • そのCheckpoint等が無い場合は
      • VOR Airwayとして認められたコースの中心線で、
      • VORから20 Nautical Mile以内に、地上に有る明白な目印やポイントの上。
      • 高度は、安全な限り低い高度で行う事。
  • Dual VOR Systemを搭載している航空機はVOR同士で比べても良い。
    • 一つのVORを、もう片方のVOR Indicatorと比較して点検する事が出来る。
    • アンテナ以外は、別のシステムである事。 (受信機が別のこと)
    • Dual VORで点検をする際は、同じVOR Stationに周波数を合わせて、 両方のVORがどのBearingを示すかを確認します。
    • 特定のRadialに合わせて、確認するのでは有りません。 どのRadial(Bearing)に居ると表示するかを確認します。
         (CDIの針が、Centered真ん中に来る必要が有ります。)
    • 両方のVORが示すBearingの差が4度以内で有る事を確認します。 
  • VOR Testでの許容範囲
    • 地上でのテストでは「4度」まで。 (VOTやCompass Rose)
    • Airborne CheckpointやAirwayを使うIn-flight Checkなど上空の地点を使う時は「6度」まで。
    • Dual VORで、 VOR同士を比較する場合は「4度」まで。 (地上でも上空でも)

VOT(VOR Test Facilities)の信号: VOTが有る所では、指定の周波数をVOR (NAV)の周波数に入力します。

  • VOTの信号はOBSで180度を選択すると、CDIの針が真ん中に来て「TO」を示します。
  • OBSで360度を選択すると、CDIの針が真ん中になり「From」を示します。
  • VOTの信号を受信して居る時は、360度ラディアルの上に居ると思っても、同じです。(Fromで中心の表示がRadialでしょ)
  • 覚え方は、、、、 「180度でTO」ですから、、、発音が「One Egihty と To」ですから、Cessna 182と覚えておいて下さい。
HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。