HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

TSA関連の質問に答えて。 訓練校の変更はTSA上では可能か?

「学校で問題が発生して、学校を変えたいがTSAの事で変えられ無いと相手にされません」との切実な質問を受けました。 
あまり学校の事は受付ない様にしているのですが、文面を読んでいると、ちょっと気持ちが揺れ動きました。 それで、以前からお世話になってる日本人試験官(DPE)のSKさんに聞いてみました。 日本人同士なら社会勉強と思うのですが、個人的には人種差別的な行動には我慢が出来ないのです。 

なお、SKさんに問い合わせたのは、彼の訓練校は、基本的にAirlinesのパイロット・トレーニングで、個人の生徒は受け入れては居ますがメインではありません。 もちろん、日本人なら喜んで飛行訓練をしてくれます。 他の訓練校の生徒さんでも気にする人では無いので、一番中立だと思う彼に聞きました。 他の教官さんにも聞く事も出来たのですが、公平性を考えてSKさんにしました。 (Select Languageで日本語が無いでしょ) 

質問者さんはアメリカ人の学校を選んだのですが、教官さんとの問題が絶えず、訓練が進まない。 学校に教官の変更を依頼しても相手にされず、学校を変えたいと言っても、TSA (AFSP)を盾に門前払いの状態だそうです。 (他にも苦労されてるようですが、これは何処の学校に行っても、大なり小なりある事なんで、省きます。 ただ人種差別的な感あるので調べてみました。)  彼は英語があまり出来ないので調べ様も、助けを受ける事も出来ずに、私にメールとなりました。 学校の変更となると、非協力的になるのは分かるのです。 でも、なぜ教官の変更までTSAを理由に受け付けてもらえないのか?とこちらも不信に思い、たずねて見ました。 (教官の変更については無意味な事なので、学校内の理由でしょうから、学校の変更に付いて聞いて見ました。)

大半のアメリカ人学校も良いのですが、彼がなぜ日本人学校を選ばなかったのかは不明です。(この点は関係の無い事ですけど。) また、大半のアメリカ人はTSAの事は詳しくは知りません。 トレーニングは義務付けられていますが、テロリストの発見や対処法の事を勉強するので手続きに弱いのは事実です。

だと言って、日本人を含む外国人を差別する様な行動は、許されるべき行動ではありません。


SKさんからの回答です。 途中の青文字は私の意見です。

TSAで、学校を登録して、 バック グランド調査をしますが、それと編入は、全然関係ありません
編入で、問題なのは、ビザ関係です

TSAで、許可された事により、学校側で、ビザを発行できます。
ですけれども、全米でも、4分の1ぐらいのフライトスクールしか学生ビザ(M1)を 発行することが出来ないと思います。
M1とF1を発行できるフライトスクールは、全米で10校だそうです。(ここが彼の問題になった場所かも)

つまり、M1ビザで、アメリカに滞在していて、ビザの発行できない学校に編入は出来ません。
ですけれども、M1ビザで、こちらに来ていまして、M1ビザの発行できる学校でしたら、簡単に編入できます。学校で、ビザの編入手続きを書いてもらい、簡単にビザのトランスファーが出来ます。 もしも、F1できているのでしたら、F1発行の学校が少ないので、編入できる学校が限られてきます。(もちろん、アメリカ大使館やイミグレーションなどに行かなくて、学校から学校に簡単にトランスファーできます。)

問題はビサの種類の変更が出来無いって事でしょうか。
M1-VISAならM1-VISAの学校へ、 F-1ならF-1VISAが発行を出来る学校へなら可能かと。

他の学校からM1または、F1をトランスファーして、編入した生徒が多くいます。
もしも、希望でしたら、いつでもそのような生徒を受け入れる事は、出来ます。
10人以上になりますと、直ぐにとは言えませんが、1人や2人ぐらいでしたら、問題ありません。
学校編入において、理由など何も必要ありません。全て、本人の希望です。
でも、もしも学校が編入の理由を聞いてきたら、あまり生徒も学校とは仲良くしたほうがよいので、何かしら、よい理由を考えておいた方がいいかもしれません。もしも、訓練費を一括で払ってしまっていたら、返金が面倒かもしれません。

一応、参考になりましたか。
SK

もし、TSA(AFSP)を盾に不条理な対応を取られても、泣き寝入りする事は無いようです。 生徒さんの意思が問題ですね。


なお私は9−11前の古い教官です。 TSAに関しては、殆ど経験はありません。初期の頃にあまりにもルールが変わるので直接、国際電話で聞いた事もあるのですが、彼らも分かって無いと感じました。でも、その程度しか経験は有りません。 教官としての義務的トレーニングは受けいますよ。でも、訓練内容は手続き関係では有りません。

最新のTSA関係は、SKさんか貴方が選ばれる学校に問い合わせて下さい。 SKさんの訓練校は素晴らしいと思いますし、他にもPropさんやKiyoさんの様に良い教官も居ます。学校選びは、各自で行なって下さいね。 訓練校に関しては皆さんの判断ですが、人種差別的な事は我慢がなりませんので、SKに実際の所を教えて頂きました。

(2012-03-28での情報)

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。