HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Time Zone アメリカは広い

アメリカは広くて、本土だけでも時差が有ります。ハワイ、アラスカなど離れた所を別にしても、4つの時間帯(時差)があります。
西から Pacific(太平洋), Mountain(山岳地帯), Central(中央), Eastern(東部)と本土だけでも4つの時間帯があります。飛行機の世界では世界中の時差を考えて、世界標準時間で運営されています。 ATISやMETARの天気類、ATCの管制などは全て世界標準時を使っています。これはアメリカだけでなく、日本にも他の国でも殆どで使われています。筆記試験では図の左下に時間帯が明記されているので、記憶する必要はありません。 まあ飛行される所の時差ぐらいは覚えておいた方が良いでしょう。

世界標準時間は、色々な呼び方があります。 ATCで一番多いのはZuluと最後に付けます。 英語名ではCoordinated Unversal Time, Zulu Time, Greenwich Mean Time, World Standard Time, Greenwich Time, GMT, UTCと色々と有りますが、意味は同じです。 表記では単に「Z」と書く時が多いです。(例 12:34Z)

Summer Time:
アメリカの多くの州では、夏場にSummer Time制度が導入されています。 これは日照時間の長い夏場に時計を一時間ずらしています。 夏場は朝早くから太陽が昇るので、一時間時計を進めます。 (例:普通なら6時AMなに7時AMにする。) 早い時間からでも行動が行えるようにし、夕方〜夜は少しでも明るい時間を増やそうと言う考えです。 ですから夏場は夜の8時でも、明るいです。(実際は7時なんですけどね。) 朝が一時間短くなるので辛いですが、数日で慣れます。 逆に秋は。Summer Timeが終わると、毎朝一時も得した気分になります。 

Summer Timeにも歴史がありまして、現在では何故かSummer Timeの方が標準時間より日数が多いんです。(2008年は3月9日からSummer Timeで11月2日に終わります。) 2005年度の法律の改正でSummer Timeは3月の第二日曜日から11月の第一日曜日までと決まっています。 そして、必ずSummer Timeを設ける義務は無く、その州・地域で選ぶ事にもなっています。まあ殆どの地域がSummer Timeを導入してますけど。今の所、Hawaiiではありません。世界を見ると有ったり無かったり、そして国によっても開始・終了日時は違います。

この「Summer Time」は「Daylight Saving Time」とも言います。略して「Daylight Time」もあります。 冬場の普通の時間はStandard Timeと言います。日本なら一年中時間が同じなので、ずっとStandard Timeです。 (JST,Japan Standard Time) 

Written Examで時差の問題が出題された時:
色んな方法が考えられるのですが、その分は逆に頭の中で混乱するので、必ずUTC,世界標準時間に変更してこの種の問題に答えましょう。UTCで考えると決めてください。 これほど簡単な問題は無いのに、混乱すると無駄に点数が減ってしまいます。

実際のFAAの問題での説明! Private Pilot 問い187-188を使って見ました。

世界標準時・現地時に変更する方法。 
世界標準時にするなら、アメリカ本土ではその地域の時差を足し算(Add, +)して下さい。
ATCでは殆どの場合が標準時のZulu Timeです。 アメリカで飛行するなら、Zuluと言われた時は引き算(マイナス)にすると現地時間になります。
時差に関しては左したの図も問題集に出ているので、そんなに苦労する必要もありません。
またアメリカで訓練される方は、その地域の時差を頭に入れて、時間を「Z」で告げられたら、直ぐに引き算をして現地時間に直した方が良いですよ。

上から、東部(Eastern、東海岸)、中部(Central)、山岳部(Mountain)、太平洋(Pacific、西海岸)となります。Standard Timeは冬場の普通の時間帯で、Daylight Timeは Summer Timeとも呼ばれ夏場の時間帯になります。 また頭文字を取って EST(一番上)、PDT(一番下)と略して書きます。
例: Central Time Zoneのシカゴで、正月シーズンなら現地時間が09:20なら、 09:20CSTとなります。 また夏休みにカルフォルニアに遊びに行って、時間が19時20分なら、 19:20 PSTとも表記します。

筆記試験に時差の問題が出れば、問われている現地時間を世界標準時に変更(足し算)して、そして飛行時間を足しましょう。 そして問題をよく読んで必要なら到着地の時差を見つけて、その分を引き算します。 問題によっては世界標準時で何時か?とも聞いてくる問題があるので、何を聞かれているのかを明確にしてください。

(なお日本では、世界時, Zulu Time, に足し算をすると現地・日本時間になります。)

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。