HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Aircraft Classification

航空機って何? 航空機の分け方は?

航空機とは、人間が空を飛ぶ乗り物を指します。 (厳密には航空法(FAR)で定められた乗り物です。)
最も一般的なのが飛行機と呼ばれる物で、セスナ、ジャンボ機、ヘリコプター、気球の様な物が一般的に考えられるでしょう。
色々と有り特徴の違いも大きく有るので、それを区別する為に、航空法上で分け方・選別があります。それをAircraft Classificationと言います。
Category, Class, Typeと分けることが出来ます。

このClassificationは二通りあります。 一つはPilot(操縦士)の資格、もう一つはAircraft(航空機・乗り物)の区別があります。両方とも同じ名前を使いますが、意味や分け方が違うので注意して覚えてください。

操縦士の資格(Pilot Certification)で区別するのと、 航空機の許可(Aircraft Certification)で区別するとの別々に2つ有ります
その二つの説明をします。Certificationとは「許可する、免許を交付する、認める」の意味があります。

Aircraft Classification
CategoryとClassが有りますが目的で意味が変わります。
詳しくは上記をクリックしてください。

 

計器飛行(IFR)でApproach Categoryと言うのがありますが、これらとは全く違います。
飛行機好きの人が勘違いされているケースをたまに聞きますので、注意して下さいね。
別に間違いじゃ無いのですが、意味が違いすぎて混乱します。PVTなら無視して下さい。

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。