HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Hypoxia and Supplemental Oxygen 酸欠と供給酸素

上空に行くと、空気は薄くなります。  飛行機の性能も落ちますが空気が薄い分、酸素が少なくなって頭に行く酸素の量が少なくなります。
脳や体に行く酸素が不足する状態を酸欠、Hypoxiaと言う状態になります。 これは人や調子、喫煙、疲れによって、さまざまな状態になりますが、 間違いなく脳の機能は低下します。

疲労、眠気、疲れ、頭痛、視野の制限などを感じる人も居ます。もっと薄くなると、意識を失ったり死亡に至る時もあります。 酸欠と言うのは脳の機能障害があるので、感じていてもそれを異常と感じない人も居ます。 何故か凄く気分が良くなってると感じる人も居ますが、これは脳の機能が低下して勘違いしている状態です。 ある意味かなり危険です。 また、高度によっては最初の数分から数秒は何も起こりませんが、急に影響をおぼよす場合もあります。

酸素量の低下で人間に与える影響の一覧(例)

  1. 呼吸が速くなる。 Increased Breathing Rate
  2. フラフラする気分、目が回るようなくらくらした気分 lightheaded, dizzy
  3. ちりちり、ひりひりする様な感覚とか暖かい感触 Tingling, Warm Sensation
  4. 汗、発汗 Sweating
  5. 眠気 Sleepiness
  6. 視野が狭まる Reduced Visual Field
  7. 爪、唇、皮膚が青ざめる。 Blue Coloring
  8. 行動が変わる Behavioral Change
  9. 気分が良くなったと勘違いする。 Euphoria

まともな意識のある時間 Time of Useful Consciousness

  • 22,000 feet 5分から 10分
  • 25,000 feet 3分から 5分
  • 28,000 feet 1.5分から 3分
  • 30,000 feet 1分から 2分

酸欠、Hypoxiaは操縦士や乗客だけに危険を与えるのでは無く、多くの者に迷惑を与えるので ある一定の高度以上では法律でSupplemental Oxygenの使用を義務付けています。

右の写真は、日本のBonanza-A36に付いていた携帯サイズ(たぶん普通サイズ)のSupplemental Oxygenのボトルです。機長席に付いているので操縦士様かな。Headsetはオマケです。

注意:Supplemental Oxygenの訳なんですが、実は分かっていません。供給酸素と訳してますけど実際は違うかもしれません。 酸素装置とは出ているのですがOxygen Systemの事でちょっと違うなかなと思っています。酸素供給が正しいかも知れませんが、今の所不明です。分かれば訂正しておきます。

次は、FAR 91での酸素使用義務について

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。