HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Indicated Airspeed と高度の上昇

速度計は前から来る空気の圧力を測定して居ますので、空気の薄い上空に行くと同じ速度でも、圧力が下がり、表示速度が遅くなります。
さて、その様な場合、計器が示すStallするIndicated Airspeedはどうなるでしょうか?

As altitude increases, the indicated airspeed at which a given airplane stalls in a particular configuration will
A) decrease as the true airspeed decreases.
B) decrease as the true airspeed increases.
C) remain the same regardless of altitude.

ある一定の飛行体勢で、高度が増えると飛行機が失速する指示対気速度は
A) 真対気速度が減るので、減少する。
B) 真対気速度が増えるので、減少する。
C) 高度に関係なく同じである。

ある一定のConfigurationで、高度が増えると飛行機が失速するIndicated Airspeedは
A) True Airspeedが減るので、減少する。
B) True Airspeedが増えるので、減少する。
C) 高度に関係なく同じである。

高度が変わると、飛行機が失速する実際の速度も変化します。それは 空気の密度の変化が理由なのですが、 速度計もその空気の密度の影響を受けるので、 表示速度には変化が出てきません。 実際は変わるけど、それを表示する速度計も同じ影響を受けるので、計器上での変化は無いのです。


Configuration 飛行体勢、 この場合は脚の出し入れ、フラップの位置などを指しています。
Indicated 計器が示す物、数値 (例: Airpseed、 Altitude)
True 本当の、 この場合は実際の数値(速度や高度など)
Regardless of xxxに関係なく

Static Instrumentsに関してのページ

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。