HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Aircraft and Transponder Inspection 点検

航空機に必要な点検は、Annualと100-Hourと言うのがあります。 どの航空機にも必要なのがAnnual Insepctionと言って一年に一度必要な点検があります。乗客を運ぶ事業用や訓練用に使う航空機(私達の多く)では100時間毎に点検が必要となります。

  • Annual Inspectionは飛行する日(その月)から遡って12 Calender Month以内に必要となります。(End of the month)
  • 100 hour Inspectionはエンジンのタコメーターを見て、遡って100時間以内に点検が必要となります。(Carrying Passanger for hire OR Instruction)
  • Annual Inspectionは100 hourの代わりにもなります。が、100 hrはAnnualの代わりにはなりません。 
  • また100 hourが何らかの理由で遅れた場合は、次の点検は遅れた分、早くやる必要が有ります。(遅らせても、次のは元々の定時にする必要があります。 遅らせても将来に遅らせる事は認められないのです。)

これらのInspection、点検は航空機のMaintenace Recordに資格を持った整備士からの記入が必要です。内容は「Inspectionが適切に終わり、必要な修理や保守を行った。 そして飛行しても安全、"Approved Return to Service"」の様な内容が記入され、そしてその整備士のサインが必要となります。私達が操縦する小型機では、このMaintenance Recordとして、Engine LogbookとAirframe Logbookと言う2冊の整備日誌が多く使われます。

また100 Hour Inspectionを受ける為に、飛行が必要な際は、10時間までその時間を超える事ができます。 もし、この特例の10時間を使った場合は、次回の100時間からその分を引かなくては行けません。 (もし点検が103.5時間目に行われた場合は、次回の点検が96.5時間目までにとなります。 注意点は点検を受けるためのEn-Routeとされているので、訓練には使えません。)

Annual Inspectionは100 hour Insepctionの変わりにもなりますが、 100 hourはAnnualの変わりにはなりません。 Annualと100時間の内容は同じですが点検を行える者の資格が違います。 100時間は整備士の資格(A&P)を持っている者なら出来ますが、 Annual Inspectionは「IA、Inspection Authrization」と言う資格をもった整備士で無いと許可を出す事ができません。 (Annual Inspectionですが、Annual Condition Inspectionとも言われます。)

個人で所有し、個人で飛行するなら100時間点検は必要ありませんが、オイルやフィルターの交換、プラグの調節などがありますので、末長く使う場合は必要が無くてもお薦めです。 特にオイル交換は重要です。 1時間ぐらいなら大丈夫でしょうけど、10時間以上を超えてしまうとエンジンの磨耗が半端じゃありません。 また50、100、200時間ごとなど定期的な点検が義務付けれれて居るAD (Airworthiness Directive)がある場合もあります。

整備後のに必要な事

FAR 91.407 Operation after maintenance, preventive maintenance, rebuilding, or alteration.

航空機に対して整備(保守、修理、改造・・・・)を行なった場合は
1. 有資格者(FAR43.7)から、飛行しても良いよと許可をもらいMaintenance Recordにその内容とサインを書いて貰う必要があります。 (内容はFAR 43.9 or 43.11に従う必要があります。 まあ、FAR 43に関しては整備士が知ってるでしょう)

2. また、飛行特性を変えてしまう様な整備を行なった後は、乗客を乗せる前に必ず、その航空機に対して最低でもPrivate Pilot Certificateを保持している者が、テスト飛行を行い、安全に飛行できる事を確認する必要があります。

  • 整備と言う日本語をここでは使ってますが、アメリカのFARではmaintenance, preventive maintenance, rebuilding, or alteration
    もしくはmaintained, rebuilt, or alteredとなります。
    • Maintainance 保つ事、整備
    • Preventive maintenance 軽微な保守 (Owner Private Pilotが出来ること)
    • Rebuilt 作り直すこと、 壊れた物や、分解された物を元に戻す事
    • Alter 改造、 違う形へ変える事
  • FARには Approved to return to service、単にReturn to Serviceと言う言葉があります。 これは、飛行しても良いよとか、航空機の使用を認めるって意味です。 基本的には整備士 A&Pが行ないます。
  • またMaintenance Recordと言うのがありますが、これは整備日誌の事を示します。 訓練機や私達が乗る様な飛行機にはAirframe LogbookとEngine Logbookと二つに分けてMaintenance Recordとしている場合が大半です。 
  • 試験の前、出来れば単独飛行の前には一度ぐらい見て見て下さい。 現実では任せっきりの場合が多いですが、本当は操縦士にも確認の義務があります。 試験でも「見せて」と言われる場合があります。 単に日誌でなく、内容をです。
  • Owner or Operatorに求められる事: 複数有りますが、特に大事なのは (航空法でも義務づけられてます。)
    • Airworthyな状態に保つこと
    • 全てのAD(Airworthiness Directive)に従う事
    • 整備が行われた後には、必ず内容がMaintenance Recordに正しく記載された事を確認する。

安全に飛べる状態を「Airworthy」と言う言い方があります。 法律的な単語でもあり、色々な説明が有ります。 少なくとも、私らはAirworthyな飛行機しか飛行は認められていません。 Airworthyの説明はこちらへ


ATC Transponder Inspection

トランスポンダーも点検、Inspection and Testが2年に一度必要となります。 これは飛行する日(その月)から遡って24 Calender Month以内に必要となります。もちろん使わなければ点検の必要はありませんが、このご時世、トランスポンダーが必需品の様な世の中です。 また皆の命の為にも点検は必要です。

例: 2009年9月1日にTransponder Inspectionが行われ、認証されれば、次の点検は2011年9月31日までに行う必要があります。



Calender Monthって何?

これは、日数の計算方法の一つでアメリカの航空法でよく出てきます。日本語では「暦月」と辞書には書かれています。 これは月単位で試算する時に使われます。何年何月まで考えますが、何日までは対象外となります。 Calender Monthと指定されてい時は9月1日でも9月30日でも同じ様に扱われます。

例えば、Annual Inspectionが今年の7月12日に行われると、有効期限が翌年の7月の終わりまで有効となります。 この場合は7月31日です。
また”Preceding 24 Calender Month”と言う書き方もされています。これは飛行しようとする日から「遡って」と言う意味になります。 もし、2008年12月15日に飛行しようとするなら、2006年12月01日以降にあればOKと言う意味です。(15日でなくその月初めの1日からです。) Transpoder Inspectionはこの24ヶ月です。例えば2009年の9月1日にテストを行えば、2011年の9月末日、31日まで有効です。(2008年現在、航空法が変わったら別ですがその時はご理解を)


ここまで書いてきた事は私達が飛行する航空機のクラスの事で、旅客機などは違う点検のプログラムが可能で使われていますが、ここでは範囲外ですので省きます。と言うか本音は、そんな飛行機を操縦した事も関わった事もありません。将来、あなたが大型機に乗る事があれば教えてくださいね。

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。