HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Radar Summary Chart

このチャートはアメリカ本土での各気象レーダーからの情報を、コンピューターでまとめてチャート(図)にしたものです。 この特徴は、他のチャートでは分らないThunderstomのCellやLineの位置や動きが分ります。 これは実際にレーダーで観測した内容は

  • Precipitation Type 降雨の種類 (他の気象チャートでも見る事が可能です。)
  • Intensity 降雨の強さ
  • Coverage 範囲
  • Movement 動き (以前はありましたが、現在はTRENDは表示されていません。)
  • Echoes エコー 気象レーダーが受け取った反応
  • Maximum Tops 最高高度 降水の頂上は分かっても、雲の底や高さは(CeilingやCloud Tops)は分りません。

注意: Radarは雨や雪(Precipitation、降水)など、やや大きめの水滴を感知します。しかし、雲や霧などは感知できません。

チャートの説明と言うか、Radar Summary Chartの読み方

実際にあったRadar Summaryのチャート2009-03-29、NOAAのサイトから

ここをクリックして、North American Plotをクリックすると最新のが見れます。 NWS Radar Summary Fax Charts
(2009年3月では、私のPCで見ると逆さまになってました)

このチャートはPrecipitationの範囲を確かめる為のPreflight用の図です。 CloudやFog、Frontの位置は書かれていません。この図では危険な位置は分かっても、細かい天候までは分りません。 この図だけでは無く、他の気象情報や資料も参考にする必要があります。

Radar Summary Chartの読み方


HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。