HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Attitude Instrument Flying and Flight Instrumet for IFR Written

IFR筆記試験向けに、Attitude Flyingを考えて見たいと思います。 実際の飛行では、ここの事に書かれている事以外に色々と検討する事があります。 ここに書かれている事は、間違いなくヒントにはなります。そして、間違い無く飛行訓練のサポートにはなります。でも、これだけで計器飛行が出来る分けでも有りません。また飛行教官によって教え方や飛行方法が違うので、必ず飛行教官の指示に従って飛行してください。正しい飛び方は一つではありませんが、必ず基礎になる物を作って下さい。 ここは、 筆記試験用と思って読んで下さい。

Instrument Flying (外を見ずに計器だけを見て飛行する方法) では複数有る飛行計器を正しく読み、解析する必要があります。 
  Fundametal Instrumet Skillにあった、Cross-Check (Scan), Interpretation, Aircraft Controlです。
Insrument Flyingでは PitchBankそしてPowerの3つの状況を把握して、それを元にコントロール(制御・微調整・変化)して飛行する事になります。 

この3つの状態を知る為に、計器を3つのグループに分けてます。(複数のグループに属す計器もあます。)

Pitch Instruments 機首の上下を表示する

  • Attitude Indicator
  • Altimeter
  • Airspeed Indicator
  • Vertical Indicator

Bank Intrsuments バンク角度、左右の傾き、方向を示す

  • Attitude Indicator
  • Heading Indiator 
  • Turn Coordinator

Power Instruments エンジン出力を示す

  • Manifold Pressure Gauge (間接的にエンジン出力を表示する、Constant-Speed Propeller。C-152/172には無い)
  • Tachometer (エンジンの回転計)
  • Airspeed Indicator

パイロットがピッチの状態(高度)に関して知りたい時は、上記のPitch Instrumentを見ます。 バンク角や方向を知りたい時はBank Instrument、そしてエンジン出力についてはPower Instrumentを見ます。 (まあ、見るというより、確認と調節かな)

 

Primary and Supporting Instruments

操縦中に、基本となる計器を「Primary Instrument」と言います。 そして、その計器を補助するのを「Supporting Instruments」と言います。水平飛行だけでなく、上昇下降、旋回、そして、それらの組み合わせがあります。 色々な状態に応じて、中心となるPrimary Instrumentが変わります。そして、それに合わしてSupporting Instrumentも変化します。 基本的にはPrimary Instrumentは、表示が変化しない様に操縦します。(一部に例外はあり)

例えば、、、、
平行飛行や方向を変えない飛行では「Bank InstrumentのPrimary」となるのは、Heading Indicatorです。 Scanをする時はAttitude Indicatorが中心でしたが、Bankの詳細な状態や情報を得るにはHeading IndicatorがPrimaryとなります。 Attitude Indicatorでは細かい変化が分りません。Turn CoordinatorもCompassもです。 Bankコントロールが上手く言ってるかを見るにはPrimary InstrmnetであるHeading Indicatorを見ます。 この計器が変化しない場合は、Wingはレベルで、眼には見えないレベルでもバンク角度が0になっていると分ります。1度のバンクでもあれば徐々にHeadingは変化しますが、Atiutde Indicatorでは表示される事はありません。 

旋回中に方向が変わる様な時はPrimary Instrumentは変わります。旋回中に刻々とHeadingが変わる時はHeading Indicatorは重要度が減り、他のBank InstrumetがPrimaryに変わります。

例2
同じ様に、、、、高度が変わらない飛行の場合で「Pitch InstrumentのPrimary」はAltimeterです。正しいPitch角度を保って居れば高度が一定になるので、Altimeterが一定であれば、Pitchが正しいと分ります。 Attitude IndicatorはScanの中心となる計器ですが、 水平飛行でのPitchの細かい状況はそれだけでは分りません。逆にAltimeterやVSIが無いとAttitude Indictorの正しさが分りません。

飛行中はAttitude Indicatorで、飛行機の姿勢が大きく狂って居ないかを確認します。そして、AltimeterとVSIを見て、Pitchの調整が必要かを見ます。またその二つの計器でAttitude Indicatorの正確さも確認します。(燃料、Power設定、乗客や荷物の移動でPitchが変化しますがAttitude Indicatorでは変化を見る事が出来ないので、高度計やVSIで確認します。)

Primary and Supporting Instruments
        Pitch Bank Power
1 水平
飛行
Stright-and-Level
水平飛行
Primary Altimeter 高度計 Heading Indicator Airspeed Indicator (速度計)
Supporting Atitude Indicator (姿勢計) 
Vertical Speed Indicator
Attitude Indicator
Turn Coordinator
RPM and/or MP
2

Airspeed Change in S-and-L
水平飛行中に速度を変化させる

Primary Altimeter 高度計 Heading Indicator

RPM and/or MP、
そして目標速度に近づくと
Airspeed Indicator。

Supporting Atitude Indicator (姿勢計) 
Vertical Speed Indicator
Attitude Indicator
Turn Coordinator
------
3 旋回 Establishing a level Standard Turn
スタンダード・ターンに入る
Primary Altimeter 高度計 Atitude Indicator (姿勢計) Airspeed Indicator (速度計)
Supporting Atitude Indicator (姿勢計) 
Vertical Speed Indicator
Turn Coordinator RPM and/or MP
4

Stabilized Standard Rate of Turn
スタンダード・ターン中

Primary Altimeter 高度計 Turn Coordinator Airspeed Indicator (速度計)
Supporting Atitude Indicator (姿勢計) 
Vertical Speed Indicator
Atitude Indicator (姿勢計) RPM and/or MP
5 Airspeed Change in Level Turn
旋回中に速度を変える時
Primary Altimeter 高度計 Turn Coordinator RPM and/or MP、
そして目標速度に近づくと
Airspeed Indicator。
Supporting Atitude Indicator (姿勢計) 
Vertical Speed Indicator
Atitude Indicator (姿勢計) ------
6 上昇 Level to Constant airspeed Climb
水平飛行から定速度の上昇に変える時。
Primary Airspeed Indicator (速度計) Heading Indicator RPM and/or MP
Supporting Airspeed Indicator (速度計)
Vertical Speed Indicator
Attitude Indicator
Turn Coordinator
Airspeed Indicator (速度計)
7 Straight Constant Airspeed Climb
安定速度での上昇飛行
Primary Airspeed Indicator (速度計) Heading Indicator RPM and/or MP
Supporting Attitude Indicator (姿勢計)
Vertical Speed Indicator
Attitude Indicator
Turn Coordinator
Airspeed Indicator (速度計)
8 Entering Constant Climb as power added
エンジン出力をパワー増して、
上昇率が一定の上昇飛行に入る時
Primary Airspeed Indicator (速度計) Heading Indicator RPM and/or MP
Supporting Airspeed Indicator (速度計)
Vertical Speed Indicator
Attitude Indicator
Turn Coordinator
-----
9 Straight, Constant Rate, Stabilized Climb
上昇率を一定にしての上昇飛行
Primary Vertical Speed Indicator Heading Indicator Airspeed Indicator (速度計)
Supporting Airspeed Indicator (速度計) Attitude Indicator
Turn Coordinator
RPM and/or MP
0 下降 Desent (Constant Rate)
率を固定しての下降
Primary Vertical Speed Indicator Heading Indicator Airspeed Indicator (速度計)
Supporting Attitude Indicator (姿勢計) Attitude Indicator
Turn Coordinator
-----



RPM and/or MP  
回転計(タコメーター)かManifold Pressure
Fixed Pitch Propの場合は回転計(タコメーター)、 
Constant Speed Propの場合はManifold Pressure Guageになります。
エンジン出力が表示される計器を見て下さい。

 

筆記試験の問題には、Primary や Supporting Instrumentの問題が多数有ります。 上記の表を丸暗記すれば、好成績を残せるでしょう。 しかし、丸暗記せずに、「どうしてPrimaryになるか?」と考えて下さい。 そしたら暗記をしなくても勝手に答えが出てきます。 どの計器にも、飛行にも意味が有ります。 それを考えるだけでも、計器飛行の技術が爆発的に伸びます。

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。