HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Segmented Circle 滑走路のパターンはどっち?

Segmened Circleの見本空港に着陸する際、皆が好き勝手に飛行すると誰がどこに居るのかが分らなくなるので、ものすごく危険になります。それでなくても空港の周りは飛行機が多いので危険性が高くなります。その為にRunway、滑走路の回りにはTraffic Patternと言うものが設定されています。 (詳しくはATCのページで

このTraffic Patternは一本の滑走路で、右旋回と左旋回と二つ考える事ができます。 「どっちでも良いよ」って空港も多いですが、地上に住んでいる人や学校、病院の迷惑にならない様にと方向が決められている場合もあります。 これは他の空港、滑走路や障害物に影響する事もあります。 ここで説明するSegmented CircleはこのPatternの方向を示してくれるものです。

Segmented CircleSegmented Circleの見方
見方と言うか、覚え方は色々とあるでしょうけど、どれでも同じなので一番覚えやすい方法で、理解してくださいね。

  ・点線の円が空港を示していると想定してください。
  ・そして鍵の様な「L−型」が滑走路のBase と Final を示しています。

  ・円形の真ん中には、風の向きを教えてくれる、吹流しなどがあります。 
     (Wind Cone, Wind Sock や Wind-T, Tetrahedronと言う物があります。)

管制塔が居ない空港(Non-Tower Airport)では、通常空港の上空を飛行して、このSegmented Circleとこの吹流しなどを見て、着陸する滑走路、方向そしてTraffic Patternを決定します。

Segmented Circleの例

もし、空港に上の様なSegmented Circleが設定されているとすると、右の様な事が考えられます。

鍵の向きを参考にすると、滑走路が垂直に2本有ると想定できます。右の滑走路は適当に書いたもので実際は「+」よりも「L」の形に近いかも知れません。

この図の場合でしたら、南北の滑走路は
   北に向って飛行する際は左旋回のパターンで、(Runway 36, Left Hand Traffic)
   南に向って飛行する際は右旋回、(Runway 18, Right Hand Traffic)

東西の滑走路は
   西に向って飛行する際は右旋回のパターンで、(Runway 27, Right Hand Traffic)
   東に向って飛行する際は左旋回、(Runway 9, Left Hand Traffic)
以上の様にTraffic Patternが設定されています。

上の図を見ると、Wind Cone吹流しの向きで風が左上(北西の風)から吹いているとわかります。風が吹くと、大きな口から細い先端に向かって空気が流れます。 上記の場合でしたら、右からの横風でRunway 27 か 左からの横風で36 Left Trafficを使うことになります。
(Runway Numberは推測ですので、状況に合わせて下さい。)

ここで考えられるのは、
右下(南東)の地域には学校や民家、障害物の存在が有るのか、空港の南東は飛行しない様にと推測する事も簡単に推測できます。

その2の例として

Segmented Circle and Wind Sock
Segmented Circle と Wind Sock

次へ

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。