HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

AROW ARROW 飛行機に必要な種類

航空機を飛ばす時、 飛行機自体に乗せておかなく必要が有る書類は? (Documents and Redords, Mus be aboard, be carried)

AROW (もしくはARROW) と呼ばれている書類があります。 

  • Airworthiness Certificate (Must be displayed 見える様にしておく必要がある) 耐空証明書  リンク
  • Registration Certificate 登録書、持ち主を証明する物
  • Operating Limiations 運用限界が書かれている物。 Pilots Handbook, Placardなど、その航空機の制限や限界、手順が書かれてる物 リンク
  • Weight and Balance Data その航空機の重量と重心位置が記入されている。 これが無いとWeight and Balanceの計算が出来ない。

以上が、航空機を飛ばす時に必要なく、その航空機自体の書類や記録です。 頭文字を取って AROW と覚えます。 昔は矢印の「ARROW」でしたが、今はRが一つ減って、「AROW」になってます。

以前にあったもう一つの「R」はRadio Station Licenseと言いまして、無線機の免許でした。 FCCと言う所が管理してました。 
それを含めて「矢印のスペル、ARROW」でした。 今でも国境を越えるフライトには必要になるそうです。。。 その場合は

  • Airworthiness Certificate (Must be displayed)
  • Registration Certificate 登録書
  • Radio Station License 無線局としての許可書。 FAAでなくFCCの管理下。 国際飛行で必要
  • Operating Limiations 運用限界が書かれている物。 
  • Weight and Balance Data

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。