HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Private Pilot Ground School モドキ

C. PERFORMANCE 性能

  1. Performance and density 飛行機の性能 と 空気の密度
    1. Airplanes' performance determined by air density.  飛行機の性能は、空気の密度で決まります。
      • More Air Density = More Lift & More Power 大気密度が高い = 揚力と出力の増加
        空気の粒が多いと、翼型がより多くの揚力を作り、エンジンは空気が多いので出力も増加します。その為に空気密度で航空機の性能が決まります。
    2. The density of air is decreased by following condition 下記の状態で空気の密度が減ります。
      • High Altitude or Low pressure 高い高度 (低い気圧)
      • High temperature 高い気温 (粒子の動きが活発になり、密度が下がる)
      • High humidity 高い湿度 (水分の分子の方が軽い)
    3. Low density = Low performance 低い密度 = 性能の低下
  2. Density altitude
    • Aircraft performance in Standard Atmosphere expressed in altitude to have better idea.
      密度高度を知る事によって、航空機の性能は標準大気の状態なら何フィートかになるか?と分る。
      • to know aircraft performance 航空機の性能を知る為
    • Standard atmospheric condition.  標準大気とは
      • At sea level = 15 degrees C, 29.92 in Hg. 海面で15度C、気圧29.92 inch Hg
      • Temperature = -2 degrees C/ 1000 ft (about) 1000 feet毎に2度C低下する。(標準)
      • Pressure = -1 in Hg/1000ft (about) 1000 feet毎の上昇で1 inch低下する。(標準)
    • Density altitude Increase = Less Air (density) 密度高度が高いのは、空気が少ない
      • Performance decrease. 性能が落ちる
      • Less Lift 揚力が減る
      • Less Thrust 推力も減少
      • Slow climb 上昇が緩やかになるか、困難に
      • Longer takeoff and landing run 離着陸の距離が長くなる。
      • More accident (High Altitude Airport during Hot Summer) 事故が増大(特に標高の高い空港で暑い夏)
    • pressure altitude corrected for nonstandard temperature. (other way to explain)
      標準気温と実際の気温との差を、気圧高度に反映した高度 (正式的な定義)
  3. Density Altitude Chart  密度高度を求めるグラフ。
    • to determine density altitude with Pressure Altitude and Temperature
      気圧高度と気温から密度高度が分る。 (気圧高度は高度計を29.92にセットして読み取る)
    • to predict performance of an aircraft on given day.
      航空機の性能を予測する為
  4. Pressure Altitude 気圧高度
    • Indicated Altitude corrected for nonstandard pressure.
      標準気圧と実際の気圧差を、高度計の表示高度を反映させた数値
      実際のAltimeter Settingに関わらず、29.92にセットした時に表示される高度。
    • to determine the density altitude (and other performance of an aircraft)
      密度高度を求める時に使う。 (航空機の性能表を見る時にも使う場合がある)
    • Transponder Mode C and Flight Level use pressure altitude
      トランスポンダーのMode-CやFlight LevelはPressure Altitudeになります。
  5. Performance Charts and Tables  性能表のチャートや表を読める様に。
    • Take off distance chart 
    • Landing distance graph
    • Landing distance table
    • Cruise power setting
  6. Cross Wind Component Chart 横風成分を求める時に使用する。
    • on Landing in Strong Wind
 
HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。