HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Carburetor 燃料と空気を混ぜよう

小型飛行機の代表的なキャブレター、Carburetorキャブレターとはガソリンと空気を混合して、エンジンに燃料を送り込む大切な部品です。。 

また混合気の量を調節して、エンジン出力を調節したり、液体であるガソリンを気化させたりもしています。また飛行機では空気の薄い上空でも飛行しますので、燃料が多くなり過ぎないように、燃料の量を調節する仕組みもあります。またキャブレター内部の氷を溶かす機能もあります。

  • 燃料と空気を混ぜる = Carburetor
  • エンジン全体の出力調節 = Throttle
  • 混合気の比率調節 = Mixture Control
  • 氷を溶かしたりする物 = Carburetor Heat
  • フィルターの目詰まり時の予備 = Carburetor Heat

殆どの飛行機ではキャブレター、Carburetorはエンジンの下に付いています。回りに色々な部品が有るので見難いですが、ピンクの矢印で示している物です。下の写真はCessna-152ですが、赤い矢印が示す機首の下側にフィルターが付いています。キャブレターはここから取り入れられた空気を使います。 ですからNose Gearの隙間から内部を見てFilterの方を見てください。そのちょっと上に付いています。仕組みの説明

 

「Carburetorの仕組み」について私流の説明
FAAの本に出ているイラスト
Carburetorの写真を大きくしてみる。ちょっと説明あり

Carburator Icing について
Mixture Controlについて (他のセクションへ)

Air Fliterについて

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。