HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Weight and Balance Calculations 重量と重心の計算

飛行機は安全に飛行出来る様にと、「重量制限、 Weight」と「重心の位置、 Center of Gravity CG」に制限があります。 また毎回のフライト前にはこのWeight and Balanceの計算が義務付けられています。。。。 皆さんは訓練の前に、計算はされてますか? 本当は、する必要があるんですよ。

知らずに飛行されている方が多いと思いますが、C-152なら大きな人間2人では飛行する事は無理です。またC-172でも3人が限界でしょう。まあ小柄な日本人なら4人でも大丈夫な時が有りますけど、体重の重たい人間が2人居れば、燃料を減らすなどしないと3人でも安全に飛行が出来ない場合もあります。

POHのSedtion 6はWieight and Balanceのページと決まってます。
POHのSection 6がWeight and Balanceのページです。

 

飛行機の重量
飛行機が軽い事には大きな問題は有りませんが、重量オーバーの場合は、色々な悪影響が有ります。 常識で考えて頂ければ簡単には分ると思います。

離着陸距離が長くなる、上昇性能が悪くなる、 障害物を超えられない、 失速しやすい、パンクする可能性が増える、ブレーキが効かない、 最悪の場合は離陸が出来ずに滑走路から飛び出る、等と色々な問題が考えられます。 

飛行機にはMaximum Takeoff Wright, Landing Weight, Ramp Weightなどが各航空機に設定されています。 エンジンを始動する前には、必ず重量を確認して下さいね。 (重量制限に関する単語・用語はこちらへ。

飛行機の重量を計算するページ

 

重心位置の問題
飛行機は重量だけでなく、重心の位置も大事になってきます。 あまりにも重心が前に有ったり、後ろにあったりすると安全に飛行する事ができません。 安全に飛行出来る様に、各飛行機にはCG Limitと言って安全に飛行できる範囲が決まっています。 ここでは、重量と重心の計算について述べます。 

CG位置の問題とかは、別のページや、貴方のテキスト、教官と確認して下さい。 (重心位置に悪影響に関してはこちらに少々

重量位置を計算で求める方法

 

次へ

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。