HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Special VFR (SVFR) 特別有視界飛行方式

What? Special VFRって何ぞや?
Class-D以上の空港とClass-EがSurface、地上から始まってる空港は、VFR Weather Minimum(VFRでの最低飛行条件)以下でもVFRで合法的に飛べるのをSpecial VFRって言います。 その時の条件(SVFR Weather minimum)はVisibilty 1 statute mileとClear of Cloudです、(視程1マイルと雲に入らなければOKです。通常のVFRなら3 miles & Ceiling 1,000 feet AGL or more)

Special VFR Weather Minimum = Visibility 1 Statute Mile AND Clear of Clouds

この様なControlled Airspace(管制された空域、管制官が居る空域)にある空港を普通にVFRで飛行するには、Visibility 3 miles以上 と Ceiling 1,000 feet AGL 以上が必要になります。(空港でのBasic VFR Weather Minimumです)。 これはCeiling(雲の層)の下を飛行して通過する際にもです。(FAR 91.157) その天候以下でも、同じ航空法では、特別な許可(Clearance)ってを貰えば、特例で飛行させてくれます。 それをSpecail VFRって言います。(略してSVFR、 日本語では特別有視界飛行方式) そして、Flight Planも必要は有りません。

注意: Special VFRは合法でも危険なので私はお勧めしません。

理解が難しいと言う事で、ちょっと文章を買えたページ

Tower空港ではTowerの制官がIFR機や他のSVFR機との遭遇に問題が無いと判断されれば、SVFRって事でVFRでの飛行を認めてくれます。通常では一つの空域で一機が基本です。天候にもよりますが、霧等の場合は離陸してしまえば、上空が晴れている時が結構多いのです。(もちろん雨が降って居る時は、上空に行けば雲に入るだけなので、お勧めは出来ません。まあ雲がホンの一部だけだと判断される時や近距離に有効ですが、広範囲で悪天候なら逆に危険なのでお勧めはしません。)

このSVFRの目的はIFRの航空機を安全に飛行させる為で、余裕があれば特別にVFRで飛行を許可する為のオマケです。その為、IFR機に優先権が与えられています。 忙しい空港だとSVFR機には我慢が必要ですよ。 基本的には一つの空域に一機の航空機となってますが、RadarやTowerなどの装備によっては、複数認められる場合があります。 Non-RADARでは、まず一機だけです。

SVFRはPilot Requestのみです。 ATCやTowerが無理にさせたり、勝手にSVFRのClearanceを出す事はありません。(もし、リクエストもしていないSVFRの許可が出れば、管制官の勘違いか、英語が変に通じたのでしょう。) SVFRは安全とは言えませんので、ATCが判断する事はありません。 

SVFRは「操縦士がSVFRでも良いから飛びたい!」と希望をTowerやATCに伝え、
そして、管制官が他のIFR機やSVFR機の状況を見て、SVFRを許可するか、
もしくは、いつ、何処で許可を出すかをを検討します。

Visibility 1 mileとClear of Clodsを守るのと、 そして障害物の回避は操縦士の責任です。(ATCには見えない事なんです。)

もちろん天候が悪いのに気づかずに、VFRでの飛行をリクエストすれば、TOWERがどうするかって聞いて来ます。
ATC: "...... xxx Airport weather is Ceiling 800 Overcast, Visibility 2 miles, (Below VFR Minima) Advise/Say your intensions" ATCに関してはこちら

Special VFRは何処で??


オマケ: Visibility が3miles以上でCeilingが1,000 feet AGL以上であればVFR機が、眼でIFR機を探し出し、避けるのが建前です。
それがVFR飛行である、「See and Avoid」と言う飛び方です。またVFR Weatherの時にでもPilotの判断でVFRでは無理と判断した場合でもSVFRのリクエストは出せます。ただ、他の航空機に影響を与えるので、かなりの確立で拒否されます。

ATC: "... we are in VFR condition, unable to issue SVFR at this time due to other traffic, maintain VFR conditon...." ”Unable”が無理って意味です。
(訳:  VFRの天候なんで、SVFRの許可は他に航空機も居るので出せません。 VFR状態を守って下さい)

ここに、理解が難しいと言う事で、ちょっと文章を買えたページです。 でも肥大化してまた分らんかも。まあ興味があればご参考に。

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。