HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Missed Approach 進入復興

計器飛行アプローチ中、何らかの理由でアプローチを辞めて、やり直す事をMissed Approach 進入復興と言います。
これは結構重要な事柄で、悪天候の時にかなり重要視されますし、事故を防ぐ為にも訓練や試験でも重要項目になります。

Missed Appraochが必要になる理由は、安全に着陸が出来ない事です。 それにはMissed Appraoch Point (MAP, 進入限界点)で滑走路や部分などが見え無いなど、着陸断続できない場合に、Appraochを断念して上昇とやり直しをする事です。 それらには、、、

  • DA, DH, MAPで滑走路や滑走路のライト (Runway Enviroment)が確認できなかった場合
  • IAPで指定されている最低高度でも滑走路が見えない。
  • VisibilityがIAPで指定されているよりも低い。
  • Circling中に雲に入るとかで、滑走路(Runway Cue)が見えなくなった場合、
  • 危険と感じたとき、 (Wind Shear, 急激な高度や速度の変化)、
  • コース間違いに気が付いた、(勘違いもあれば、VORやオートパイロットなどの設定ミスが有るかも。)
  • 滑走路が緊急で閉鎖になったか、先の航空機に問題が生じて着陸できなくなった、
  • VOR, Localizer, GS, DME, ADFなどの故障で、安全性が保てなくなった。
  • ATCからの指示、 (他のIFR機が近づき過ぎたりと、Approachを辞めさす場合があります。)
  • IFRでGo Aroundを行った場合。 (理由は様々ですが、天候がわるいとVFRでTraffic Patternも回れないかも。無理すると危険)

Missed Appraochは訓練で重点的に連取するうちの一つです。 命に関わる事なので、シッカリと覚えてくださいね。

次へ


TOP : 最終判断点 : 飛行コース : Circle-to-land中 : Missed Appraoch後

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。