HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

CG, 重心の位置とStability, 安定性について

万が一、CGがCLよりも後ろに来ている場合 (後方のカーゴに重たい荷物を載せたりした場合) 
Pitch Stabilityが完全に無くなり、逆に物凄く不安定(Unstable)になります。  CLがCGよりも前にある為、飛行機はPitchを上げようとしますので、水平尾翼は上に行く力を作る必要があります。(後ろの水色の矢印)  その様な場合に機首が下がってしまい加速してしまうと、水平尾翼の上に行く力はより強くなって、一段と機首が下がろうとします。 (後ろが上る、機首が下がる。 Tail UP = Nose Down)

機首が上った場合でも、より上に上ろうとするので、ちょっとの変化で飛行機の姿勢が無茶苦茶になり、現実的には操縦が不可能になります。 

            1. Pitchが乱れたら、、、例えばPitch DOWN
            2. 機首が下がるので、加速
            3. 水平尾翼の働きが強くなる。 (後方の水色矢印が大きくなる)
            4. Tail 後ろが上ろうとする。
            5. 一段と、機首、Noseが下がる
            6. もっと加速して、悪循環に。 2番へ
            7. 操縦が極端に困難になるか、操縦不能になる

次へ:   CG Location CGの位置とその影響


Longitudinal Stabilityの原理 FAAの本より

 

最初のページ

Pitch Stability (Longitudinal Stability)

万が一、CGがCLよりも後ろに来ている場合
 
CGの位置は、CLよりも前に。 そして、メーカーが定めた位置にCGが来る様に。
     CGが制限よりも後ろにあると (Aft of CG Limit)
     CGが制限より前に有ると (Front of CG Limit)

CGと速度の関係


 

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。