HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

CG, 重心の位置とStability, 安定性について

CGの位置と飛行機の速度
CGが後ろに行くと、Tail Down Forceが小さくなってしまいます。 その為、翼は通常よりも少な目のLiftで飛行が出来ます。 その結果、Angle of Attackが小さくても十分に飛行が出来るので、飛行速度が速くなります。 またCritical Angle of Attackに余裕も有るのでStall Speedは遅くなります。 ただ、飛行機が不安定になり、操縦が難しく、またStall Recoveryも難しくなるので、CGは余り後ろにする事は出来ません。 

AFT CG = Unstable = Hard to Control = Difficult to recover from Stall and Spin, しかし
AFT CG = Less Tail Down Force = Less Lift = Less Drag = Faster Cruise Speed,  そして
AFT CG = Less Lift Required= Slower Stall Speed

注意: AFT CGではStall Speedは遅くなりますが、 Stallしてしまうと、Recoveryが困難になりますので、安心は出来ません。

逆にForward CGでは Fore CG = More Tail Down Force = More Lift Required = More Drag = Slower Cruise = Higher Stall Speed


Longitudinal Stabilityの原理 FAAの本より

 

最初のページ

Pitch Stability (Longitudinal Stability)

万が一、CGがCLよりも後ろに来ている場合
 
CGの位置は、CLよりも前に。 そして、メーカーが定めた位置にCGが来る様に。
     CGが制限よりも後ろにあると (Aft of CG Limit)
     CGが制限より前に有ると (Front of CG Limit)

CGと速度の関係


 

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。