HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Private Pilot Ground School モドキ

M. WEATHER DATA - 1 全編

    1. Weather Briefing ブリーフィング
      TVでの天気予報やネットで見れる情報は正式な物ではありません。 (FAAが認める方法ならネットでもOKですが)
      1. Getting Weather Data by calling a Flight service station FSSに連絡して気象情報などを得る方法。
        1. Standard Briefing (all information, almost) 殆ど全ての情報が含まれている。
        2. Abbreviate Briefing (to update, supplement, and limited) 部分的な情報。 追加や修正用。
        3. Outlook Briefing (for a flight 6 or more hours later) 6時間以上後のフライト用で、簡略。
      2. when requesting by a phone, tell 電話でブリーフィングを依頼する場合は
        1. yourself as a pilot (N-Number or Your name if no N-Number yet) パイロットである事を告げる。
          方法としては機体番号を伝えるか、機材が決まってないなら名前とか。
        2. type of aircraft 航空機の種類
        3. type of flight (VFR or IFR) 飛行方法、VFR? IFR?
        4. departing airport 離陸空港
        5. intended route (and altitude) 予定ルートと高度
        6. destination 目標の空港
        7. time of proposed departure and en route 予想離陸時間と所要時間
      3. In flight briefing (radio contact to FSS in the air) 飛行中はFSSを無線でリクエストする。
    2. Flight Watch = En route Flight Advisory Service = EFAS フライト・ウォッチ EFAS
      1. Design to exchange weather data パイロット等が気象情報を交換する。
      2. Actual condition, turbulence and thunderstorm information of your en route.
        飛行ルートでの実際の状態、乱気流、積乱雲などの情報。
      3. central collection and distribution point for pilot reported information
        操縦士が提供する情報を集めたり、伝えたりする。
        • many are based on Pilots Reports パイロット・レポートが中心。
      4. Not for briefing nor flight plan ブリーフィング や フライトプランの為では無い
      5. 122.00 MHz below FL180 高度18,000フィート以下では122.00MHz
        • anywhere in contiguous US, you can contact EFAS above 5,000 ft AGL
          アメリカ本土では、5,000 feet AGL以上で必ずEFASと交信が可能です。
      6. Above FL 180, check A/FD FL180以上では地域で周波数が違うので、A/FDで確認を
      7. generally 6 am to 10 pm local time 通常、現地時間の朝6時から夜10時まで。
      8. a specialist covers several outlets, so you need to tell them where you are.
        一人の人間が複数の中断基地を使ってるので、交信する時には貴方の場所を伝える事。
    3. to call FSS in the air 空中でFSSを呼び出す時は、
      • "xxx Radio, Cessna 12345...." 相手のコールサインはRadioです。
      • "yyy Flight Watch, Cessna 12345, Tomato VOR..." for EFAS, need to tell location
        EFASでは xxx Flight Watchとなり、必ず貴方の位置も伝える。
    4. Inflight Aviation Weather Advisory
      危険な気象現象が予測されたり発生している時に出される、危険気象情報です。
      1. SIGMET : Weather hazard for ALL aircraft (non-convective) 全ての航空機が危険にさらされる悪天候(積乱雲関連を除く)
        • Severe Icing 強烈, Severe な着氷
        • Severe or Extreme Turblence or Clear Air Turbulence (CAT) 強烈な乱気流 Severe以上
        • SIGMET does NOT include thunderstorm 積乱雲、雷雲関連を除く
        • Sandstorms or Dust Storm lowering visibility below 3 miles 砂や埃嵐による3マイル以下の視程。
        • Volcanic Ash 火山灰
      2. CONVECTIVE SIGMET: Warning for all aircraft for Convective activity (Thunderstorm) 雷雲関連のSIGMET
        • Severe Thunderstorm due to 下記の様な積乱雲、
          • 50 kts or more surface wind 50ノット以上の地上風
          • Hail larger than 3/4 inches ヒョウ、雹の直径が3/4インチ以上 (約2cm)
          • Tornadoes 竜巻
        • Embedded Thunderstorm 他の雲で隠れて見えない積乱雲
        • Line of Thunderstorm ライン状に長く並んだ積乱雲の列、スコールライン
        • Thunderstorm produces heavy precipitation more than 40% of area of least 3,000 sq. miles
          積乱雲からの強い降水が最小で3000平方マイルの40%以上で発生する場合。
        • any convective situation that the forecaster feels is hazardous to all categories of aircraft.
          予報官が全ての航空機に危険性が有ると感じた場合
      3. AIRMET : advisories of significant weather phenomena but lower than SIGMETs.
        危険情報だけど、SIGMETクラスの危険性までは無いと判断される時に。
        • for pilots in the preflight or en route to enhance safety.
          飛行中や飛行前の計画を行っているパイロットの為に。
        • There are three AIRMETs  3種類のAIRMETが有ります。 それで種類分けが可能になります。
          • AIRMET Sierra : IFR conditions and/or extensive mountain obscurations.
            「S」の場合は、空港が計器飛行状態、もしくは 山が雲に覆われている。
          • AIRMET Tango : moderate turbulence, sustained surface winds of 30 knots or greater, and/or nonconvective low-level wind shear.
            「T」の場合はTurbulence、乱気流関連。 中度の乱気流、地上風が30ノット以上、雷雲関連を除く低高度でのウインドシェアの可能性がある場合。
          • AIRMET Zulu : moderate icing and provides freezing level heights.
            「Z」は中度のIcing と Freezing Level(気温が0度になる高度)
        • G-AIRMET (Graphical AIRMET) is available on AWC site for better understanding.
          ネットでAWCのサイトを見ると、地図上に書かれた見やすいAIRMETが有ります。(AIRMETとかは文章が基本です)
      4. Hawaii and Alaska Convective SIGMENT is included in SIGMET
        ハワイやアラスカ、他の米国領ではConvective SIGMETが無くて、SIGMETの中に含まれます。
      5. 復習
        - SIGMETはSEVERE以上かSand, Dust, 火山灰による視程不良
        - Convective SIGMETはThunderstorm関連のSIGMET情報
        - AIRMETはSIGMETよりも威力は弱いがまだ危険な情報で、3種類に分けられる。
          -> SierraがIFR気象状態  -> TangoがTurbulence  -> ZuluはIcing関連
    5. HIWAS 
      • transmit to tell us that hazard information is available VOR等から、危険な天候が存在すると教えてくれる。
      • check appropriate weather products or contact a flight watch or FSS それを元にFSS等に確認する。
      • H in communication box 有無は情報ボックスの中に丸で書かれた「H」で教えてくれる
 
HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。