HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Private Pilot Ground School モドキ

M. WEATHER DATA - 3 後編

    1. Terminal Aerodrome Forecast (TAF)
      1. provide forecast within 5 miles from the airport. 空港から半径5マイルぐらいの気象予報
      2. Format: 順番
        1. Type: Route or Amended (TAF or TAF AMD) 種類、AMDは修正
        2. Station identifier: ICAO, K + 3 letters 場所を示す
        3. Prepared Time: Date and Time 日付と時間
        4. Valid Time of the forecast 有効時間
        5. Wind 風向き
        6. Visibility 視程
        7. Significant Weather 気象現象
        8. Sky Condition and Vertical Obscuration 雲の高さ、 Obscurationは視程が悪い時に上が見える距離
          下から見える距離が、上空から地面を見られる限界でもある。
        9. Low-Level Wind Shear (non convective) 積乱雲以外での低高度ウインド・シェア
        10. CHANGE GROUP 予報の変更
          • FMxxxx: Significate Change will happens in a hour or less 1時間以内の大きな変更
          • TEMPO xxxx: temp fluctuations, 一時的な気象変更
            • happens 50% or more 50%以上の確立で起こる
            • last less than 1 hour 最大で一時間
          • PROB30: 30% of chance  30%の可能性 (PROB30で一つ)
        11. " to the end of Forecast" 最後は有効期限まで。
      3. Terms and Codes are similar to METAR 使われるコードはMETARと似てる
    2. Aviation Area Forecast (FA)
      1. it is the forecast for wide area (each covers about 1/8 of the U.S.A.).
        • way more than 3,000 square miles (only 55 miles x 55 miles)
          • this 3,000 is for other purpose (e.g. AIRMET)
        • covers several states
        • 複数の州をカバーする広域の気象予報です。 3000平方マイルよりも100倍以上の広い範囲です。
      2. can be used if TAF is not available at or near your destination.
        目的地にTerminal Forecastが無い時の代用にも
      3. forecasts of VMC condition, clouds and general weather condition
        FAはVFR気象、雲、一般的な気象状態の予報です。 
      4. for complete information, you needs to check "Inflight Aviation Weather Advisories"
        より完全にするには、悪天候などの予報をAIRMETやSIGMET等より得る必要があります。
      5. issued 3 times are day 一日に3回発行される
        • each covers 12 hours 各部は12時間の有効時間があって、
        • plus 6 hours of Categorical Outlook 追加にアウトルックの予報が6時間あります。
      6. Sections of FA 各部分の内容
        1. Header (Communication and Product Header) 先頭
          1. Regions and insurance time 地域と有効になる時間
          2. statements of what is contained, 含まれる物の明記
            (SYNOPSIS AND VFR CLDS/WX) 概況とVFR気象情報
          3. synopsis valid time, 概況の有効期限
          4. forecast time for VMC VFR気候の予報時間
          5. States and areas contained in the FA 州名とエリア
        2. Precautionary Statement (2段落目) 注意事項
          1. alert pilots what is NOT contained in this products, such as 含まれ無い情報が有るとの注意。
            FAは悪天候に関してはAIRMET等を見てとなり、あまり含まれません
            1. IFR Condition 計器飛行状態 (低い雲や視程)はAIRMET Sierraを。
            2. Thunderstorms, severe turbulence, icing, low-level wind shear
              積乱雲、強烈な乱気流や着氷、低高度のウインドシェア SIGMET等を参照に。
          2. also, tells heights are MSL unless they are preceded by AGL or CIG
            AGLやCIG (Ceiling)と書かれない限り、高さはMSLです。
        3. Synopsis 概況 (3段目)
          • summary of weather in FA: location and movement of front, pressure system, and other
            気象状態の要約。気圧、前線などの場所や動き
        4. VFR cloud and Weather (CLDS/WX) 4つ目はVFRの雲や天気予報。 4段目から。
          1. MVFR to VFR condition MVFRからVFRの天候の地域、
          2. Widespread wind of 20 kts or more 広範囲で、風が20ノット以上で吹いている
          3. followed by categorical outlook 最後にアウトルックが書かれて居る。
        5. Remember that IFR Condition is not in a FA (need to check AIRMET)
          計器気象状態の地域はFAには含まれません、 AIRMETを必ず確認の事。
      7. Hazardous Weather which meets AIRMET or SIGMET criteria is NOT covered in FA
        (何度も書いてますが) AIRMETやSIGMETになるような危険な悪天候は含まれません。
        SIGMET等に関係の無い様な、SCT TSRA DVLPG等と少しだけの可能性が有る時はFAにも含まれます。
    3. Wind and Temperature Aloft Forecast
      1. Wind and Temperature forecast for above ground level 上空の風と気温予報。
        1. 6-digit: 6桁の場合、(FL240までは気温部分に+か-が含まれます)
          1. Wind direction in 10 (add 0) 風向が10度の単位で。「0」を足すか10倍する。
          2. Wind speed 風速 ノット
          3. Temperatures in C (no + or - above FL240) 気温を摂氏で。 
            FL240までは+/-が書かれ、FL300以上では省かれる。
        2. 4-digit (to close to ground, less than 2,500 AGL, no temperature is forecasted)
          2,500 feet AGL以内と地面に近い場合は、気温の予報はされません。
        3. Wind more than 100 kts, 5 is added on the first digit and means wind is more than 100 kts
          100ノット以上の風速は、風向の最初に5が足されて、3桁目が省かれます。
          (例 230 at 155の場合、風速は下二桁の55で、風向に50が足されます。 7355-xxと表示)
        4. less than 5 knots, 9900 5ノット以下では9900と表示されます。Light and Variable
      2. Winds are forecasted in TRUE and KTONS 風向は真方向で、速度はノットです。
    4. Weather depletion chart (reported, past) 航空機用の実況天気図とでも言うのかな? (報告された状態図)
      1. METAR or other reported information is mapped. 選ばれたMETARなどの情報が地図化された物。
      2. sky coverage at stations are shown in little circles 丸の円が雲の状態。
      3. low visibility and significant weather are indicated 視程が5 miles以下や悪天候も描かれている。
      4. MVFR and IFR areas are easily shown
        計器飛行状態とギリギリVFR状態(MVFR)の地域が分かり安く描かれている。
        1. areas are covered by counter lines, 悪天候の場所は線で囲まれており、
        2. tells pilot areas of MVFR and IFR quickly 簡単に分る様になってます。
      5. Front System are shown それに追加して前線の位置も描かれています。」
    5. Radar Summary Chart (reported, past) 航空機用のレーダー気象情報の図
      1. Graphic Display of radar reports レーダーによる報告を地図化した物
      2. type, intensity, movement of precipitation, cells and squall lines 
        降水(降雪)の種類、強さ、動き、 雷雲のセル、 スコールラインが描かれている。
      3. This is for PRE-FLIGHT planning only and must cross-checked with other data.
        飛行前の計画専用で、最新情報と確認する必要が有ります。 もちろん離陸後も確認が必要です。
      4. Severe Weather (enclosed by a heavy dashed line) 
        竜巻(WT)やSevereな積乱雲(WS)はWathc Areaとして太い点線で描かれています。
      5. intensity trend is NOT shown any more 現在では強さの傾向は省かれています。
    6. Significant weather prognostic chart (Forecast) 悪天候予報図、未来を対象とした予報の天気図
      1. In 4 Panel Format (Chart) 四つのパネルが有るタイプ
        1. UPPER panels are for surface to FL240 (Low Level Chart) 上の図は、FL 240までの予報
          1. IFR and MVFR Condition 計器飛行状態やMVFRのギリギリ有視界の範囲
          2. Turbulence 乱気流
          3. Freezing levels 気温が0度まで下がってしまう高度
        2. BOTTOM panels (Surface) 下の図は地上での予報。 (前線の位置とかは地上での位置)
          1. High andLow Pressure System, and Fronts 高気圧や低気圧、そして前線
          2. Type, Intensity and Coverage of Precipitation 降水(降雪)の種類、強さ、範囲
        3. LEFT are forecast of 12 hr and RIGHT are 24 hrs after insurance. 左側は12時間、右側は24時間
      2. There are Short-Range Surface, Low-, Mid-, High-Level Charts are available. 4種類の高度が有る
        1. Low Level : upto FL 240 or 400 millibars  地上から約24,000 feet (400ミリバール)
        2. Mid-Level : from 10,000 ft MSL to FL 450 (高度10,000 feet から FL 450の北大西洋)
        3. High-Level : FL 250 to FL 630 (FL 250 から FL 630までのほぼ世界中)
      3. Those charts are avaialbe at AWC (ADDS) Web Site in a separate panel.
        現在ではAWCのサイトから、一枚ずつのパネルを見る事が可能です。(こちらの方が現代風かな)
        右側にある「Prog Charts >>」をクリックして下さい。
    7. other products その他の情報
      1. Convective Outlook (AC) 積乱雲とかの予報
      2. Severe Weather Watch Bulletins (WW) 積乱雲TSRA関連や竜巻の警戒予報
      3. Observed Winds Aloft Charts 観察された上空の風情報
      4. Constant Pressure Chart 指定気圧(気圧高度)での観測された気象情報図
      5. TWEB (Alaska Only)  指定ルートの気象予報 (以前は全米でしたが、今はアラスカのみ)

    気象情報に関してはAdvisory CircularのAC 00-45G Aviation Weather Servicesと言うのを参考に読む事を強く薦めます。特に上級の資格を狙う人や、アメリカで長期間乗る予定の方、教官の人にです。 このページやサイトは、どうしても筆記試験用にとなっていますので、情報が限られています。 どうしても詳細までは無理です。 でも、AC 00-45シリーズでは、気象情報に関してはかなり細かい所まで書かれて居ます。 このサイトも、このACを参考に作っています。 (実はAC 00-45Gで無くて45Fが手元に有り、それを参考にしてますが。。。日本で生活してるので許してね。) PrivateのCheckrideで終わりだと言う人以外には強くお勧めします。

    もちろん、AC 00-45の最新を見て下さいね。 (2012年11月初旬では 2010年7月のAC 00-45G Change 1 かな) またAIMにも有る程度の情報が出ていますので、そこから初めても良いかと思います。

    中編に戻る : 前編に戻る

 
HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。