HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Holding Patternの形や制限

Holding Patternは、Inbound Legで指定のコースを飛行し、ちょうど1分間で飛行する様にします。 しかし、全ての場合では有りません。
14,001 feet MSL以上では Inbound Legは 1分30秒間と30秒伸びます。 (at or below 14,000なので、14,000ピッタリは1分間です。)

Inbound Legは1分や1分30秒が基本ですけど、場合によってはATCの指示で飛行時間が長くなる場合もあります。
    例:  ".... Hold south ..... on V-123, 3 minutes leg ......"

またDME/GPS搭載機では、時間の変わりにOutbound Legの距離を指定する場合があります。 (5 Miles Legなど)
この場合は、DME/GPSが表示する距離が、Holding Fixからの距離が5マイル(もしくは表示される距離に5マイルの違いが出る時)です。


Holding PatternでのSpeed Limit

Holdingの速度制限
必ず暗記するように
Altitude (MSL)
Airspeed (KIAS)
MHA - 6,000'
200
6,001' - 14,000'
230
14,001' and above
265

MHA: Minimum Holding Altitude
KIAS: Knots in Indicated Airspeed
計器表示速度のノットで

Holdingを行う時には制限速度があります。 これは飛行速度が速くなると、飛行面積が広くなってしまいます。 飛行面積を制限する為に速度制限があります。飛行面積が広くなると、他のAirwayや空域の安全性が保たれません。Holdingを行ってる機体が他のルートに侵入する可能性が有るので制限があります。 

Non-Standardですが、、、
速度が175KIASに制限される場合があります。 また、高度6,001'から14,000'は210KIASに制限している場合もあります。(この場合でも、6,000 feet以下は200KIASです。 これらの場合は、Non-Standard Patternとしてチャートにも描かれています。 (175K) や (210K) とカッコと「K」で書かれています。制限速度以内で飛行できない場合は、事前にATCに報告し、より早い速度をリクエストしてください。 

また速度が速い場合は、Holding Fixの3分手前までに制限速度まで減速する必要があります。 Holding Pattern内で減速はしません。

 

次へ

 

Holdingって何? : Holdingのコース : Entry 入り方 : 風の修正 : Patternの形や制限 : ATCからの指示 : Timed Appraoch

 

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。