HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Holding PatternでのWind Correction

Hollding Patternで横風の修正をしなかった場合飛行している高度での風力が限りなく無風に近い状態でしたら、修正も必要なく、1分間の飛行を繰り返すだけです。 上空を飛行する時に無風で有る事は、まあ有りません。 何らかの風に対する修正が必要になります。 何もしなければ、風に流されるだけです 私達がHolding Patternを飛行する時の基本はInbound Legを指定されたコースを真っ直ぐと飛行し、指定された時間で飛行します。

Holdingと平行に風が吹いた時の影響 

平行に風が吹くとInboundの長さが代わり、横風が有るとコースが左右にずれます。 実際の飛行では、風向きが真っ直ぐと言う事は少なく、 両方の風を同時に修正する様に飛行します。

文字で聞くと大変そうですが、「平行の風の修正方法」 と 「横風の修正方法」 の両方を 別々に勉強し理解すれば、簡単には修正が出来ます。修正方法もまったく違うので、混乱する事も無く、両方の修正が出来るでしょう。またHoldingでは1分単位での飛行ですから考える時間もあります。

 

次のページへ (平行の風を修正する : 横風の修正をする

 

Holdingって何? : Holdingのコース : Entry 入り方 : 風の修正 : Patternの形や制限 : ATCからの指示 : Timed Appraoch

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。