HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Private Pilot Ground School モドキ

G. AIRPORT Runway marking & lighting

  1. Runway marking 滑走路上に書かれたもの。
    1. Runway number = Magnetic course 滑走路の番号=磁方位を10の単位で表した物。
    2. Displaced threshold 滑走路の始まりを変更した場合の線 特に着陸用
    3. Chevron: Never be used (nor enter) Emergency only. 斜め線の部分:使えない、緊急用。
    4. Hold Bar 停止線
      • needs a instruction (permission) to cross from a controller (from Solid Line)
        実線の方から通過するには管制官からの許可が必要。
      • At uncontrolled airport,stop, check, then cross.
        管制官が居ない空港では、一旦停止をして、安全を確認をしてから通過する事。
    5. X-mark: Runway closed (or tells it is a taxiway, but not landing runway)
      「X」の印は滑走路が閉鎖していると言う意味。 
      Taxiwayに「滑走路で無い!」との意味で描かれている場合もありますので、
      「X」が書かれた滑走路(や場所)にはどちらにせよ降りないように。
  2. Aiport Signs
    • Mandatory Instruction Signs 許可無く入る事が出来ない所。 
      滑走路はRunway Numberが。 航法無線の影響が出る所にも設置されている場合がある。
    • Location Signs 走行中のTaiwayの名前とか、滑走路などの境界線。
    • Direction Signs 横切るTaxiwayの方向を教えてくれる。
    • Destination Signs 施設などの方向を教えてくれる。
    • Information Signs 使用制限などを伝えてくれる。
    • Runway Distance Remaining Signs 滑走路の残りの距離を1,000フィート単位で教えてくれる。
  3. Lighting
    • Runway - White 滑走路の両端には白いライトが設置されている。
    • Taxi way - Blue 誘導路の両端には青いライト
    • Runway end - Red 滑走路の終わりは赤色のライト
    • Threshold - Green 滑走路の入り口、もしくは着陸が始められる所に緑のライト。
    • A Pilot controlling light パイロットが点灯や明るさを調整できる滑走路等のライト装置。 
      1. Pilot can control the Intensity of the runway light at certain airport by clicking the switch of the microphone.
        マイクのスイッチで点灯や光度調節が可能。
      2. Click 7 times - High intensity 5秒間に7回押すと、High 高レベルか最高の光度で点灯。
      3. 5 times - Middle intensity 5回で、中ぐらい。
      4. 3 times - Low Intensity 3回で、弱めのLow Intensity
    • Approach lights and other light 
      滑走路へ導くアプローチライトや始まりを分りやすくするREIL等、他にも様々なライトがあります。
  4. Airport beacon 空港の灯台、空港ビーコン
    1. White & Green - Civil airport 民間の空港では、白と緑が交互に光る。
    2. White @ White & Green - Military airport 軍事基地では、白、白、緑と光る
    3. It rotates .... このビーコンが回る(使用される)のは
      1. from sunset to sunrise, or 日没から日の出まで、と
      2. during below VFR weather minimum "ceiling - Less than 1000ft or visibility-Less than 3 mile."
        気象条件がVFR以下の場合、シーリングが1000フィート以下か、視程が3マイル以下。
    4. may not be accurate indication of weather or time 手動の場合が多く、完璧とは言えない場合がある。
  5. Airport traffic pattern トラフィック・パターン 滑走路の回り飛行コースで滑走路を中心に長方形になる。
    1. Standard pattern = Left traffic pattern 通常は左旋回になる様に。
    2. Departure (Upwind Leg) 離陸直後のコース、滑走路の延長線上
    3. Crosswind Leg 離陸後に90度旋回した方向、横から風が来るので。
    4. Downwind Leg 滑走路に平行ですが、方向は反対。
    5. Entry (45 Leg) パターンに入るコースで、Downwindに対して45度
    6. Base Leg DownwindからFinalに向かうコース。 90度、高さ調節に有効。
    7. Final (Final Approach) 滑走路の延長線上で、滑走路に向かう。
  6. Segmented circle
    1. It Indicates direction of turn (pattern) トラフィックパターンの方向を示してくれる。
      中央には、風向きを示す物がある。 何も書かれていない場合は、左旋回で。
  7. Visual Glide slope Indicators 進入角指示灯 (上下の高さを教えてくれる)
    滑走路の横に有る装置(電灯)で、着陸してくる飛行機に着陸機に角度、正しい高さを教えてくれる。
    1. By FAR, You have to stay AT or ABOVE glide slope. 航空法ではGlide Slope上か、その上に居る事を義務付けている。
    2. Glide slope = The best approach course for that runway. (maybe)
      滑走路に対して、最適な高さのコースや角度。Maybeってのは滑走路ごとに決められていて、本当にベストなのかは操縦士次第なんです。 大半の人はこのグライドスロープを中心に降りて来ます。でも、障害物などで、滑走路ごとに角度が微妙に違う場合が多いです。でも操縦士は多少の違いには簡単に調節が出来ます。貴方も簡単に出来る様になります。
    3. Precision Approach Path Indicator (PAPI)  最近、よく見かける。 日本では大半がこれかも。
      Touchdown Zoneの横に4個(もしくは2個)のライトが設置されていて、角度が正しいかと教えてくれる。
      各ライトには設定された角度があり、その角度の下では赤くなり、上では白くなる。 4個のはかなり精密。
      • on glide slope (two red and two white) or (one red and one white)
        グライド・スロープ上の時は2個の赤色と白色。 (2個の場合は、赤と白)
      • red = too low 設定角度より低い
      • white = too high 設定角度より高い
    4. Visual Approach Slope Indicator (VASI) 以前から有るタイプ。 アメリカではまだ多いかも。
    5. Standard VASI  普通の標準的なVASI
      • 2-Bar: Red and White = on Glide path 前後に2つ有るタイプで、赤と白が見えればGlide Slope上。
      • 3-Bar: 前後、3列に並んでいるタイプ。
        • Two Red and a White = on Glide Path for a small airplane
          小さな飛行機では、赤赤白でGlide Slope上。
        • One Red and Two White = On Glide Path for a larger airplane.
          大きな飛行機では、赤白白でGlide Slope上になる。 目の位置が違うので差が出ます。
      • All White = too high 全部が白なら高すぎる。
      • All Red = too low (= danger) 全部が赤なら低すぎるので、特に注意が必要
    6. Tri-color VASI  三色VASI 1つの装置から3色のライトが出されて、高さの判断が可能になります。
      • Amber - High アンバー、琥珀色。 黄色っぽい白 = 高すぎる
      • Green - At glide slope 緑色 = 丁度, on Glide Slope
      • Red - Low 赤色 = 低すぎる
    7. There IS other kinds of indicator, but too rare. 他の種類もありますが、滅多にお目に掛れませんので、省きます。
  8. Land and Hold Short Operation (LAHSO)  着陸後に行ける(停止する)場所まで指定される特殊な着陸許可。
    1. may be used at a busy airport with crossing runways. 滑走路が交わって、忙しい空港で行われている場合がある。たまにTaxiwayの場合もあります。  使用時はATISなどで知らせれて、A/FDでも可能性が確認できます。
    2. to effectively use multiple runways. 交差する滑走路でも、有効的に運用する事が可能になる。 
      着陸後の移動を制約する事で、他の滑走路の同時使用を可能にする。
    3. a pilot can decline or accept (read back) 操縦士は拒否する事が出来ます。受入れる時はRead Back。
      1. student pilot should never accept LAHSO 生徒はLAHSOを避けるべき。
      2. if you are not familir with a plane or have any doubt, decline
        慣れていない場合や、疑問に思う時は拒否して下さい。 旅客機でも気にせず拒否してます。
HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。