HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Risk Management (for CFI's PTS based on FOI)

Principles of risk management リスクマ・ネージメントの原則

Accept No Unnecessary Risk:

Unnecessary Riskは見返りに見合わない不要なリスク回避する。 リスクが全く無い行動は有りませんが最小限のリスク、Minimum Acceptable Riskで行うべきです。 私らは不要なリスクを背負う必要は無いのです。 自慢の為だけにリスクを背負うのは最悪です。

例え合法で合っても、悪天候な時に経験の無い飛行機で計器飛行をするのは避けるべきだし、Student PilotがSpecial VFRで飛行するのも避けるべき。"High Risk, No Return" なんて無意味!

It has NO returns nor benefit. 見返りの無いリスクは不要でしか無い。 リスクの完全回避は無理だけど、見返りや得る物が無ければ避けるべき。

 

Make Risk Decisions at the Appropriate Level:

誰でも判断は可能で、リスクは背負える。 でも、適正人間がリスクに対する判断を行うべき。

Single Pilotならその一人が全てを判断し背負う訳ですから、それなりの訓練や経験が必要になります。この為の訓練がクロスカントリーでしょうか。 毎日のプリフライトやチェックリストの使用などは経験になるのでしょう。 しかし、Privateの試験を受かっただけでは、全ての事が出来る様になったとは限りません。冷静に自分自身の限界を知り、危険を察知した時には素直に回避するのも勇気です。 無理をしても無謀なだけで勇気とは言いません。

適切な資格や権限を持った者がリスクに対する判断を総合的に行います。

機体や整備に関しての判断は整備士が行う。 自家用機の操縦に対する判断は、その機の操縦士。 滑走路や空域の使用は管制官。 単独飛行の判断は教えている飛行教官。 などと、人間が判断する時は、その人の能力に応じた所で行います。 

 

Accept Risk When Benefits Outweight the Costs

利益が悪影響よりも大きい時はリスクを受け入れる時も。

全てのBenefit(利益)と全ての悪影響(Cost)を全て明確にする。 悪影響が大きくても、総合的な利益が上回るなら、危険を承知しつつ受け入れる事もある。 

飛行すると言う事も、全てのBenefitとCostを考えて行う物です。 (Costは金額だけじゃなくて、損害ね)
天候の良い時に慣れた飛行機で飛ぶのと、慣れない飛行機を悪天候の時に飛ぶのではRiskによるBenefitとCostが全く違います。

私は政治的な事を避けるべきなのですが、日本の原発再起動は代表例になると思います。個人的な意見は書きませんが、BenefitとCostが余りにも大き過ぎます。

 

Integrate Risk Management into Planning at All Level

実践(飛行)している最中に適当に考えるよりも、計画中にリスク・マネージメントを取り入れた方が容易で制御もしやすい。

飛行中は精神的なプレッシャーが多く、騒音や振動も人間にはストレスで悪影響を与えます。 そんな時に急にリスク・マネージメントを検討しても、失う物が多くなり、時間も多く消費します。 外圧が少ないエンジンを始動する前のプリフライトや計画段階でリスクに対処する様するのが賢明です。

実践中(飛行中)でもリスクが大きくなる前に対処した方が容易なので、常にリスクマネージメントが必要になるのも事実です。 飛行中なら水平飛行中とかプレッシャーが低い時にリスクを探して分析、対処した方がより良い結果を得られて、より安全に飛行可能になります。

飛行前や余裕の有る時に考えられるリスクを全て分析し、飛行中でも常にリスクに目を光らせ、早めに対処する事が大事です。 (ストレスの低い時を有効に利用するのが賢い方法です。)

 

次へ


Introduction : Risk Managementって
Areas of Operation I. Task G Risk Management (CFIのPTSより)
1. Principles of risk management.
2. Risk management process.
3. Level of risk.
 4. Assessing risk.
 5. Mitigating risk.
 6. IMSAFE checklist.
 7. PAVE checklist.
 8. 5P checklist.

 

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。