HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Risk Management (for CFI's PTS based on FOI)

Mitigating Risk (回避、軽減)

リスクの判断、Risk Assessmentの一部。リスクを感じた場合、そのリスクを回避するとの判断を下す事もあります。もしくはダメージや確立を減らす方向へ計画を変える事も可能です。 この様な変更をMitigating Riskと表現できます。

回避する、変更すると判断しても行動や変化が伴わないと無いと無意味です。 リスクを認識して分別するだけでは無意味で、行動を起さないと意味がありません。 避けたり、減らしたりと色々な事を考える必要て行動する必要があります。

例として:
50マイル離れた地点A から地点 BまでをMVFRで飛行する場合はどうするべきか?
(MVFRは違法ではありません。でもリスクが高い物ですよね。)

  • 気象がVFRになるまで待つ。 (無理して飛行する意味は有るでしょうか?)
  • 計器飛行証明を持つパイロットと一緒に飛行する。 (急変した時に計器飛行で回避できるかも)
  • 遅らす。 今、無理して飛行すべきでしょうか。
  • フライトをキャンセルする
  • 自動車で行く。 必要なら自動車で行くのも方法です。

 

飛行中なら:

  • 機内の装備を使う。 (オートパイロットは? 乗客にサポートを頼めるか?
  • 少しでも変化を感じれば、少しでも早めにルートを変更する。
  • ATCやFSSより最新情報を得て、悪化する前に対応を考える。
  • 危険性が高すぎると感じた場合は、引き返すか、最寄の空港に降りる。
  • I'm Safe Checklist や  PAVE Checklist を使い早めにリスクを見つける。  離陸前や飛行中でも有効。

 

このリスク回避(Mitigating)には "I'm safe Checklist" と "PAVE Checklist"ってのがアメリカにあります。 他にも色々と有るのですが、この2つが有名でしょう。 CFIになると頻繁に耳に入ってくるでしょうけど、StudentやPrivateでも必須にした方が良いんじゃ無いかと思っています。 安全を優先している人なら無意識に行って居るかも知れません。 でも文面化したり、リスト化する事で理解が深まり、ミスも減ると思います。 是非マスターして日頃のフライトに利用してください。 次はこれらのチェックリストに付いてです。

 

次へ


Introduction : Risk Managementって
Areas of Operation I. Task G Risk Management (CFIのPTSより)
1. Principles of risk management.
2. Risk management process.
3. Level of risk.
 4. Assessing risk.
 5. Mitigating risk.
 6. IMSAFE checklist.
 7. PAVE checklist.
 8. 5P checklist.

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。