HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Risk Management (for CFI's PTS based on FOI)

Risk Management Process. (飛行だけじゃないよ)

リスクマネージメントの工程はシンプルな物です。 危険を察知し、人、装置や任務に対するリスクを減らす方法を行う事です。 

Step 1. Identify the Hazard.
Step 2. Assess the Risk: What is the Level, Possibility and Severity?
Step 3. Analyze Risk Control Measure, (Probability and Severity)
Step 4. Make Control Decisions
Step 5. Implement Risk Control
Step 6. Supervise and Review

1. 目を光らせ、危険性を察知する。 経験、常識、分析方法で察知する事ができます。
2. 危険性を査定する。 悪くなる確立は? 問題になった時のダメージや損失は?
3. リスク、危険性を減らしたり、無くしたり出来る方法(Control、下を参照)は何か検討する。 
     ・  リスクを考える時には、確率と損害の規模を返答する必要がある。 
4. 判断するのに適した人材を選択する。(機長、整備士、管制官、管理者?) 
     ・ 選ばれた者はStep 1 & 2を元に、最良の方法を考える
5. リスク管理の方法を実行。 必要な時間、器具や人材を手配し、計画を立て実行する。
6. 実行されると定期的に効果を確かめる。 全ての人材が役割を果たし、効率を確かめる。 
     ・ これは全てが終わるまで続く。

この場合のControl:

英語では一つの単語ですが、複数の意味があります。
1つ目は手段としてのControl、 制御の方法とでも言いましょうか。
2つ目は行動を起こす人材を言います。 (もしくはそれらを行う物や者)

 

Implementing the Risk Management Process

リスク・マネージメントは凄く有能な物だが、適切に行わないと無意味になります。

  • 必ず順番通りに行う事。 順序を間違えると無意味になる場合がある。
    • 各項目かお互いに影響しあってるので、順番が大事になる
    • 小さな事に気を取られると、大きな事を見過ごす可能性がある。
    • それを防ぐためにも順番を大事に。
  • 全ての工程を同等に扱う事。 同じ様に時間と努力を配分する
  • 延々と続くサークルの様に扱う。 そして新たな問題が無いかと探し続ける。
  • 関わる者の全員が関与し、積極的に関与する様にします。 リスクの影響を受ける関係者が最も知っている。
 

次へ


Introduction : Risk Managementって
Areas of Operation I. Task G Risk Management (CFIのPTSより)
1. Principles of risk management.
2. Risk management process.
3. Level of risk.
 4. Assessing risk.
 5. Mitigating risk.
 6. IMSAFE checklist.
 7. PAVE checklist.
 8. 5P checklist.

 

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。