HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

VOR: TO-FROM indicator

TO-FROM IndicatorはVORで大事な物の一つです。Course Selector(OBS)で選んだコースと航空機の位置関係を示す一つです。「TO」や「FROM」 もしくは 三角形の向きで、パイロットに情報を提供します。
(Ambiguilty Indicatorと言う場合もあります。)

OBSのCouse Selectorで選んだコースより、左右90度以内に居ると「FROM」を示します。もし、反対側に居る時は「TO」を示すようになっています。この「TO」や「FROM」は名前だけで、機首の向きや、向かっている方向には関係はありません

 VORの090度Radialを飛行中にOBSで090付近を選ぶと、FROMを示します。 180度旋回をしてもFROMのままで、360度旋回を行ってもFROMのままです。 位置関係だけです。

どの航空機でもOBSで090を選択すると、向きに関係なくFROMを示します。 何度も書きますがVORの表示は向きではなく位置関係です
右の6機の飛行機は、全て同じ表示をします。

次はCDI Needle(針)についての説明です。

VOR Indicator が FROM を示す時

VOR Indicator が TO を示す時
OBS、 Course Selectorで選んだコースより左右90度以内に居る時。 OBS、 Course Selectorで選んだコースより左右90度以外に居る時。
選んだコースの反対側に居る時とも考えてもOKです。

VORのTO-FROMとOBSの関係図。

上の図は頭の中でチャートに置いて見て下さい。
真ん中のVOR印がVOR Stationを示しています。
OBSとTO-FROMの関係を表しています。

飛行機の位置でTO-FROMが決まります。
もしピンクの場所に居れば「TO」を表示します。青ならFROM。
OBSを回すと上の図も同じ様に回ります。

 

Course Selector, OBSで選んだコース(Radial)と飛行機の位置でTO-FROMが決まります。 飛行機の向きは一切関係ありません。もちろんOBSでは000度から360度まで好きなコース(Radial)を選べます。

選ばれたコースです。 飛行機の向きは一切関係ありません!

上の三つの図に書かれている「OBS」は、パイロットがCourse Selectorで選んだ方向です。

 

次はCDI Needle(針)についての説明です。


  1. トップ スタートのページ
  2. 二つに分けられる、VORシステム 地上設備と機上装置が無いとね。
  3. 地上にあるVOR Station
  4. VOR Stationの種類
  5. 航空機に装備されている VOR Airborne Equipment
  6. VOR Indicator VORの使い方に自信の持てない方はここからでもOKですよ。
  7. OBS Selector の役目
  8. TO-FROM Indicator (名前に惑わされないでね!)
  9. CDI Needle (VORの中でフラフラ動いている針の事です。)
  10. To-From Indicator と CDIの関係
  11. VORの表示は理解できましたか? 確認クイズ ここでVOR表示に付いては終了
  12. 局に向かって真っ直ぐ飛ぶには? ここからVORの使い方について。
  13. VORクロスチェック 横のVORで飛行位置の確認 Cross Check
  14. 迷子になちゃったら Lost Procedure (VORだけを使う方法)
  15. 指定コースを飛ぼう Intercept, Tracking, and Wind Correction
  16. 計器飛行向け。 ILSやLocalizer等について。 IFR用の施設。Privateの方は参考に。 

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。