HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

VOR: Localizerについて

計器飛行で使う便利な施設です。IFR用ですが、VFRでも信号は使えます。知っていれば便利なので簡単に説明だけしておきます。 計器飛行向けなので、知らなくてもPrivateの試験には出ませんので気にせずに。
(でもあればVFRでも本当に便利ですよ。 Straight-inをする滑走路にあれば凄く助かります。)

Localizer・ローカライザーは一部の大きな滑走路に設置されている場合がありまして、その滑走路の中心線、Centerlineの延長線上に沿って、信号を出しています。 受信機とIndicatorはVORと同じですが、信号が違います。 

ロカライザーアンテナ

これがローカライザーのアンテナで、着陸する滑走路の遠方、Departure Endに設置されています。 滑走路のDeparture Endのアンテナを探すのも方法ですが、A/FDに有無が書かれています。 もし、その空港に行くならローカライザーの周波数をメモしておくのも便利ですよ。

感度もVORよりも良いのが特徴なのと、VORとは違い、Localizerは中心線に対して1本の線しか信号が出ていません。 表示も似ているのですが、信号が一本だけに限定されているので、OBSを何度に選んでも表示は同じです。VOR受信機は自動的にVORとLocalizerと区別しますので、パイロットは周波数を合わせるだけで使う事が出来ます。

Localizerからの信号: 滑走路の中心線に対しての左右の情報を教えてくれます。

VOR Indicatorの中心点が機体の位置で、
針がロカライザー(滑走路の中心線)を表します。

表示機の感度、もしくはロカライザーの基準はApproach Endでの信号の幅が700feetとなっています。滑走路の初めでは350feet中心線から離れると、針が振り切れます。

アンテナDeparture End中心線から350フィート延長線上Full Scaleなる様に調節されています。角度に変換すると、約3〜6度です。

 

注意: ローカライザーでは滑走路の入り口ので距離が基準です。 VORの様に角度は決ってません。

着陸する滑走路にLocalizerがああれば、パイロットの目に滑走路が見えてい無くても、左右だけですが正しく誘導してくれます。

上の図はHonolulu InternationalのRunway 08 LeftのLocalizerです。(111.70 MHz)。

ホノルルにはRuway 4 Right にも別のロカラーザー(110.5MHz)があります。

そしてこの空港には26Leftにも有るのですが地理的に山があってStrgihgt-Inが出来ないので、同じ種類の信号なのですがコースを45度曲げて居るものがあります。中心線とローカライザーの角度差などが大きいのをLDAと言います。 これ以上説明すると計器飛行になるので、ここで辞めておきます。

VORはOmini Rangeと呼ばれ、全ての方向に違う信号電波を出していましたが、Localizerは一本だけです。後はコースの反対側にも信号は出ていますが動きは逆になります。 出ている信号は一本だけなので、OBSは何もしませんし、意味もありません。何度にあわせても表示は同じです。上の図 (HNL 08 L)ならOBSを何度に合わせても、079度のTOとしてVOR Indicatorは表示しようとします。 普通は勘違い防止も兼ねて、OBSはロカライザーの方向にあわせます。 もし飛行機が右に居れば針は左に動きます(左にコースがあるよって意味で)、逆に左に居れば、コースが右にあるので、CDIは右に振れます。

離陸時にもLocalizerは参考に使えます。 飛行機とアンテナ位置で感度は変化しますが、Indicatorはセンターラインが有る方向を示します。また、反対側から入って来る時もBack Courseと言って同じ信号を受信する事が可能です。 ただ、その時は針の動きが左右が反対になるので注意して下さい。 離陸時やMissed Approachの時はBack Courseに入っても左右は同じなのですが、機首の方向が180反対になる方向にアプローチする際は逆になります。 あくまでも、Localizerの信号は一本です。反対側でも受信は可能ですが、信号の方向は1方向だけです。 (FromにセットしてVORに向かって飛ぶのと似た様な事です。)

またLocalizerは基本的に着陸コースに沿って出されているので、横から来るとゴーストの様な偽の信号を受信するので注意して下さい。10マイルまでなら左右35度まで信号の信頼性は保障されています。(18マイルまでなら10度) 真横とかで信号を受信しているようなら、それは偽の信号(False Signal)ですので、その時は信用しないでね。

ILSについて 

Localizerを使うシステムにはILSと言うのが有ります。 これはLocalizerに下降コースを教えてくれるGlide Slope(GS)と言う物が付いています。 これは着陸角度を教えてくれます。次の図は横から見たチャートです。

ILSでは左右の情報としてLocalizerがあり、上下の情報としてGlide Slope(GS)があります。 上の図はGlide Slopeを意味しています。

Indicatorでは横の棒が高さの情報を伝えてくれます。 丸は航空機を示し、針が交差する場所が最適コースを意味します。 実際はLocalizer単独よりもこの上下をしますGS機能があるILSの方がかなり多いです。 I 

ILSにも使えるVORの写真

Preflight中なんで、
誤表示してますが。正しければ、
コースは凄く右でかなり下に
あると示しています。

コース上だけど、ちょっと下。
左から出ている横の針が高さの
情報を教えてくれるGSです。

ちょっとPowerを加えましょう
上記の表示は。。。
コースが右で、GSはやや下に。
丸が航空機を示し、
針が交わっている所がコースです。
良くは無いが。これは普通です。

ここまで来ると、大分と計器飛行向けですけど。。。。。

ILSには他にも距離を表すMarker BeaconやNDBのようなCompass Locatorがあります。 

Compass LocatorはNDBと同じで、出力が弱いだけです。 機内のADFで確認が取れます。 機首が滑走路に向かってるのなら、針が真横に来た時が、グルンと後ろに回った時が通過した瞬間です。

Localizerはコースからの角度は教えてくれるが、滑走路の距離までは分からないので途中で滑走路までに2,3箇所のMarker Beaconってのが有りまして、音と光で距離の情報をパイロットに教えてくれます。それを通過すると「ピー、ピー、ピー」等の音と、パネルのライトが光る用になっており、それで通過を教えてくれます。 空港の上空を飛んでいると、たまにパネルがピカピカ光ったり、ピー、ピーピーなどと音がするのはその為です。上の図では、MMとOMと描かれている所にMarker Beaconがあり、大半の場合はMarkerは二つあります。高度なILSなら3つ有る場合もありますし、稀に0個の所もあります。

また、多くのLocalizerにはDMEが併設されている場合も有りますので。 DME搭載機で飛来するなら、方向に関わらずDMEをセットしておくと便利ですよ。

貴方の空港にLocalizerがあるかな?

一番良い方法は、Terminal Procedureと呼ばれる計器飛行向けのチャート(Approach Plate)を見ます。 その次はAirport/Facility Directory(A/FD)を見ます。下の左の写真はその2つです。 また、飛行には単独では使えないのですが市販されているパイロット・ガイド類の本にも描かれています。このページの一番上の図はTerminal Procudureに出ているApproach Plateの図です。三つ目もその一部です。 Private Pilot ならA/FDを見るのが正しいでしょう。

Localizer/ILSの周波数 例
Airport Runway Frequency
Guam 6 L 110.30
Gillespie 27 R 110.50
Honolulu 08 L 111.70
04 R 110.50
Long Beach 30 110.30
Napa 36L 111.30
Montgomery 28 R 111.70
Oakland 29 108.70
11 111.90
27 R 109.90
San Jose 12R/30L 110.90
Saipan 7 109.90
Torrance 29 R 111.90
福島 1 110.50
大阪・伊丹 32L 110.10
能登 25 108.95

  1. トップ スタートのページ
  2. 二つに分けられる、VORシステム 地上設備と機上装置が無いとね。
  3. 地上にあるVOR Station
  4. VOR Stationの種類
  5. 航空機に装備されている VOR Airborne Equipment
  6. VOR Indicator VORの使い方に自信の持てない方はここからでもOKですよ。
  7. OBS Selector の役目
  8. TO-FROM Indicator (名前に惑わされないでね!)
  9. CDI Needle (VORの中でフラフラ動いている針の事です。)
  10. To-From Indicator と CDIの関係
  11. VORの表示は理解できましたか? 確認クイズ ここでVOR表示に付いては終了
  12. 局に向かって真っ直ぐ飛ぶには? ここからVORの使い方について。
  13. VORクロスチェック 横のVORで飛行位置の確認 Cross Check
  14. 迷子になちゃったら Lost Procedure (VORだけを使う方法)
  15. 指定コースを飛ぼう Intercept, Tracking, and Wind Correction
  16. 計器飛行向け。 ILSやLocalizer等について。 IFR用の施設。Privateの方は参考に。 

 

右の表は適当に周波数を並べました。 間違ってるかも知れないので、実際に使用する前には周波数等を確認してください。多くがILSでLocalizerのみは少ないです。

ローカライザーは参考にはなりますが、Instrument Ratingです。 Private (VFR)な人は参考程度にね。でもStudentでも知っていると便利ですよ。

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。