HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  


FAAの筆記試験(Knowledge Exam)について。 :  Privateの筆記試験について : PVTの問題へ : IFR、筆記の解説 : IFR問題へ

2009 Instrument Written Exam (FAA Knowledge Test)

91.185 IFR operations: Two-way radio communications failure.

計器飛行方式で飛行中、無線機がぶっ壊れました。 どうしますか?

計器飛行方式(IFR)で飛行している時に、無線機が故障した場合の対処方法は、航空法(FAR 91)で定められています。 操縦士はそれに従って飛行する事になります。 FAR 91.185が法律ですが、AIMの6-4-1にはもう少し詳しく書かれています。

飛行している場所の天候はVFR?それともIFR?
一番最初に考えられる事は、気象状態がVFR状態であるか、どうかです。 もしVFR状態なら、VFR状態を保って常識の範囲で速やかに着陸します

これはClass-A Airspaceでも同じです。 (AIM-6-4-1 c. 2.)

無線機が故障した航空機が一機でも居ると、ATCが混乱してしまい、多くの機体に影響がでます。VFRであれば、即座に着陸をしてATC上の問題を取り除きます。もちろん、相手には貴方が何をしているかは疑問です。例え法律で決まっていてもです。 その為、VFRの気象であっても、貴方を含めた多くの人間を危険にさらして居ます。

IMCで飛行を続けていても、途中でVFRの気象状態(VMC)になれば、VFRを保ち早めに着陸をして問題を減らします。

また着陸は「as soon as Practicable」です。ASAPや「即座にのas soon as Possible」では有りません。 FARでは無理な着陸は強制していません 常識的な範囲で空港や滑走路に着陸して下さい。 Restricted Area内の空港に着陸しろとか、目的地の数分手前の空港に降りろとか、短い滑走路に着陸しろとは言っていません。 VFRでは速やかな着陸が求められますが、法律でも安全な着陸を求めています。

なお、Transponderは7600に合わせて下さい。 無線機の故障を意味します。
(私らの時代は7700を1分間、7600を15分間、これを繰り返すのがルールでしたが、現在では変わってるみたいです。)

VFR = Maitain VFR Condition, Land as soon as Practicable
     Class-A Airspaceを含む。
IFR = FAR 91.185のルートで。
    途中でVFRになれば、VFR状態を保って着陸する。

Tansponderは7600にあわせる。
VFRで着陸する時は、無理な着陸は強制していない。

 

送信機だけの故障の場合など

無線機が故障した場合、ATCはあらゆる手段で交信してくる可能性があります。 現在の周波数が無理な場合は、以前の周波数を確認するとか、VOR, NDB, Localizer等の航法施設の周波数やFSSや121.50Mhzも確認して下さい。 無線機の故障と言っても、受信と送信の両方が故障してるとは限りません。

雲の中など、計器飛行状態で無線機が故障した場合は、FAR 91.185で指定されたルートと高度を飛行します。 

ルート(経路)

  • 第一優先は(二つのケース)
  • 一番最後に出されたATC ClearanceでのAssignedルート(指示された経路) 
  • Rader Vectorされている時は、故障した場所からRadar Vectorで指定されたポイントまで、直線コース
    • Radar Vectorされる時は、「ラッキー」と思うだけでなく、「何処まで?」かをシッカリと聞いておく必要が有ります。
  • 第二優先 (それらで指定されたルートが無い場合は
    •  ATC Clearanceが無い時は「expected in a further clearance」で指定されたルート(経路)
  • 最終選択 ATC からのAssigned ルートやExpected Further Clearanceが無い場合、
    • Flight Planでファイルしたルート。
無線が故障した場合のルート
1.
・Route Assigned in the Last ATC Clearance Received、クリアランスで指定されたルート
・If Radar Vectored, レーダー誘導されている地点にダイレクトで飛行。
2.
もし、Assinged Routeが指定されて無い場合では、
    Expect Further Clearanceで指定されていたルート。
3.
もし、 AssignedもExpected ルートも無い場合は、
     Flight Planでファイルしたルート

高度 (Altitude, Flight Level)

次の中で一番高いルート

  • ATC Clearanceで指定された高度
  • IFRで認められている最低高度、 MEAやMCAなど。  VORから22NM以内のMOCA
    • これが最優先です。 
    • 障害物などからの衝突を防止します。
  • expected in a further clearance」で指定された高度。 
  • 指定された時間後かFix/場所に到達した後に、高度を検討する事。
  • Expected Further Clearanceで指定された時間やFixに達した後に無線機が故障した場合は、Expected Clearanceは無視する。
    • その時点までにATCより修正されなかったと言う事は、Expected in a Further Clearanceが無効と言う事です。
高度 (Altitude, Flight Level) 下記の内、一番高い高度
1.
ATC Clearanceで伝えられた高度
2.
飛行してる場所で、最低飛行高度
3. Expect Further Clearanceが有った場合は、その地点や場所の後でExpected Altitude
Expected PointやTimeの後に無線機が故障した場合は、
Expected Altitudeは無効になり、Assigned Altitudeの1番か2番の高い方を選ぶ。

 

Leave Clearance Limit
アプローチの開始
   (アプローチの前とかの規定、無線が故障した時のアプローチ)

1. Clearance LimitがIAFの場合 (IAF = fix from which an approach begin)
  • expect-further-clearance timeで指定された時間があれば、そのタイミングでIAFを出発。 
    • そのタイミングまでは、Holdingで待つ
  • 指定された時間が無い場合(Expected Timeが指定されてない場合)
    • Flight Planで指定したETEを元に、その時刻にIAFを出発する。 (離陸時間 + ETE)
    • ATCにETEを修正を伝えた場合は、その時間を元にする。(Amended with ATC)
IAPを出発するのは、 Expected Further Clearance Timeの時。
Expected Timeが無い時は、Flgiht PlanのETEでIAP出発する。
(離陸時刻 + ETE = IAP出発時刻)

 

2. Clearance Limtが IAF でない場合

  • expect-further-clearance timeで指定された時間が有れば、そのタイミングでClearance Limitを出発。 
  • expect-further-clearance timeで指定された時間が無ければ、そのままIAFに向かい、
    • Flight Planで指定したETEを元に、その時刻にIAFを出発する。 (離陸時間 + ETE)
    • ATCにETEを修正を伝えた場合は、その時間を元にする。

"fix from which an approach begin" は IAF (Initail Approach Fix)の事です。 

空港やアプローチによっては複数のIAFが有りますが、常識の範囲で操縦士は好きなのを選べます。 ただ無線機の故障が有った際の事を考えると、IFR Flight Planをファイルする時のルートはIAFまで か Feeder Facility まで指定してやります。 そうしないと、どのルートを使うのか管制官には分かりませんし、上空で貴方も迷う事になります。 

Flight Planをファイルする時には無線が故障する事を前提にして、ATCからのサポートが無くてもEn RouteからApproachがスムーズに出来る様にしておきます。

IAFは、公式にアプローチが始まる地点です。 Flight Planをファイルする時のETEは、空港までの距離を単純に計算するのでは無く、IAFにして下さい。場合によってはIAFが50マイルも離れている時があります。 FAR 91.3ではEmergencyの際は、状況に応じて対処できる事になってますので、多少の誤差は許されます。 しかし、何をしているのかがATCには分かりませんので、IAFまでを基本として下さい。

また途中で、ルートが変更されたり、Vectoringで時間が大きく遅れた場合にはETEの変更をATCを伝えるのが良いでしょう。 万が一の無線機の故障の際に、現実的な時間にアプローチが可能になります。 これがFAR 91.185に書かれている「amended (with ATC) estimated time en route」に当たります。

 

FAR 91.185  (原文、 もし説明に違いがあれば、原文の方が正しくなります。 作成時は最新でしたが、最新のはFAAのサイトを見てください。)

 



001 〜 010 011 〜 020 021 〜 030 031 〜 040 041 〜 050 051 〜 060 061 〜 070 071 〜 080 081 〜 090 091 〜 100
101 〜 110 111 〜 120 121 〜 130 131 〜 140 141 〜 150 151 〜 160 161 〜 170 171 〜 180 181 〜 190 191 〜 200
201 〜 210 211 〜 220 221 〜 230 231 〜 240 241 〜 250 251 〜 255        
各問題の参考項目  Learning Statement Reference Guide for Airman Knowledge Testing (問題の種類は何?)

 

Private Pilotの筆記試験 : 2008年-03月分  (和訳&解説付き) : 2007年度版 : 2008年09月分 
計器飛行の試験問題 : 2009年06月 (和訳&解説付) : 2007年 
ADM (Aeronautical Decision Makings)の問題:  ADM Questions (Pvt & Comm)

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。