HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

Constant-Speed Propeller の Governor ガバナー

遠心力とFlyweightで

Governorの内部 FlyweightとValve Plungerの動きGovernorの内部にはFlyweightと言うオモリが回転しています。図では緑の部分です。このFlyweightはエンジンの回転でグルグル回っていて、遠心力で開いたり、閉じたりしています。 この動きがGovernorの原理であり、その動きでGovernorからプロペラへのOil Pressure オイル圧を変えます。 

右の図はFlyweightの動きを表しています。 図では止まっていますが、実際ではエンジンに直結しており、高速で回転しています。 遠心力が基本となってます。

エンジンの回転数が適切ですと、プロペラに送られるオイルの流れは止まります。 止まった状態ではプロペラも変化しません。上の図では回転が早すぎる状態です。 この状態では、オモリが遠心力で外側に広がり弁が開いて、高圧のオイルがプロペラに流れます。 (図ではピンク色の部分でPilot Valve Plungerになります。)逆に回転が遅いと遠心力が下がり、弁が反対側に開いて(Plungerが下がり)、オイルの流れが反対になります。 右の図で遠心力とGovernorの動きの関係を理解して頂ければと思います。(下の部分が省かれているのは、種類によって大きく変わるので省いてます。)

オイルが流れると、プロペラのピッチが変り回転数が適切な速度に戻ります。 これで、飛行機の速度が変っても一定のAngle of Attackを保ってくれる様になります。

On SpeedでのGovernor OVER SpeedでのGovernor UNDER SpeedでのGovernor
ON SPEED
OVER SPEED
UNDER SPEED

適切な速度で、Flyweight がバランス良く回転している。

オイルの流れも止る。 プロペラは一定。

回転が速すぎて遠心力が強く働く。そしてFlyweightが開いている。

開く時にPlungerを持ち上げ、エンジンオイルが流れ、プロペラのピッチが大きくなる。

回転が遅く、遠心力が弱まり、Speeder Springと言うバネの方が強くなる。

Plungerが押し下げられ、オイルが逆流してピッチ角度が小さくなり、加速する。

適切な回転速度をON-Speedと言いまして、早すぎる状態をOVER Speedと言いFlyweightと呼ばれるオモリが広がり、それに連動した棒状のPilot Valve Plunger(バルブの物、弁)が持ち上がります。 逆に遅くなるとUNDER Speedと言う状態になって閉じて、バルブが下がります。 このPlungerと言うバルブの様な物の動きで、プロペラに送られるエンジンオイルを調節しプロペラを自動調節します。

飛行機の状態 Propの回転 状態 Flyweightは オイルの流れは その結果 そしてPRMは
同じ速度で飛行 適切な速度 ON-Speed 倒れない 無い Propピッチに変化無し

一定

飛行機が加速 回転数が早い OVER Speed 外側に倒れる 弁が開いてPropへ Propピッチが大きくなる 下がる
飛行機が減速 回転数が遅い UNDER Speed 内側に倒れる 弁が逆に開く Propピッチが小さくなる 上る


(プロペラの中に有ると思っている人が居ますが、それは違います。 Governorはエンジン本体に付いています。 プロペラの中にはピストンとシリンダーが付いていて、そのピスト ンの動きでプロペラの角度を調節します。)

操縦士の人は整備士を目指している訳では無いので、これぐらい理解してくれれば大丈夫でしょう。

次へ ガバナーの仕組み


目次

  1. イントロのページ 初めに作っていたイントロ用のページです。 次に行きたい方はここから。
  2. プロペラの航空力学入門編: プロペラの回りでは何が起こってるのか? なぜ、角度を変えた方が良いの? (その
  3. プロペラの構造 Constant Propellerの場合 (その  ・  ・  ・ 
  4. Propeller Governerってなんだ。 (その  ・  ・  ・ ) 
  5. Constant-Speed Prop機の操作方法  (その  ・  ・  ・ ) 
  6. Private Pilot 向け (時間が無い人に。 Fixedだけの人用にと思って作ってます。)
  7. 試して見て 検定です。 定速プロペラ Constant-Speed Propeller
  8. ----- 過去のページ ----- 理解が出来ない! と言われた昔のページ。 今見ると確かに私も理解できない所が多い。
HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。