HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

ATIS for Montogomery Field

2007-01-14  ATIS Alfa : ATIS Foxtrot

2007年1月のTowerを書き写しをした時は「Charlie」が使われていましたが、当時はまだラジオに慣れなかったようで、ちょっと外れた前後のATISを録音していました。すいません! とにかく、それらを書き写しましたので、参考に読みながら聞いてみてください。

約五時間の差が有るので、違いを見てみるのも良いかもしれませんね。Alpaは現地時間午前8時50分、Foxtrotは午後1時50分に発表になっています。まあ、朝とお昼の違いを聞いてみてください。。またこの日は午後の1時からプロのアメフトのPlayoffがあった日でもあり、サンディエゴ市民の多くはアメフトに気を取られていた日でもあります。Towerの交信にはその様な交信も含まれていました。彼は宣伝飛行の飛行機でしたけど。 

最初、朝の8時50分

Montgomery Information Alfa, Time 1650 Zulu, Wind Calm, Visibility 10, Sky Condition Clear, temperature 07, Dewpoint -12, Altimeter 3028, ILS Approach runway 28 Right Approach in use, landing and departing runway 28 Left and 28 Right, Flow control into Los Angels, and San Francisco, Notice to Airmen, Ruway 10 Left, VASI out of service. Temporary Flight Restriction over Qualicomm during 1 to 3 Local. Airmet Tango is in effect. For additional information conact HIWAS, Flight Watch, Flight Service Station. Full read back of all hold short instructions is required, Advise you have information Alfa.

次の分、お昼の1時50分

Montgomery Information Foxtrot, Observation time 2150 Zulu, Wind 270 at 10, Visibility 10, Sky Condition Clear, temperature 12, Dewpoint -3, Altimeter 3022, ILS Approach runway 28 Right Approach in use, arriving and departing runway 28 Left and 28 Right, Flow control into Los Angels, Las Vegas, No practice approaches at Montgomery until futher notice. Notice to Airmen, TFR in effect over Qualicomm Studium from now until futher notice, due to football game. Ruway 10 Left, VASI is out of service. Full read back of all hold short instructions is required, Advise you have information Foxtrot.
このATISは管制塔のテープが伸びていたのか、何度も無意味な空白がありました。2回半の録音をしたのですが、全てに入ってました。受信機の設定に問題があっかも知れませんが、かなり以前な事なので不明です。一応、編集上では削除したのですが慣れてくると違和感を感じるかも知れません。

二つの違いと私の予測。

Time: AlfaはTimeだけでしたが、FoxtrotはObeservation Timeと真面目に言っています。大した意味は無いですけど、正確にはObservation Time。でも略している時の方がダントツ多いです。

Wind: 風は普通の日らしく午前中は無風で、昼から風が出だしたって感じですね。風速が10ノットは普通だけどやや早目かな。 

VisibilityとSky Condition: 朝も昼も同じでしたね。Visibilityの単位はマイル。10マイルなのでまあ標準的でしょう。Sky Conditionとは雲の量と高さの事です。Clearなので雲は無い(1/8以下)って言う意味です。

Temperature:
 この日は1月なので7度から12度でした。日本よりもちょっと暖かいかな。航空の場合での単位は日本と同じ摂氏です。通常のアメリカ生活は華氏(°F)なんですけどね。 (華氏は中々なれないですよ。夏で100度、冬でも40度ですからね。)

Dew Point: この日はかなり乾燥していたみたいですね。朝は何とマイナス12度。 昼にはちょっと湿度が上がったと言え−3度。でもこれはカルフォルニアでは標準的です。乾燥しているので天気が良い日が多いので有名で訓練にはピッタリです。それ以上に生活もしやすいのが西海岸の特徴です。

Dew Point、露点という意味です。ここまで温度を下げると湿度が100%になり、これ以上に下げようとすると大気中の水蒸気が水滴や雲などのように眼に見えるものに変わります。 (水蒸気が眼に見える物をVisible Moistureと言います。水蒸気は眼には見えません。湯気は水蒸気では無く、暖かい水滴です。他にも雨、雪、あられ、着氷、樹氷、霜、霧などもVisible Moistureと言います。気体以外の液体や固体の水(H2O)です。


Altimeter Setting:
 30.28 inch から30.22に。29.92が標準ですから、この日は気圧がかなり高めですね。ちなみに日本ではQNH、アメリカではinchesと言います。

Aprroach: ILS 28 Rightが使われていますが、試合中はApproachの練習が禁止されたみたいですね。(No practice approaches)

Runway: 滑走路は何時ものように28のRightとLeftが使われていました。途中でヘリコプターが23で練習をしていましたけど。管制官によってはArrivingとかLandingとか言いますけど、同じです。

Flow Control: 時間とともに変化します。(混雑時に着陸空港の上空でで順番を待つ代わりに、離陸を遅らす方法。)

NOTAM:この日は近くのQualicommスタジアムで大きなプロ・フットボールの試合があった日です。何もしないで置くと宣伝飛行機、メディア、好奇心で行く人、ファンが上空に殺到するので、事故防止にFAAがTemporary Flight Restrictionと言うのを発令して球場の上とその付近を飛行制限をします。

FARにも書かれているので必ず守りましょう。Air Show、一大スポーツ・イベント、Indi-500、などやFAAが安全を守るのに必要と思われる時に出されるれます。詳しくはFAR 91-145を見て下さい。Foxtrotでは「TFR、ティーファー」と略していました。(100%のパイロットが理解できるとは思いませんし、本当は駄目でしょう。)

VASI: 10 RightのVASIが使えない状態でした。
発音ですが「バジー」と聞こえます。これはアメリカ人がよくやる事でTやSを濁して発音します。例えばWater。ウオーターと普通は言いますが、ウオーダー(Wadar)と発音する時も多いです。レストランとかでチャンスが注意して聞いてみて下さい。間違いは間違いなんですが、普通に濁して発音している時も多いと覚えておいても良いかも。ATISも日本人が発音すると、「エーティス」ですが、多くのアメリカ人は「エーダス、ADIS」と発音します。中には「エーティス」と言う人も居ますがどちらでも正解です。それと"is"が最初には抜けていましたが、文法的には"is"は必要です。でも無線英語なら無くてもOKでしょう。

AIRMET: Alpaの時にはAirmet Tangoが有ましたが、詳しくはFSSに聞いてくださいと言ってましたので内容は不明です。天候は良くなったみたいで、昼からは無かったですね。 Mountain Obscurationかな?

Read Back: 何かの前で停止せよと言う意味のクリアランス「Hold short of....」等は必ずRead Backするようにと言っています。空港内での衝突事故が多いので、Hold Shortに関しては確実にしようと言う目的です。この様な事は全米で行われていますし、この件はアメリカでは最大の関心事の一つです。全ての空港での標識も変える程の勢いです。皆さんもHold Shortとか言われた時は必ずRead Backしましょう。分からない時は遠慮なくSay Againです。なお滑走路上での衝突事故などをRunway Incursionと言います。

2007-09-27 製作


注意: 2010年09月からFAAのTowerの指示が変わりました。  離陸時に滑走路上で待機せよと言うのが、 新しく国際標準の"Line-up and Wait"に変わり、以前の"Position and Hold" や Taxi into Position and Hold"が廃止されました。  このサイトでは以前の ...Position and Hold."の音声データが大半です。  現在はLine Up and Waitです。申し訳ございませんが、この部分は注意して下さい。


基本とお勉強

注意:ATCの変更
以前に作ったの

ATC in the USA

Carlsbad - Palomar
Ft. Lauderdale Excutive, FL
El Monte Airport
Las Vegas, McCarran
Leesburg, Florida
Livermore Airport
Long Beach Airport
LAX Los Angeles Int'l
Hillsboro, Oregon
Montogomery Field
Pompano Beach Airpark, FL
Portland International, OR
Reid Hillview, San Jose
San Diego International
SFO San Francisco Int'l
San Jose International
Torrance Airport
Other SF Area

サンフラン付近
UA in SFO



日本のATC

その他のATC

Air Force One

ハリケーンGustav
ハリケーン IKE

仮データセンター
 (以前に製作した物)

私の装置たち

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。