HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  


FAAの筆記試験(Knowledge Exam)について。 :  Privateの筆記試験について : PVTの問題へ : IFR、筆記の解説 : IFR問題へ

Private Pilot : 2007年 Airman Knowledge Test Question (Written Exam)

84.
The basic purpose of adjusting the fuel/air mixture at altitude is to
A) decrease the amount of fuel in the mixture in order to compensate for increased air density.
B) decrease the fuel flow in order to compensate for decreased air density.
C) increase the amount of fuel in the mixture to compensate for the decrease in pressure and density of the air.

赤いノブが、Mixure Controlです。 手前に押すとRichで多めに燃料が流れます。Sea Level(高度が0〜500 feet)で調度ぐらいの量に設定されています。手前に引くと、燃料が減ってLeanと言う状態に無ります。一番後ろまで引くと、燃料供給が完全に絶たれ、エンジンが停止します。(通常のエンジン停止法です。

右側に有るのが、Throttle(スロットル)。自動車のアクセルに相当します。エンジンに行く空気の量を調節して、出力を調節します。もちろん燃料も空気の流れで燃料を調節しています。ただ、空気の密度までは対応していません。

Mixtureを完全に手前に引っ張った状態。 これは最大のLean状態でエンジンも止まってしまいます。"Mixture Idle Cutoff"とも言います。

上空で燃料・空気の混合比を調節する主な目的は。
A) 増えた空気密度を補う為に、混合気の燃料の量を減らす。
B) 減った空気密度を補う為に、燃料供給量を減らす。
C) 大気の減少した気圧と密度を補う為に、燃料を増やす。

上空でFuel/Air Mixtureを調節する主な目的は。
A) 増えたAir Densityを補う為に、MixtureのFuel量を減らす。
B) 減ったAir Densityを補う為に、Fuel Flowを減らす。
C) 大気の減少しPressureとDensityを補う為に、Fuelを増やす。

Fuel/Air Mixture 燃料と空気を混ぜた物。 エンジンにガソリンを送り込む時には空気と混合しています。
at Altitude 「高度で」と直訳できるが、「上空で」と約した方が良いような気がしています。
in order to 〜をするために。
Fuel Flow 燃料の流れ、エンジンに供給される燃料
to compensate for〜の変わりに、 〜を補う為に

Mixture Control 

上空では大気が薄くなるので、これでエンジンに送り込まれる空気とガソリンの比率を調整します。これは飛行機独特の物でしょう。自動車でもこの機能はありますが、エンジンルームを開けて、エンジンの出力を調整する為に使うぐらいでしょう。飛行機の様に内部から調節する事は自動車では見たことが有りません。(最新の今ぴゅター制御やレース用の物は不明ですけど。)

飛行機でドンドン上昇すると、空気は薄くなっていきます。それでもエンジンには、ほぼ一定の燃料が提供される為、混合気は濃くなって行きます。不要なガソリンが多く行く事になるので、出力も低下し、燃料も無駄になります。その為、飛行機にはMixture Controlなる物があり、燃料の量をコクピット中からでも調節する事が出来ます。手前に引くと、その分、燃料の供給量が減ります。

それにより最適な比率を守り、エンジンの出力を上げ、燃費を向上させる事が可能になります。 燃料の割合を多くする事をRich、逆に減らす事をLean(リーン)と言います。(なお空気の量を調節するのはスロットル、Throttleです。)

ただ上空で、最適な混合比(Mixture Rate)にあわせて、そのまま下降・着陸すると、今度は大気の比率がが多くなってLeanになってしまいます。エンジンは多少多目のガソリンを送って、余ったガソリンで熱を逃がす働きもあります。高高度から何もせずに下降を続けると、Leanになりすぎて、エンジンが高温になりやすく、あまり状態は良くない事も有るので、混合比を上げながら下降してくださいね。

使い方や調整方法は別の時にでも。

まとめ
高度が上ると Higher Altitude
大気の気圧が下がる。 Air Pressure Decrease
すると大気の密度も下がる 。 Air Desity Decrease
エンジンに行く空気の密度も下がる。 Less Air into an Engine
燃料のは一定で、割合が高くなる。 Higher Rate of Fuel, Rich
そこでMixture Controlで燃料を減らし、 Decrease fuel flow
適切な比率を保つ。 Proper Fuel/Air Rate
性能向上と燃料を無駄にしない。 Increase Engine Performance and Save Fuel


Private Pilot Knowledge Test (Private Written Exam) 05/23/2007 : 2008年の問題へ
001 〜 010 011 〜 020 021 〜 030 031 〜 040 041 〜 050 051 〜 060 061 〜 070 071 〜 080 081 〜 090 091 〜 100
101 〜 110 111 〜 120 121 〜 130 131 〜 140 141 〜 150 151 〜 160 161 〜 170 171 〜 180 181 〜 190 191 〜 200
201 〜 210 211 〜 220 221 〜 230 231 〜 240 241 〜 250 251 〜 260 261 〜 270 271 〜 280 281 〜 290 291 〜 300
301 〜 310 311 〜 320 321 〜 330 331 〜 340 341 〜 350 351 〜 360 361 〜 370 371 〜 380 381 〜 390 391 〜 400
401 〜 410 411 〜 420 421 〜 430 431 〜 440 441 〜 450 451 〜 460 461 〜 470 471 〜 480 481 〜 490 491 〜 500
501 〜 510 511 〜 520 521 〜 530 531 〜 540 541 〜 550 551 〜 560 561 〜 570 571 〜 580 581 〜 590 591 〜 600
601 〜 610 611 〜 620 621 〜 630 631 〜 640 641 〜 650 651 〜 660 661 〜 670 671 〜 680 681 〜 690 691 〜 END
各問題の Knowledge Codeその参考書籍 (出題元: Subject Matter and Reference Material)

 

新しい図が発表されました。 Private Pilot : Instrument Ratingへの追加版 (2014-02)

Private Pilotの筆記試験 : 2008年-03月分  (和訳&解説付き) : 2007年度版 : 2008年09月分 
計器飛行の試験問題 : 2009年06月 (和訳&解説付) : 2007年 
ADM (Aeronautical Decision Makings)の問題:  ADM Questions (Pvt & Comm)


HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。