HOME CONTACT LINK 検索
   ATC:航空無線      筆記試験 > PVT : IFR      PTS:飛行試験項目      お勉強室      航空辞書      けいじ板  

6.着陸する時の交信方法, Traffic Advisory

他機の場所やAdvisory

他の飛行機の場所も伝えてくれます。"traffic on xxx"と言う様な言い方をします。他の言い方も含めて書いてみます。 色々なパタンーが考えられますので、そこらは経験を積んで覚えてください。

"... traffic on short final ..." 滑走路の寸前のファイナルに
"... Cessna on Right base ..." セスナが右のBaseに
"... Seneca entering Left downwind at 1,500 ..."
        セネカが1500フィートで Left (左の)Downwindに進入してます。
"... traffic, cherokee approaching from Norht ..." チャロキーが北から近付いています。
"....traffic, Seminole for the parallel ..." 航空機、セミノールが平行滑走路向かって居ます。
"... traffic, off of your left wingtip ..."
     航空機が貴方の左の翼端の付近に居ます。
     Aheadと言われれば、前に。
     後ろには居る時にはBehindとなります。
"... abeam the tower ..." 管制塔の真横に。 Abeamとは真横と言う意味です。
"... traffic departing ..." 航空機が離陸しています、離陸した直後です。出発しました。
"... over departure end..." 滑走路の端を通過している。 
      Depature Endは離陸の最後と言う意味での滑走路の最後の端。
      反対の端、滑走路の始まりはApproach Endと言います。

"... report in-sight..." 見えたら連絡をしてください。 変形と言うか、会話調では
"... do you have him?"や "... do you see the traffic?" と言う管制官も居ます。

"... follow traffic (Type) on ..." その航空機に続いて欲しい時に使われます。

多くの場合は、着陸の時に言われますが、離陸の時にも言って来る時があるので注意を怠らないで下さいね。特に、着陸してくる飛行機とコースが重なる時にです。 離陸直前に45に着陸機が居るとか、離陸していく方向から空港に向かっている飛行機が居る場合が考えられます。

注意: Towerは必ずRadarスクリーンが有るとは限りません。SquawkやIdentと言う管制官ならRadarを見ているでしょうけど。言わない所は、管制官の双眼鏡とPilot Reportのみ、それに貴方の目が頼りです。またスクリーンが有っても、アンテナの位置で低空が見えない場合もありますので、万能とは思わないように!

 

順番

離着陸の練習中には他にも航空機が居るでしょう。 それに合わせる為に色々な変化が考えられます。
".... number 3, follow traffic on Left Base ..."
順番を伝える際には"Number xxx"で教えてくれます。 平日なら"Number 2" や "3"良く有ります。週末とかは"Number 5" や "7"があっても不思議じゃありません。その様に言われた場合は忙しいのが容易に想像できますし、訓練にならなかったり、危険性が増すので訓練を次の着陸で中止するのを強くお勧めします。空中に居る航空機に対して言われる"number"は着陸の順番です。"Number 6"ぐらいになると、別に離陸を待って居る飛行機も多いでしょう。

私の記憶ではDownwindでNumber 5と言われ、その直後に離陸をリクエストした飛行機にも"you are number 5 for takeoff"と言っていた事がありました。後ろにも数機居たので、これは訓練にならないと直ぐに分かったので着陸後は空港のパイロットショップで休憩していたのを覚えています。その空港はサンフランシスコ国際空港の北数マイルに有ったSan Calos空港でした。すぐ南にも違う空港があります。あなたもその様に多くの飛行機が居たと分かれば、休憩するか他の空港に行きましょうね。

分らなかった場合、Say Again

Landiong and Hold Short Operation (LAHSO)

管制官の調節 (たまに指示されます。 8. Close Trafficへ)


目次 航空無線

1. 基本と文法
    無線のABC、Phonetic Alphabet
    もうちょっと詳しく
    高度、管制官の呼び名、訓練生について 
   ATC ClearanceとInstructionについて
   英語の発音について、簡単バージョン
2. 無線交信の準備
   ATISについて
3. 離陸する滑走路へ や Taxiingについて
   Taxi Clearance
4. Takeoff 離陸します。
   待って欲しい時
   Immediated Takeoff
    順番待ち
5. Traffic Advisory 交通情報
    TRACON, Radar管制官
    トランスポンダーについて
6. 帰宅、 着陸に向けて
    着陸の手前で
    Traffic Advisory 空港付近での交通情報
    分らん! Say Again
    LAHSO 着陸良し、でも途中で停止せよ
7. 駐機場へ Touch Down
    Groundと交信
8. 離着陸の練習 Closed Traffic
    練習時のATC交信
    トラフィックパターン
    管制官の微調節と指示



注意: 2010年09月からFAAのTowerの指示が変わりました。  離陸時に滑走路上で待機せよと言うのが、 新しく国際標準の"Line-up and Wait"に変わり、以前の"Position and Hold" や Taxi into Position and Hold"が廃止されました。  このサイトでは以前の ...Position and Hold."の音声データが大半です。  現在はLine Up and Waitです。申し訳ございませんが、この部分は注意して下さい。


基本とお勉強

注意:ATCの変更
以前に作ったの

ATC in the USA

Carlsbad - Palomar
Ft. Lauderdale Excutive, FL
El Monte Airport
Las Vegas, McCarran
Leesburg, Florida
Livermore Airport
Long Beach Airport
LAX Los Angeles Int'l
Hillsboro, Oregon
Montogomery Field
Pompano Beach Airpark, FL
Portland International, OR
Reid Hillview, San Jose
San Diego International
SFO San Francisco Int'l
San Jose International
Torrance Airport
Other SF Area

サンフラン付近
UA in SFO



日本のATC

その他のATC

Air Force One

ハリケーンGustav
ハリケーン IKE

仮データセンター
 (以前に製作した物)

私の装置たち

 

HOMEATC:航空無線筆記試験 > PVT : IFRPTS:飛行試験項目お勉強室航空辞書けいじ板LINKサイト検索
Copyright c 2007-2015 Koji Ueda. All rights and Copyrights are the properties of Koji Ueda. All Rights Reserved. 上田浩史に著作権はありますが、お勉強・訓練には使ってね。教育関係はの方は必ず「CFI Japanから」と添えてお使い下さい。